楽天モバイルって?

楽天モバイルとは、インターネットショッピングモールの「楽天市場」やクレジットカードの「楽天カード」、宮城県仙台市を本拠地とするプロ野球チームでおなじみの楽天が運営する格安SIMサービスです。

基本的にはdocomo回線を使用していますので、市街地はもちろんのこと、山間部などでも通信がつながりやすい特徴があります。

ここでは、楽天モバイルが提供する「組み合わせプラン」や、2017年9月1日から開始された新料金プランの「スーパーホーダイ」などについてわかりやすく解説していきます。

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ

楽天モバイルの「組み合わせプラン」

楽天モバイルの「組み合わせプラン」は6種類に分かれています。1ヶ月でどの程度のデータ容量が必要か把握している人にとっては、かなり選びやすいかもしれません。

料金プラン通話SIM050データSIM(SMSあり)データSIM(SMSなし)通信速度
ベーシック1250円(税抜)645円(税抜)525円(税抜)200kbps
3.1GBプラン1600円(税抜)1020円(税抜)900円(税抜)下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps
5GBプラン2150円(税抜)1570円(税抜)1450円(税抜)下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps
10GBプラン2960円(税抜)2380円(税抜)2260円(税抜)下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps
20GBプラン4750円(税抜)4170円(税抜)4050円(税抜)下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps
30GBプラン6150円(税抜)5520円(税抜)5450円(税抜)下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps

ベーシックプラン

ベーシックプランは、楽天モバイルの料金プランの中でも、最も安く利用できるプランです。通信速度が最大で200kbpsのため、テキスト中心のメールやSNSの他、時々通話で利用する人に向いています。とにかく携帯電話料金を安く抑えたい人や、2台目として持ちたい人にオススメです。

ただし、画像データのやり取りや、動画を見る場合には厳しいため、インターネットをより多く使う人にとっては、次に紹介する3.1GBプラン以降を選択する方が良いかもしれません。

3.1GBプラン

3.1GBプランは、インターネットを普通に使用する人にとっては、かなり格安のプランと言えるでしょう。通信速度も下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbpsにアップするため、メールやSNSでの画像データのやり取りはもちろんのこと、動画も問題なく見ることができます。

ただし、月額の容量をオーバーしてしまった際には、最大で200kbpsの通信速度に減少してしまいます。動画を楽しんでいるうちに、いつの間にか制限を超えてしまうこともあるため、注意が必要です。

とはいえ、楽天モバイルは毎月1回まで、月額基本料のプラン変更が手数料無料でできるため、手始めに3.1GBで契約してからその後の利用状況に応じて、プラン変更をしていくのもひとつのやり方です。

5GBプラン

5GBプランは、通常のインターネット接続であれば問題なく使用できるでしょう。プライベートだけでなく仕事でも利用する人に向いています。ただしデザリングで使用する場合には、もう少し容量の大きいプランの方を選ぶことをオススメします。

仮に容量が余ってしまった場合でも、楽天モバイルでは翌月に繰り越してもらえるシステムがあるため、少し余裕を持つくらいでちょうど良いのかもしれません。

10GBプラン

10GBプランは、動画の視聴の多いインターネットユーザーにオススメです。月々の容量に不安がある人でも余程のことがない限りは、速度制限の適用はないものと思われます。音楽やラジオをたくさん楽しむ人にも向いているプランです。

20GBプラン

20GBプランは動画の視聴はもちろん、アプリを比較的多く使用する人や、デザリングをする人に向いています。楽天モバイルの20GBプランは、デザリングが無料となっているためです。

30GBプラン

30GBプランは、とにかく余裕を持ってスマートフォンを使用したい人に向いています。特にゲームアプリや高画質での動画の視聴を楽しむ人にオススメのプランと言えるでしょう。20GBプランと同様、デザリングが無料となっているのも大きなポイントです。

通話SIMの最低利用期間について

楽天モバイルの通話SIMには、契約した月から12ヶ月目までが最低利用期間として設定されています。その期間を過ぎてからの解約であれば問題ありませんが、12ヶ月目以内に解約した場合には、契約解除料として9,800円(税抜)を支払うことになるため、他社からの乗り換えを検討している人は、その点にも注意してください。

データSIMの場合には、「組み合わせプラン」のみであれば、最低利用期間はありません。ただし、キャンペーンの同時申し込みをしている場合には、最低利用期間6ヶ月に設定されているため、6ヶ月以内の解約の際には、契約解除料9,800円(税抜)が発生することもあります。

楽天モバイルの「スーパーホーダイ」

「スーパーホーダイ」は、2017年9月1日から開始された楽天モバイルの新しい料金プランです。高速通信容量を使い切ってしまった場合でも、通信速度が最大で1Mbpsの使い放題で、なおかつ国内通話5分以内であればかけ放題という2つのお得がセットになったプランです。

プランSプランMプランL
月額基本料1年目1980円(税抜・楽天会員)1480円(税抜・ダイヤモンド会員)2年目以降2980円(税抜)1年目2980円(税抜・楽天会員)2480円(税抜・ダイヤモンド会員)2年目以降3980円(税抜)1年目4980円(税抜・楽天会員)4480円(税抜・ダイヤモンド会員)2年目以降5980円(税抜)
データ通信高速通信量2GB/月高速通信量6GB/月高速通信量14GB/月
通話5分以内の通話がかけ放題5分以内の通話がかけ放題5分以内の通話がかけ放題

楽天会員になることでお得になる

スーパーホーダイの月額料金は、楽天会員への無料登録が基本となっています。非会員の場合には、プランSで2,980円(税抜)、プランMで3980円(税抜)、プランLで5,980円(税抜)と、1,000円ずつ割高になります。

楽天会員になることで、楽天ポイントが楽天モバイルの使用に応じて付与され、楽天市場の買い物で使用できるため、会員登録をした方がお得と言えるでしょう。

楽天でんわアプリ

スーパーホーダイでは、「楽天でんわアプリ」を使用することによって、5分以内の国内通話が無料のかけ放題となります。通話時間が5分を超えた場合は30秒ごとに10円の料金が発生します。IP電話ではなく、通常の電話回線を使用しているため、比較的クリアな音質とつながりやすさがあるのが特徴です。

1Mbpsの通信速度とは?

スーパーホーダイでは、プランごとの高速通信容量が使い切ってしまった場合でも、最大で1Mbpsの通信速度で利用することができます。

1Mbps高速通信(4Mbps)
メールおよびメッセージ快適に利用できます快適に利用できます
Webサイト閲覧普通に利用できます快適に利用できます
ゲームおよび地図アプリ普通に利用できます快適に利用できます
動画の再生なんとか見られるレベル快適に利用できます
アプリのダウンロード少々遅めのレベル快適に利用できます

楽天モバイルの料金プランは豊富!電話する方もお得に使える

楽天モバイルの料金プランには、「組み合わせプラン」と「スーパーホーダイ」の2種類があります。

「組み合わせプラン」には、最も安く利用できる「ベーシックプラン」の他、3.1GBから30GBまで月々使用する容量に合わせて選ぶことができます。

そしてもう一つの「スーパーホーダイ」は、月額1,980円(税抜)から利用できるプランです。高速通信容量を使い切った後でも最大で1Mbpsの使い放題と、5分以内の国内通話であれば「かけ放題」がセットになった非常にお得なプランとなっています。

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ