TONEモバイル(トーンモバイル)のまとめ

会社名SIM料金利用回線申し込み
1,000円〜ドコモ

TONEモバイルはドコモ回線を利用した格安SIMです。

料金プランが「基本プラン」1つだけというシンプルさが特徴です。高速通信や音声通話は利用できませんが、低速通信が無制限に使え、IP電話やサポートもついて月額1,000円で利用できます。

子ども向けのサービスが豊富であったり、各種サポートが無料で受けられたりと、主に子どもや格安SIM初心者、シニア層向けのサービスとなっています。

口コミや評判でも

「初めてスマホにするのでTSUTAYA店舗でサポートを受けられるTONEにした」

「TONEモバイルで子どもの初めてのスマホを買った」

「サービス内容がシンプルで使いやすい」

といった意見が見られました。

通信速度は500kbps-600kbpsと遅いですが、SNSやLINEなどライトな用途であれば問題ありません。また、オプションで高速通信を利用することも可能です。

TONEモバイル(トーンモバイル)とは?

TONEモバイルはカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のグループであるトーンモバイル株式会社が手掛ける格安SIMで、レンタルショップ「TSUTAYA」で取り扱われているのが最大の特徴です。

TSUTAYA店舗で端末の購入や対面によるサポートを受けられるので、スマホや格安SIM初心者でも安心して利用できます。利用料に応じてTポイントが貯まるので、普段からTSUTAYAを利用している人ならお得ですね。

また、子ども向けの見守り機能が充実しており、子どもの初めてのスマホとしてもおすすめです。

⇨TONEモバイルの公式ページはこちら

TONEモバイル(トーンモバイル)の通信速度

TONEモバイルを使う上で気になるのが通信速度です。TONEモバイルは基本的には低速プランを使うことになるので、そもそも通信速度を重視する人には向きません。

とはいえ、あまりにも遅すぎてLINEやメールすらできないのでは困ります。

TONEモバイルの通信速度に関して詳しく知るために、

  • TONEモバイルの公式が発表している理論値
  • 気になるTONEモバイルの通信制限について

上記の2つをみていきましょう。

TONEモバイルの通信速度の理論値

TONEモバイルが公表している理論値は500kbps-600kbpsとなっています。これは他社の制限後の速度よりは速いですが、高速通信時と比べると遅いです。

なお、高速チケットオプションを使えば高速通信が利用できますが、その際の速度は公表されていません。

500kbpsから600kbpsの速度であれば、SNSやLINE、ブラウジングくらいなら問題なく利用できますし、画質を落とせば動画も見られなくはないです。

しかし、快適に動画を閲覧したい場合やアプリのダウンロードを行いたい場合、3Dゲームをプレイしたいときなどはストレスを感じるかもしれません。

とはいえ、これはあくまでも理論値であり、大事なのは実際に出る通信速度です。

TONEモバイルの通信制限はどうなの?

TONEモバイルでは通信速度が遅い代わりに、データ通信量は無制限で、直近3日間の速度制限もありません。

ただし、公式サイトには「動画再生・アプリのダウンロードなど帯域を大量に占有する通信は、公平性を担保するため制限を行います。」と記載されています。つまり、動画などを見る場合は速度が制限されてしまう可能性があります。

そもそも通信速度が速くないため動画視聴やアプリのダウンロードを頻繁にする人はいないと思いますが、大容量のデータ通信はあまり行わないようにしましょう。

高速チケットオプションを使えば高速データ通信も利用可能

TONEモバイルの通信速度は500kbps-600kbpsほどですが、有料オプションである「高速チケットオプション」を使えば高速通信も利用できます。

高速チケットオプション1GB/300円で、31日ごとに10GBまでチャージできます。チケットの有効期限は31日間となっており、期限を過ぎると残容量がすべて無効になるので注意が必要です。

高速チケットオプションはマイページもしくは専用アプリ「マイプラン設定アプリケーション」から購入可能です。

TONEモバイル(トーンモバイル)の料金プラン・月額・初期費用

TONEモバイルの料金プラン一覧

TONEモバイルの料金プランは低速通信が無制限に使い放題の「基本プラン」だけです。

格安SIMによってプラン数はさまざまですが、1つしかないというのはかなり珍しいです。プランが多いほうが自分に合った容量を選びやすいですが、初心者からするとどれを選べばよいかわからなくなります。

プランが1つしかないTONEモバイルは迷うことなく選択できるので、初心者も安心です。

料金も1,000円ぴったりで、プランも料金も非常にシンプルと言えます。

基本プランでは

  • 500kbps-600kbps程度の速度のデータ通信(無制限)
  • 050番号によるIP電話
  • 各種サポート
  • あんしん機能

が利用できます。速度はあまり速くありませんが、データ通信を容量無制限で使えます。

また、050番号を取得することができ、IP電話による通話が可能です。IP電話ならTONEモバイルユーザー同士および一部の050電話なら通話料が無料ですし、固定電話や携帯電話宛てにも格安で発信ができます。

また、有料のオプションを契約すれば電話回線を利用した音声通話や高速データ通信、通話かけ放題なども利用可能です。

ただし、音声通話や高速データ通信のオプションを利用すると他社よりも割高になってしまいます。

例えば、音声通話と3GBの高速通信を利用する場合は、基本プラン1,000円+090音声オプション950円+高速チケットオプション300円×3=2,850円となります。一般的な格安SIMの音声通話SIM3GBプランが1,600円であることを考えるとかなり高いですね。

TONEモバイルはあくまでも基本プランそのままでも納得して使えるライトユーザー向けです。

音声通話をたくさん利用したい人や、動画視聴やゲームなどで高速データ通信をたくさん使いたいという人は他社のほうが向いています。

極限までにシンプルな《基本プラン》

プラン名データ通信量月額料金
基本プラン無制限1,000円

⇒TONEモバイルの料金プランを公式HPで確認

TONEモバイルのオプション一覧

  • IP電話かけ放題オプション
  • SMSオプション
  • 090音声オプション
  • 090電話かけ放題オプション
  • 高速チケットオプション
  • 安心オプション
  • Wi-Fiオプション
  • ウィルスチェックオプション
  • TONEファミリーオプション
  • あんしんインターネットオプション

TONEモバイル契約時の初期費用

TONEモバイルを契約する際は契約事務手数料3,000円がかかります。

また、TONEモバイルはSIMカード単体では利用できず、必ず端末とセットで購入することになります。現在TONEモバイルでは端末はm17しかないので、一括払いの場合は29,800円が契約時にかかります。

TONEモバイル(トーンモバイル)の評判・口コミ

総合満足度料金プラン通信速度
★★★★★★★★★★★

TONEモバイルは他の格安SIMと比べると癖が強く、人を選ぶ格安SIMでもあります。

料金プランが1つとシンプルでサポートが充実しているので、格安SIM初心者が利用しやすいという意見があります。また、子ども向けの機能も豊富なので子どもにスマホを持たせたい親からも評判は良いです。

一方で通信速度は遅く、高速通信や音声通話を使う場合は割高になるので、ある程度スマホに慣れている人やヘビーユーザーからはあまり評価が良くありません。

TONEモバイルは向き不向きがはっきりしている格安SIMなので、特徴や口コミを参考にして、自分に合っているかどうかを判断する必要があります。

TONEモバイルの《良い》評判と口コミ

  • 料金プランがシンプルで分かりやすい
  • IP電話が標準で利用できる
  • 子ども用のスマホとして最適
  • サポートが充実している
  • Tポイントが貯まるのでお得

子ども向けの機能が充実しており、初めてのスマホにもおすすめ

TONEモバイルはスマホ初心者や子ども、シニア層などライトユーザー向けのサービスですが、その中でも子どもの初めてのスマホとして利用するのがとくにおすすめです。

TONEモバイルでは家族を見守る「TONEファミリーオプション」というオプションを利用できます。

TONEファミリーの1つである「TONE見守り」というアプリを利用することで、

  • 子どもの現在地を確認する
  • どのようなアプリをどれくらい使っているかを確認する
  • 特定の場所(例えば学校)に着いたらスマホの利用をロックする

といったように、子どものスマホの利用状況を確認し、場合によっては制限することができます。

スマホは非常に便利ですが、子どもに無制限に使わせるのは不安ですよね。そんなときでも、TONEモバイルならその時の子どもの年齢に合わせて利用を制限することができます。

TONEファミリー機能によって、TONEモバイルは全国子ども会連合会の推奨商品になっているほか、全国九都県市の推奨も受けています。

また、専用端末「TONE m17」は防水に対応し、さらに耐久力も高いので、子どもが多少乱暴に使っても壊れにくいです。

実際の口コミを見ても、子どもの初めてのスマホにTONEモバイルを契約した、という声がありました。

充実したサポートでスマホ初心者も安心

TONEモバイルはサポートが充実していることも特徴です。

TONEモバイルでは以下のサポートをすべて無料で利用できます。

  • 店頭サポート
  • 電話サポート
  • スマホ教室
  • 遠隔サポート・家族間サポート
  • 置くだけサポート

この中でもTONEモバイルならではなのが「店頭サポート」と「置くだけサポート」です。

店頭サポートではTONEストアはもちろん、全国各地のTONE取り扱いの「TSUTAYA」でもサポートを受けられます。店舗数の多いTSUTAYAで、無料で対面サポートを受けられるのはありがたいですね。

置くだけサポートは、TONEモバイル端末の箱に本体を置くだけでスマホの不具合を解決してくれるという機能です。解決できるのは「突然インターネットにつながらなくなった」などの簡単なものだけですが、そういったものでもスマホ初心者にとってはなかなか難しいです。

TONEモバイルならそういった問題が起きても、箱に置くだけで勝手に解決してくれるので安心です。また、置くだけサポートで問題が解決しない場合はそのままTONEモバイルお客様サポート窓口に電話をかけて、詳しいサポートを受けられます。

TONEモバイルの《悪い》評判と口コミ

  • 通信速度が遅く、動画やゲームには不向き
  • 最低利用期間が2年と長い
  • SIMカード単体で契約できない
  • セット購入できる端末の数が少なく、スペックも低い
  • 高速通信や音声通話を使う場合は他社よりも割高

最低利用期間が2年と長いことに注意

TONEモバイルを利用する際に注意したいのが最低利用期間が2年と長いことです。

一般的な格安SIMではデータ通信専用SIMは最低利用期間がなく、音声通話SIMは半年~1年の最低利用期間があります。

TONEモバイルの基本プランはIP電話こそできますが、電話回線による音声通話はできないので、実質データ通信専用SIMです。データ通信専用SIMで2年間の最低利用期間というのはかなり長いですね。

しかも公式サイトの料金ページには最低利用期間や、9,800円の違約金があることが記載されていません。

そのため、口コミでも

「契約してから最低利用期間が2年もあると知った」

「解約したいけど最低利用期間中だから解約しづらい」

「解約後に突然高額な請求があって、調べたら違約金だった」

といったように、契約後に初めて最低利用期間に気づいたという人も多いです。

セット購入できるのは専用端末1種類だけ

TONEモバイルはSIMカード単体の契約ができず、必ず専用端末とセットで購入しないといけません。

現在購入できるのはエントリーモデルの「TONE m17」のみです。m17は防水やワンセグ、おサイフケータイに対応し、耐久力が高くて壊れにくいという特徴がありますが、スペックは低いです。

ライトユーザーなら問題ありませんが、ある程度ゲームなどをプレイしたい人には向きません。口コミでも、m17はスペックが低いのでゲームができない、といった声がありました。

他のSIMフリースマホを用意してそちらで使う、という手もあります。しかし、TONEモバイルでは必ずm17をセット購入することになるので、端末を2重で購入することになり、無駄になってしまうので注意が必要です。

TONEモバイル(トーンモバイル)のSIMカードについて

TONEモバイルを利用する際に気を付けたいのがSIMカードサイズです。

TONEモバイルでは専用端末とセットで契約します。SIMカード単体で契約できないので、通常であれば申し込む際にSIMカードのサイズを気にする必要がありません。

しかし、中にはTONEモバイルのSIMカードを他の端末で使いたい人もいるかもしれません。ここでは、TONEモバイルのSIMカードサイズについて説明します。

TONEモバイルで利用できるSIMカードのサイズは?

2018年2月現在、TONEモバイルで購入できる端末はTONE m17のみです。そして、TONE m17のSIMカードサイズはnanoサイズです。

つまり、TONEモバイルで利用できるSIMカードサイズはnanoサイズのみということになります。

TONEモバイルでのサイズ変更方法と費用

TONEモバイルではSIMカードサイズの変更はできません。

TONEモバイルは専用端末とセットで使うことを前提としているので、専用端末以外のサイズを用意する必要がないからです。

そのため、もしTONEモバイルのSIMカードを他の端末で使う場合は、nanoサイズのSIMカードに対応しているかどうかを必ず確認しましょう。

TONEモバイル(トーンモバイル)をiPhoneで使用したい

TONEモバイルはiPhoneで利用することも可能です。ただし、TONEモバイルは必ず専用端末とセットで契約しないといけないため、iPhoneで使う予定だとしても端末を購入する必要があります。

また、専用端末以外でTONEモバイルのSIMカードを使うことを想定していないため、iPhoneでTONEモバイルを利用するハードルは高いです。

TONEモバイルで使用可能なiPhoneの機種

  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s

iPhone Xを徹底レビュー

iPhone 8を徹底レビュー

au・docomo・softbankのiPhoneを使える?

TONEモバイルでは** au・docomo・softbankのiPhoneが使えます。**

TONEモバイルはドコモ回線を利用しているので、ドコモのiPhoneならSIMロック解除なしで使えますし、auやソフトバンクのiPhoneもSIMロック解除をすれば利用できます。

ただし、TONEモバイルは他の格安SIMと違い、専用端末で利用することを前提としているので、専用端末以外での動作確認が一切行われていません。

そのため、iPhoneでTONEモバイルのSIMカードを使う場合は自己責任となります。

「TONEモバイルで使用可能なiPhoneの機種」で示したiPhoneはSNSなどで利用できた報告が上がっていますが、TONEモバイル公式が動作を保証しているわけではないので、必ずしも使えるわけではありません。

TONEモバイルでのiPhoneの取り扱いについて

2018年2月現在、TONEモバイルではiPhoneの取り扱いはありません。TONEモバイルでは専用端末しか取り扱わないため、今後もiPhoneの取り扱いはしない可能性が高いです。

iPhoneを使う場合は大手キャリアのものを利用するか、SIMフリー版iPhoneを購入する必要があります。

しかし、先述の通り、TONEモバイルは必ず専用端末とセットで購入しないといけませんし、iPhoneで使えるという保証もありません。

したがって、基本的にはTONEモバイルは専用端末で利用し、iPhoneを使いたい場合は他の格安SIMを契約するのがおすすめです。

TONEモバイル(トーンモバイル)の最新おすすめ機種

TONEモバイルでは専用端末のみ取り扱っています。他社のようにSIMフリースマホなどは一切取り扱っていないので、使いたい端末がある人は注意が必要です。

TONEモバイルおすすめ機種販売価格おすすめポイント
TONE m1729,800円ワンセグとおサイフケータイに対応した高耐久スマホ

⇒TONEモバイルの販売機種を公式HPで確認

TONEモバイル(トーンモバイル)の申込方法

TONEモバイルは公式サイトまたはTONEストア、TONE取り扱いTSUTAYAで申し込みができます。

全国のTSUTAYAで取り扱っているのがTONEモバイルの特徴でもあります。スマホや格安SIM初心者の場合はTONEストアやTSUTAYAで対面によるサポートを受けながら契約するのがおすすめです。

ある程度スマホや格安SIMに慣れている場合は、いつでも手続きができて待ち時間もない公式サイトから申し込むとよいでしょう。

TONEモバイル申込時の必要書類

  • クレジットカードまたは本人名義のキャッシュカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号(MNPを利用する場合)
  • メールアドレス
  • Tカード
  • 同意書・委任状(未成年または代理人が申し込む場合)

TONEモバイルは店頭から申し込む場合のみ口座振替ができます。その場合はクレジットカードの代わりに本人名義のキャッシュカードが必要です。

本人確認書類はオンラインから申し込む場合、申し込み時には必要ありませんが、端末を受け取る際に必要になります。

また、他社と大きく異なる点として、申し込み時にTカードが必要です。Tカードを持っていない場合は申し込み時に発行することも可能です。

TONEモバイル申込時の注意点

TONEモバイルを申し込む際は以下の点に注意しましょう。

  • MNPをする場合は、MNP予約番号の有効期限を確認する
  • TONEモバイルのSIMカードを他の端末で使う場合はあくまでも自己責任で利用する
会社名SIM料金利用回線申し込み
1,000円〜ドコモ