TONEモバイルの解約についてのまとめ

会社名SIM料金利用回線申し込み
1,000円〜
ドコモ

手続き可能な方法

TONEモバイルの解約方法はお客様サポートに連絡となります。 連絡先は050-7300-6773となります。

解約時の注意点

日割り計算がありません

TONEモバイルでは日割り計算がないので、月の途中で解約をしても料金は変わりありません。締日の直前に手続きをすることをおすすめします。

3G音声オプションを利用した方はここに注意!

TONEモバイルには電話番号が090から始まるものにできる3G音声オプションがあります。このサービスを利用した方で解約後に同じ番号でまた利用を考えている場合、オプションを追加した日から数えて6カ月未満に解約をすると9,800円のMNP転出手数料がかかります。 3G音声オプションを利用して、解約後に他の会社を同じ電話番号で利用する場合6カ月未満で解約をすると支払いが高額になるため、よっぽどのことがない限りあまり得することはありません。

解約をすると後からキャンセルができないので、解約をするまえに必ず契約期間や必要料金などを確認するようにしてください。

解約時の違約金について

TONEモバイルでは音声通話プランだけでなく、データ通信専用SIMの契約にも最低利用期間が設定されています。解約をする前に一般のサポート窓口に連絡をする時、違約金が発生するタイミングかどうかを確認すると良いでしょう。

会社名SIM料金利用回線申し込み
1,000円〜
ドコモ

TONEモバイルの解約方法は?

事前に必要な手続き・書類

電話での解約となるのですが、前もって違約金がかかるかどうかを調べておいたほうが良いでしょう。またMNP転出料金が9,800円になることもあります。

他にもSIMカードを返却する必要があるので、わからない方はSIMカードの抜き方を聞いておくとよいでしょう。

違約金の金額・発生条件

契約をした月から24カ月間の最低利用期間が設定しているため、24カ月以内に解約をすると9,800円の違約金が発生します。

解約後のキャンセルはできません

TONEモバイルでは一旦解約の手続きを済ませると、あとからキャンセルをすることができません。違約金など内容を解約を手続きをする前に確認をするようにしてください。

最低利用期間24ヶ月目以内24カ月以上
2年(24ヶ月)9,800円0円

TONEモバイルの解約方法はこちら

解約手続きの流れ

TONEモバイルはサポート窓口に電話をして解約の手続きをしたあと、SIMカードを返却して端末料金など残っている場合は支払いをして解約手続き終了となります。

データSIMの場合

お客様サポートに電話連絡をします。電話番号は050-7300-6773となり以下のように時間が決まっているので注意が必要です。 電話で解約手続きを終了したらSIMカードを返却します。

通話SIMの場合

お客様サポートに電話連絡をします。電話番号は050-7300-6773となり以下のように時間が決まっているので注意が必要です。 電話で解約手続きを終了したらSIMカードを返却します。

電話番号050-7300-6773
通話料無料
受付時間9:00〜18:00

TONEモバイルのMNP転出方法はこちらの記事

TONEモバイルの解約時の注意点は

解約締日に注意

毎月25日までに解約をしないと、翌月の解約扱いとなり翌月の月額料金も支払う必要があります。また2月のみ24日が解約締日となります。

日割り計算がありません

TONEモバイルでは月の途中で解約をしても日割り計算がないので、解約月の基本使用料は支払う必要があります。できるだけ25日に近い日に解約するのがおすすめです。しかし当日は電話がつながりにくいこともあるので、25日の昼以降は避けたほうがよいでしょう。

電話は繋がりづらいので時間に注意

日割り計算がなく解約をされる方はできるだけ25日に解約をしようとするので、25日は電話がなかなかつながらない可能性があります。電話をかけられるのは18時までとなっており、あまりぎりぎりすぎると電話がつながらず翌月となってしまうことがあるので、少し余裕をもって連絡をするようにしてください。

トーンスマホの分割払いをしている場合は支払いが残ります

トーンスマホの分割払いがまだ残っている状態で解約をする場合、支払いが残ります。

6カ月以内に解約の場合MNP転出手数料の料金がかわります

音声オプションを6カ月未満で解約をした場合、違約金井木あにもMNP転出をするときに9,800円必要になります。違約金を加えると高額になるので、よっぽどの理由がない限りはあまりおすすめできません。

MNPの手続きをする場合は日程に余裕を!

TONEモバイルを解約し、他社で同じ番号で利用する場合はMNP転出が必要となります。このMNP転出が確定した日が解約日となるので、この日が26日以降になってしまうと解約が翌月扱いになります。 締日の直前にMNP転出を申し込むと1~2日かかることもあるので、少なくても22日までにはMNP転出をする場合は手続きをしておくとよいでしょう。

SIMカードを返却する必要がある

TONEモバイルでは解約時にSIMカードを返却する必要があります。紛失などの理由で返却できない場合は、3,000円の手数料がかかります。解約後の翌翌月の25日までに返却をするようにしてください。 解約手続きがおわると、返却キットが送られてくるので、返却キットにSIMカードを同封して送り返すだけです。封筒に住所を書いて切手を買ってということは必要ありません。

会社名SIM料金利用回線申し込み
1,000円〜
ドコモ

TONEモバイルを解約したあとのおすすめ通信会社は?

TONEモバイルを解約する理由はいくつか考えられます。今後他のMVNOを利用する時のために、それぞれの解約理由を解決できるMVNOをご紹介します。

データ容量の繰り越しをしたい

月によってデータの使用料が違う場合、ぴったりなプランを選ぶのは難しいです。どうしても容量が余ることがあるのですが、そういう時翌月に繰り越しができると大変便利で、しかも節約にもつながります。MVNOには容量の繰り越しができるのは「楽天モバイル」、「mineo」、「エキサイトモバイル」などになります。

店舗で色々聞きたい

MVNOを使っていて、端末の使い方、故障かもと思った時、プランやオプションなど聞きたいこと多くなるでしょう。そういう時店舗がある会社であればスタッフさんに聞くことができるので安心です。楽天モバイル、イオンモバイル、Y!mobileなどが該当します。

クレジットカードを使いたくない

TONEモバイルは支払いをする時クレジットカード利用となるのですが、クレジットカードはできれば使いたくないという方もいらっしゃるでしょう。「OCNモバイルONE、楽天モバイル」、「UQモバイル」、「Y!mobile」など口座振替が可能なMVNOがあります。

音声通話SIMで最低利用期間がないMVNOを探したい

色々な理由があって音声通話SIMを最低利用期間内で解約することもあるでしょう。できれば最低利用期間がなく違約金の心配がないMVNOを探したい方にぴったりなのが、「イオンモバイル」と「mineo」です。

違約金の心配がないため、気軽な気持ちで試してみることができます。端末やサービスがよいけど、自宅周辺の電波状況がよくないかど、最低利用期間を待たずに解約をしないといけないこともあるでしょう。そこで最低利用期間や違約金のない、「イオンモバイル」や「mineo」は安心です。

MVNO比較ランキング

MVNOおすすめポイント
1位楽天モバイル口座振替ができる
楽天でんわがあり電話を多く利用する方におすすめ
2位イオンモバイル全国に店舗がある
シェアプランがある
3位OCNモバイルONETONEモバイルと同じドコモ回線を利用
OCN光と合わせるとより安くなる
4位IIJmioドコモ回線とau回線の両方に対応!
最大10枚までシェアSIMが可能で家族利用におすすめ
5位BIGLOBEモバイルドコモ回線とau回線に対応!
動画の視聴が多いならカウントフリーでおすすめ

おすすめの格安SIM比較ランキングページはこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ
au

TONEモバイル(トーンモバイル)の料金プランや評判はこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
1,000円〜
ドコモ