楽天モバイルの解約についてのまとめ

手続き可能な方法

楽天モバイルを解約する場合は、データSIMの場合はWebで、通話SIMの場合は電話で手続きを行います。

また050データSIMもWebでのみ受け付けています。

解約時の注意点

楽天モバイルを解約する場合は、締日が15日であることと、通話SIMの場合は大変混雑するため、電話をかける時間帯に注意しましょう。

また、通話SIMの場合はSIMカードを返却する必要があります。
後のトラブルを防ぐためにも、しっかり返却しましょう。

解約時の違約金について

基本的にデータSIMの場合は違約金は発生しません。
通話SIMの場合は12ヶ月以内の解約の場合9,800円の違約金が発生します。

また、キャンペーンを利用した場合やプランによっては違約金が発生することがあります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜
ドコモ
au

楽天モバイルの解約方法は?

事前に必要な手続き・書類

事前に必要な手続き・書類について

データSIMの場合は事前に用意するものは特にありませんが、通話SIMの場合は15桁のSIM番号または契約中のSIM電話番号を用意する必要があります。

違約金の金額・発生条件

違約金の金額・発生条件について

基本的にデータSIMの契約の場合は違約金は発生しません。

通話SIMの場合は、開通月を1ヶ月目として12ヶ月以内の解約をしてしまうと9,800円の違約金が発生します。

キャンペーンで契約した方は要注意!

楽天モバイルはキャンペーンを非常に多く行っています。
そのため、キャンペーンを利用して楽天モバイルを契約した方もいらっしゃると思います。

キャンペーンはとてもお得なのでぜひ利用してほしいのですが、最低利用期間が設けられている場合があります。
先程データSIMでは違約金は発生しないと説明しましたが、キャンペーンで最低利用期間が設けられていた場合は違約金が発生します。

キャンペーンで契約した方は、最低利用期間があるかどうか確認してから解約手続きに進んで下さい。

スーパーホーダイの長期優待の場合

スーパーホーダイの長期優待ボーナスを選択した場合は違約金が変わってきます。
長期優待ボーナスを選択した方は注意しましょう。

最低利用期間12ヶ月目以内13ヶ月目〜24ヶ月目以内25ヶ月目〜36ヶ月目以内
1年(12ヶ月)9,800円--
2年(24ヶ月)19,800円9,800円-
3年(36ヶ月)29,800円19,800円9,800円

解約手続きの流れ

データSIMの場合

データSIM(050データSIMも含む)の場合は、楽天モバイルの会員サイトメンバーズステーションにアクセスしましょう。

「メンバーズステーション」>「会員メニュー」>「登録情報・設定変更」>「楽天モバイル解約申請」で手続きを行うことが出来ます。

通話SIMの場合

通話SIMの場合は、楽天モバイルカスタマーセンターに電話して手続きをすすめます。
携帯電話・PHSからの電話でも可能です。

この時、SIMカード台紙の裏に記載されている15桁のSIM番号、または現在使用しているSIM電話番号を手元に用意してから手続きにすすみましょう。

電話番号0800-600-4444
通話料無料
受付時間9:00〜18:00

楽天モバイルのMNP転出方法はこちらの記事

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜
ドコモ
au

楽天モバイルの解約時の注意点

解約締日に注意

楽天モバイルの解約締日は毎月15日です。
そのため、16日以降になってしまうと翌月の解約になってしまい、翌月分の月額料金も払う必要があります。

解約すると決めているのであれば、15日を意識しておくことが重要です。

電話は繋がりづらいので時間に注意

通話SIMの場合電話で解約をすることになるのですが、電話はとても繋がりづらいです。
受付時間の終盤である18時前は特に繋がらないので、時間に余裕がある時に電話しましょう。

SIMカードを返却する必要がある

通話SIMの場合、SIMカードを返却する必要があります。
しっかり返却しないとトラブルになり兼ねないので、解約手続きが全て終わったら忘れずに返却しましょう。

申し込み種別 006・007の場合
〒143-0006
東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F
楽天モバイル SIM返却係
申し込み種別 008・009の場合
〒338-0824
埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
物流センターSIM返却係
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜
ドコモ
au

楽天モバイルを解約したあとのおすすめ通信会社は?

楽天モバイルを解約した後の契約でおすすめするMVNOを紹介します。楽天モバイル契約後、より快適にお得に利用できるように下記のおすすめランキングを参考に検討してみてください。

MVNO比較ランキング

MVNOおすすめポイント
1位 mineo楽天モバイルはドコモ回線ですがmineoには
ドコモ回線とau回線両方に対応!
10分以内のかけ放題もアリ
2位nuroモバイルドコモ回線とソフトバンク回線の両方に対応!
かけ放題や時間プランがおすすめ
3位OCNモバイルONE楽天モバイルと同じドコモ回線を利用
OCN光と合わせるとより安くなる
4位IIJmioドコモ回線とau回線の両方に対応!
最大10枚までシェアSIMが可能で家族利用におすすめ
5位BIGLOBEモバイルドコモ回線とau回線に対応!
動画の視聴が多いならカウントフリーでおすすめ
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線申し込み
300円〜
ドコモ
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ
au

また、ぴたスマ編集部ではMVNO全体での格安SIMおすすめ比較ランキングも掲載しています。参考にしてみてください。

楽天モバイルの料金プランや評判はこちら