Zenfone4 Proは3,600mAhの大容量バッテリー!

ASUS Zenfone4 Pro
ASUS Zenfone4 Pro
販売価格
89,800円
分割払い時約3,741円×24回
カラー

ZenFone 4 ProはASUSの人気スマホ「ZenFone」シリーズの最新モデルです。最新の高速CPUに大容量メモリ、デュアルレンズカメラなどを搭載し、DSDSや急速充電に対応するなど、非常に高いスペックを誇ります。

そして、特に3,600mAhの大容量バッテリーが特徴的です。1日充電せずとも充分利用することができるでしょう。とは言っても、アプリのインストールや動画の閲覧、ゲームアプリを長時間利用する場合にはモバイルバッテリーがあった方が安心して利用できます。

ZenFone 4 Proのスペック

ZenFone 4 Proのスペックは以下の通りです。

カラームーンライトホワイト、ピュアブラック
サイズ幅約75.6mm×高さ約156.9mm×厚さ約7.6mm
重さ約175g
ディスプレイ5.5型ワイド AMOLEDディスプレイ
OSAndroid 7.1.1
CPUQualcomm Snapdragon 835 (オクタコア)
メモリ6GB
ストレージ128GB / MicroSD(最大2TB)
カメラメインカメラ:1,200万画素+1,600万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー容量3,600mAh
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac (周波数帯域:2.4GHz/5GHz)
BluetoothBluetooth 5.0
SIMスロットnano SIM×2
センサー GPS(GLONASS、Beidou、Galileoサポート)、加速度センサー、電子コンパス、光センサー
近接センサー、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサー、NFC
価格96,984円(ASUS公式ショップ)

Androidスマホの中でもトップクラスの性能

ZenFone 4 Proは「ZenFone 4」シリーズのフラグシップモデルということもあり、高いスペックを誇ります。

CPUにはクアルコム社のハイスペックスマホ向けCPUの最新モデル「Snapdragon 835」を搭載しています。前世代にあたるSnapdragon 820と比べて性能は約27%アップしたにも関わらず、消費電力は約25%削減され、高速ながら省エネ性能にも優れています。

グラフィックス性能も非常に高く、負荷の大きい3Dゲームもサクサク動作します。メモリも6GBと大容量なので、マルチタスクも問題なくこなします。

また、ストレージ容量も128GBと大容量で、写真やアプリを思う存分保存できます。SIMフリーのAndroid端末でここまでストレージ容量が多い機種はほとんどありません。

スペックが高い分だけ値も張りますが、それだけの価値は十分あると言えます。

ZenFone 4 Proの特徴

高性能なデュアルレンズカメラを搭載

ZenFone 4 Proの背面には1,200万画素のメインカメラと1,600万画素のセカンドカメラで構成されるデュアルレンズカメラが搭載されています。

メインカメラにはソニー製のイメージセンサー「IMX362」を搭載しており、F値も1.7と大きいです。暗い場所でも通常のスマホの約8倍以上の明るさで撮影が可能です。

一方のセカンドカメラにはズームカメラを搭載しており、光学2倍ズームと最大10倍ズームが可能です。遠く離れた被写体でも、鮮明な写真を撮影できます。

このほかにも約0.03秒でフォーカスできるTriTech+テクノロジーや光学式・電子式手ぶれ補正、4K動画の撮影、プロモードなど、数多くの機能を備えています。

指紋認証センサーが前面に移動

ZenFone 4 Proには指紋認証センサーが搭載されており、指紋認証でロック解除ができます。

指紋認証自体はこれまでのZenFoneでも利用できました。しかし、過去のZenFoneでは指紋認証センサーが本体背面についていましたが、ZenFone 4 Proでは前面のディスプレイの下に移動しました。

これにより、スマホを持ち上げなくても机に置いたままで指紋認証によるロック解除が可能になり、さらに使い勝手が良くなりました。

急速充電対応の大容量バッテリーを搭載

ZenFone 4 Proには3,600mAhの大容量バッテリーが搭載されています。一般的に5.5インチサイズのスマホは3,000mAh前後のことが多いので、ZenFone 4 Proはバッテリー容量が比較的多く、電池切れを気にすることなく使えます。

さらに、ASUSの急速充電技術「ASUS Boost Masterテクノロジー」に対応しています。32分で約50%まで充電することができますし、本当に急いでいる時は5分充電することで通話時間約5時間分の電力が確保されます。

過充電を防ぐ安全装置が組み込まれているので、安全かつ素早く充電が可能です。

DSDS対応

ZenFone 4 Proは2枚のSIMカードを同時に待受けするDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しています。

仕事とプライベートで電話番号を分けたり、格安SIMと大手キャリアのSIMを併用したりする際に便利ですね。

ZenFone 4 Proの注意点

本体価格がかなり高い

ZenFone 4 Proはスペックが高く、デュアルレンズカメラや急速充電対応バッテリーを搭載するなど完成度が高いスマホです。

ただし、その分だけ価格は96,984円(公式ショップ)とかなり高いです。SIMフリースマホは2~30,000円台のものが多く、高くても50,000円前後が一般的なので、それらと比べると90,000円オーバーというのはかなり高いです。

それだけの価値があるのは事実ですが、ほとんどの人にとっては下位モデルであるZenFone 4でも十分過ぎる性能です。よほどスペックにこだわりがある人でない限りは、無理をしてまで買う必要はないでしょう。

DSDS中はmicro SDカードが利用できない

ZenFone 4 Proの2つあるnanoSIMスロットのうち、1つはmicroSDカードスロットも兼ねています。

そのため、DSDSを利用するとmicroSDカードスロットも埋まってしまい、その結果microSDカードが使えなくなってしまいます。

ZenFone 4 Proはストレージ容量が128GBもあるので普通に使うだけならmicroSDカードが使えなくても問題ありません。しかし、アプリをたくさんダウンロードしたり、高画質な写真や4K動画などをたくさん保存したりすると足りなくなるかもしれません。

その場合はクラウドストレージを活用するなど、microSDカード以外の方法で対処する必要があります。

Zenfone4 Proの格安SIM会社(MVNO)一覧

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
640円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜
ドコモ

価格の高いハイスペックモデルということもあり、扱っているMVNO数は多くありません。しかし、いずれもASUSの公式ショップより価格が安く、とくにIIJmioは公式価格より15,000円以上安いです。

なるべく安く購入したい人は、SIMカードとのセット販売を考えてみても良いでしょう。

Zenfone4 Proはスペックもカメラも妥協したくない人に!

ZenFone 4 ProはSIMフリーのAndroid端末史上最高クラスのスペックを持っています。最新のオクタコアCPUと6GBメモリにより、負荷の大きいアプリでもサクサク動きます。

メインカメラには今流行のデュアルレンズカメラを搭載しており、一眼レフカメラにも負けない高画質な写真が撮影可能です。

他にも指紋認証センサー搭載、DSDSや高速充電に対応しています。

価格は90,000円前後とかなり高いですが、スペックもカメラも妥協したくないという人におすすめです。

ASUS Zenfone4 Pro
ASUS Zenfone4 Pro
販売価格
89,800円
分割払い時約3,741円×24回
カラー