「ZenFone 4 Pro」の総合評価

ZenFone 4 Proはとにかくスペックが高いのが特徴で、3Dゲームを頻繁にプレイするヘビーユーザーなど、スペックを重視する人からの評価が高いです。とくにAndroidスマホとしては最高クラスという評価を受けています。

最大10倍ズームが可能なデュアルレンズカメラとキレイな自撮りが撮れるインカメラを搭載しており、カメラの性能も高いです。

しかし、スペックの高さやカメラ以外ではこれと言った特徴がありません。そのため、AIに特化したHUAWEI Mate 10 Proや、顔認証を搭載したiPhone Xといった他社のハイスペックスマホと比べると地味な印象を受けます。

ZenFone 4 Proの総合評価は以下の通りです。

ZenFone 4 Proの総合評価を5段階で表しています。 ★の数が多いほど評価が高いです。

総合満足度★★★★☆
スペック★★★★★
デザイン★★★★☆
バッテリー★★★★☆
カメラ★★★★☆

「ZenFone 4 Pro」はこんな人におすすめ

ZenFone 4 Proはスペックが高いスタンダードなスマホが欲しい人におすすめです。最新のCPUを搭載し、6GBの大容量メモリを搭載するなど、とにかくスペックが高く3Dゲームもサクサクと動作します。

特別変わった特徴や機能がないため少し地味な印象を受けますが、その分だけ使いやすく、完成度も高いです。

「ZenFone 4 Pro」のスペック

ZenFone 4 Proのスペックは以下の通りです。

カラームーンライトホワイト、ピュアブラック
サイズ幅約75.6mm×高さ約156.9mm×厚さ約7.6mm
重さ約175g
ディスプレイ5.5型ワイド AMOLEDディスプレイ
OSAndroid 7.1.1
CPUQualcomm Snapdragon 835 (オクタコア)
メモリ6GB
ストレージ128GB / MicroSD(最大2TB)
カメラメインカメラ:1,200万画素+1,600万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー容量3,600mAh
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac (周波数帯域:2.4GHz/5GHz)
BluetoothBluetooth 5.0
SIMスロットnano SIM×2
センサー GPS(GLONASS、Beidou、Galileoサポート)、加速度センサー
電子コンパス、光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ
指紋センサー、RGBセンサー、NFC
価格96,984円(ASUS公式ショップ)

「ZenFone 4 Pro」のデザイン

ZenFone 4 Proは両面が2.5D曲面ガラスで覆われた、非常にシンプルなデザインです。特別変わったデザインではないため少し地味ではありますが、金属のエッジ部分はダイヤモンドカットを施すなど、高級感があります。

ディスプレイサイズは5.5インチと大きいですが、本体はスリムかつ軽量なのでよほど手が小さい人でなければ片手でも操作できます。

ただし、スリムな本体に高性能なカメラを搭載したためか、背面カメラが1mmほど出っ張っています。わずかではありますが、カメラが出っ張っているのが気になる人は注意してください。

「ZenFone 4 Pro」のバッテリー

ZenFone 4 Proは3,600mAhの大容量バッテリーを搭載しています。最大約21時間の動画再生、最大約17時間のウェブブラウジングを可能にするなど、電池持ちは良いです。

また、ASUSの急速充電技術「ASUS Boost Masterテクノロジー」により、32分で約50%の充電ができ、5分の充電で2時間の通話が可能になります。安全装置が組み込まれているので、過充電を防ぎながら安全かつ素早く充電ができます。

「ZenFone 4 Pro」のカメラ

ZenFone 4 Proの特徴でもあるのがカメラです。

背面カメラは2つのレンズを搭載したデュアルレンズカメラとなっています。メインカメラはソニー製のセンサーを搭載し、通常のスマホの約8倍以上の明るさで撮影ができます。

セカンドカメラはズームカメラとなっており、最大10倍ズームが可能です。ワンタッチでメインカメラから切り替えられるので、被写体との距離が遠い場合でも素早く写真を撮影できます。

約0.03秒でフォーカスするTriTech+テクノロジー光学式・電子式手振れ補正も搭載しているので、初心者でも簡単に綺麗な写真を撮影できます。また、シャッター速度やホワイトバランスなどを自由に調整できるProモードも搭載されており、本格的な写真も撮影可能です。

「ZenFone 4 Pro」のメリット

続いてZenFone 4 Proのメリットを見ていきましょう。

SIMフリーのAndroidスマホとしてはトップクラスのスペック

ZenFone 4 Pro最大のメリットはスペックの高さです。

CPUにはQualcommの最新SoCである「Snapdragon 835」を搭載しています。前世代のハイスペックCPUであるSnapdragon 820に比べて性能が約27%アップしながら、消費電力が約25%も削減されています。3Dゲームもサクサク動くので、ゲームを頻繁にプレイするヘビーユーザーでも満足できるでしょう。

メモリも6GBと大容量で、たくさんのアプリを同時に起動しても安定して動作しますし、マルチタスクも問題ありません。

ストレージ容量も128GBと非常に多く、microSDカードなしでもたくさんのデータが保存できます。

CPU、メモリ、ストレージのいずれもSIMフリーのAndroidスマホとしてはトップクラスで、スペックを重視する人にはとくにおすすめのスマホと言えますね。

au VoLTE対応でau系格安SIMでも使える

ZenFone 4 ProはSIMフリースマホでは珍しくau VoLTEに対応しています。そのため、ドコモ系格安SIMだけでなく、mineoやUQモバイルといったau系格安SIMでも使えます。

対応しているキャリアが多いので、幅広い人が利用可能です。

DSDS対応

ZenFone 4 Proは2枚のSIMカードを同時に待受けするDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にもしっかり対応しています。SIMカードを手動で切り替えなくても通話やSMSを待受けられるので、仕事とプライベートで電話番号を使い分ける際に便利です。

au VoLTEに対応しているので、ドコモ系格安SIMとau系格安SIMを併用するなど、あらゆる使い方ができます。

有機ELディスプレイ搭載を搭載

スマホのディスプレイと言えば液晶ディスプレイが一般的ですが、ZenFone 4 Proでは有機ELディスプレイ(AMOLED)を搭載しています。液晶ディスプレイよりも色の再現度が高く、写真や画像をより楽しむことができます。

また、ASUS Splendidテクノロジーにより、周囲の光に合わせてディスプレイの色温度を自動で調整してくれるので、いつでも自然な映像を楽しめます。

「ZenFone 4 Pro」のデメリット

多くのメリットがあるZenFone 4 Proですが、いくつかのデメリットもあります。

本体価格が高い

完成度の高いZenFone 4 Proですが、価格も80,000円前後~90,000円前後と非常に高いです。SIMフリーのAndroidスマホは2万円~3万円台のものが中心なので、それらと比べると2~3倍の価格です。

最近では40,000円~50,000円でもスペックが高いスマホも多数登場しています。ZenFone 4 Proを購入する際は本当に自分に必要なスペックなのか、オーバー過ぎないかをしっかりと検討しましょう。

防水やおサイフケータイには非対応

ZenFone 4 Proは防水やおサイフケータイといった日本向けの機能には対応していません。大手キャリアで同価格帯のハイスペックスマホを購入すると防水やおサイフケータイは当たり前のようになっていますし、ライバルのHUAWEI Mate 10 ProやiPhone Xでは防水に対応しています。

海外製のSIMフリースマホなので仕方がないのかもしれませんが、これだけスペックが高いのですから、ZenFone 4 Proも防水に対応してほしかったですね。

DSDS中はmicroSDカードが利用不可

ZenFone 4 ProではSIMカードスロット2がmicroSDカードスロットも兼ねています。そのため、DSDS中はmicroSDカードスロットが埋まってしまい、microSDカードが使えなくなります。

ZenFone 4 Proはストレージ容量が128GBと多いので、microSDカードが使えなくても問題ありませんが、microSDカードを使いたいという人は要注意です。

「ZenFone 4 Pro」の評判・口コミ・レビュー

ZenFone 4 Proは販売価格が高いということもあり、口コミやレビューは非常に少ないですが、スペックについては高い評価を受けています。処理速度が非常に速く、動作が重い3Dゲームなどもサクサク動作するので、ゲームを頻繁にプレイするヘビーユーザーからも評判が良いです。

ただ、やはりスペックが高い以外は特別変わったところがなく、少し地味だという評価も多いです。それでいて価格がかなり高いので、よほどスペックにこだわらない限りは無理してZenFone 4 Proを買わなくても、下位モデルであるZenFone 4で十分であるという意見もあります。

「ZenFone 4 Pro」をセット購入できるMVNO一覧

ZenFone 4 Proをセット購入できるMVNOは以下の通りです。なお、価格はすべて税抜きです。

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
640円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ

スペックを求めるならZenFone 4 Proがおすすめ

ZenFone 4 Proは最新のオクタコアCPUに6GBメモリ、128GBストレージを搭載したハイスペックスマホです。10倍ズームが出来るデュアルレンズカメラやDSDSなども魅力ではありますが、やはり一番の特徴はスペックの高さです。

他の機種にはない特別な機能などがないためややインパクトに欠けますが、完成度は高いです。とにかくスペックを求める人におすすめです。