OCNモバイルONEのメリット・デメリットが知りたい!

OCNモバイルONEは大手プロバイダであるNTTコミュニケーションズが手掛けるドコモ系格安SIMです。

まだ格安SIMが一般的でなかった頃にいち早くサービスをスタートさせており、格安SIMの老舗の1つとして高い知名度とシェア率を誇ります。

OCNモバイルONEは大手プロバイダが手掛けていることもあり、サービス内容が充実しているのが特徴です。料金はやや高めですが、安さよりもサービス内容や使い勝手の良さを重視する人に向いています。

OCNモバイルONEのメリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

OCNモバイルONEのメリットOCNモバイルONEのデメリット
日単位でデータ通信量が決まっている日次プランがある通信速度は遅め
3種類のかけ放題オプションがある月額料金はやや高め
速度切り替えとバースト転送に対応口座振替が利用できるが手間がかかる
公式アプリの使い勝手が良い-
050 Plusがお得に使える-
OCN光とのセット割あり-
音声通話SIMの最低利用期間が短い-
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ

OCNモバイルONEを契約したくなるメリット7つ!

まずはOCNモバイルONEのメリットについて詳しく見ていきましょう。

日単位でデータ通信量が決まっている日次プランがある

OCNモバイルONEには一般的な「月次プラン」だけでなく、「日次プラン」が用意されています。

月次プランは「3GB/月」「7GB/月」といったように、月単位で利用できるデータ通信量が決まっています。それに対して、日次プランは「110MB/日」「170MB/日」といったように日単位でデータ通信量が決められています。

利用できるデータ通信量は少ないですが、日単位でデータ通信量が割り当てられるので、速度制限にかかっても翌日には解除されるというメリットがあります。

また、110MB/日コースは料金的には他社の3GB/月プランと同じですが、1ヶ月に換算すると約3.3GBなので、他社の3GB/月プランより少しだけお得です。

毎日データ通信量の上限に気を付ける必要がありますが、毎日利用するデータ通信量が一定でなおかつ月3GB以下の人は、日次プランがおすすめです。

自分の用途に合わせて3種類のかけ放題オプションが選べる

OCNモバイルONEは音声通話がお得になるかけ放題オプションとして、

  • 10分かけ放題
  • トップ3かけ放題
  • かけ放題ダブル

の3種類が用意されています。

10分かけ放題は1回10分までの通話が何度でも無料になります。お得ではありますが、こちらは他の格安SIMでもよくありますね。

OCNモバイルONE独自のかけ放題なのが「トップ3かけ放題」「かけ放題ダブル」です。

トップ3かけ放題はその月に電話かけた電話番号のうち、通話料が高かった上位3番号の通話料が0円になる、というものです。家族や恋人、友達など特定の人とだけ通話をする人ならかなりお得になりますね。

かけ放題ダブルは10分かけ放題とトップ3かけ放題の両方を利用できるオプションです。1回あたり10分以内の通話がすべて無料になり、さらに無料にならなかった通話のうち、通話料が高かった上位3番号の通話料が0円になります。

内容の異なるかけ放題が3種類もあるのはOCNモバイルONEだけでしょう。自分の電話の使い方に合わせてオプションを選択できるので、通話料を節約したい人におすすめです。

速度切り替えとバースト転送に対応し、低速通信も快適

OCNモバイルONEは通信速度の切り替えバースト転送に対応しています。

好きなタイミングで高速通信と低速通信を切り替えられるので賢く節約できますし、バースト転送があるので低速時もSNSやLINE、音楽ストリーミングくらいであれば快適です。

また、OCNモバイルONEは直近3日間の速度制限が一切ないので、低速通信は完全に使い放題となっています。カーナビを使ってドライブや、音楽ストリーミングの長時間再生など、低速通信を長時間利用するという使い方に向いています。

公式アプリの使い勝手が良い

OCNモバイルONEには公式アプリ「OCNモバイルONEアプリ」が用意されています。

OCNモバイルONEアプリでは、

  • データ通信量の確認
  • 契約内容の確認
  • 通信速度の切り替え
  • 容量追加、コース変更などの申し込み
  • Wi-Fiスポット検索

といったOCNモバイルONEに関するあらゆる手続きがスマホから簡単にできるようになっています。公式アプリがない格安SIMも多い中、これだけ多機能な公式アプリが用意されているのは、さすが大手プロバイダが運営しているだけのことはありますね。

IP電話「050 Plus」がお得に使える

050 PlusはNTTコミュニケーションズが手掛けるIP電話サービスです。050 Plusはキャリアに関係なく利用できますが、OCNモバイルONEなら他社よりもお得に050 Plusが使えます。

050 Plusを利用する際は324円(税込み)の月額料金がかかりますが、OCNモバイルONEのデータSIM/SMS対応SIMを利用している場合は半額になり、音声通話SIMを利用している場合は無料になります。

データSIMでIP電話を使いたい人はもちろん、音声通話SIMを利用しているけどもう1つ予備の電話番号が欲しい、という人にもおすすめです。

さらに、OCNモバイルONEでは050 Plusが「カウントフリー」の対象になっており、データ通信量を消費しないというメリットもあります。050 Plusはインターネット回線を利用して通話を行うので通話料は安いですが、データ通信量を消費してしまいます。

しかし、OCNモバイルONEでは050 Plusはデータ通信量を消費しないので、データ通信量を一切気にすることなく通話ができます。

光回線「OCN光」とのセット割がある

OCNモバイルONEはOCNの光回線サービスとセットで利用すると「OCN光モバイル割」が適用され、OCNモバイルONEの月額料金が200円割引されます。

しかもOCN光の1契約に対して、最大5回線までOCN光モバイル割を適用できます。例えば家族5人でOCNモバイルONEを契約し、自宅の光回線がOCN光だった場合は合計で1,000円も割引されます。

自宅の光回線がOCN光である場合は、OCNモバイルONEにすることでスマホもお得になります。

音声通話SIMの最低利用期間は6ヶ月と短い

OCNモバイルONEの音声通話SIMには最低利用期間が設定されていますが、その期間は6ヶ月だけと短いです。

一般的な格安SIMの最低利用期間が1年なので、それらと比べるとOCNモバイルONEは解約がしやすいと言えます。

OCNモバイルONEを契約する時に注意すべきデメリット3つ!

たくさんのメリットがあるOCNモバイルONEですが、少ないながらデメリットもいくつかあります。こちらも確認しておきましょう。

通信速度は遅め

OCNモバイルONEは通信速度が遅いです。ドコモ系格安SIMの中でもとくに利用者数が多く、回線が込みやすいためお昼以外の時間帯でも速度が遅いことが多いです。

決して使い物にならないほど遅いわけではありませんが、動画視聴やアプリのダウンロードなどをストレスなく利用したい場合は通信速度が速い格安SIMを選んだほうが良いでしょう。

月額料金もやや高い

OCNモバイルONEは月額料金がやや高いです。

例えば月3GBのプランの場合、他社だとデータSIMで900円、音声通話SIMで1,600円というのが一般的です。しかし、OCNモバイルONEの3GBプランはデータSIMで1,100円、音声通話SIMで1,800円と200円高く設定されています。

他のプランも、数百円ではありますが他社の同じ容量のプランより高いことが多いです。少しでも安くしたいという人は他社のプランとしっかり比較してうえで選びましょう。

口座振替が可能だが、手続きに手間がかかる

OCNモバイルONEはクレジットカードだけでなく、口座振替で料金を支払うこともできます。

しかし、口座振替を利用する場合はカスタマーズフロントに電話をして申込用紙を入手し、その申込用紙を記入・返送しないといけません。そのため、通常より申し込みの手間がかかりますし、利用できるようになるまで時間もかかります。

したがって、OCNモバイルONEは口座振替に対応していますが、できるだけクレジットカードで契約するのがおすすめです。

OCNモバイルONEはこんな人におすすめ!

メリット・デメリットを踏まえると、OCNモバイルONEは次のような人におすすめです。

低速通信をメインに使いたい人

OCNモバイルONEはアプリまたはマイページからいつでも通信速度を切り替えられます。

また、低速通信時でも最初の読み込みだけ高速通信を使う「バースト転送」に対応しているほか、直近3日間の速度制限もありません。

そのため、低速通信をメインで使いたいという人にはOCNモバイルONEがおすすめです。

格安SIMによっては低速通信だけしか利用できない代わりにもっと安いプランが用意されていることもあります。しかし、バースト転送に対応していなかったり、直近3日間の速度制限があったりすることも多いです。

OCNモバイルONEの低速通信は快適ですし、もし高速通信を使いたい場合はアプリからサッと切り替えられるので便利です。

電話をたくさんかける人

OCNモバイルONEは電話をたくさんかける人にも向いています。

通話オプションが3種類用意されているので、

  • 短い通話を何度もかける→10分かけ放題
  • 家族や恋人など、特定の人とだけたくさん電話をする→トップ3かけ放題
  • 長電話は特定の人だけだが、それ以外の人とも短い通話を何度もする→かけ放題ダブル

といったように、電話の利用状況に応じて自分に合ったオプションを選べるので、無駄なく通話料を節約できます。

また、とにかく通話料を安くしたいという人はデータSIMとIP電話「050 Plus」を併用するのも1つの手です。OCNモバイルONEなら050 Plusの月額料金が安くなりますし、カウントフリーによってデータ通信量も消費しません。

OCNモバイルONEの料金プラン

OCNモバイルONEの料金プランは以下の通りです。

コース名音声通話SIMSMS対応データSIMデータSIM
110MB/日1,600円1,020円900円
170MB/日2,080円1,500円1,380円
3GB1,800円1,220円1,100円
6GB2,150円1,570円1,450円
10GB3,000円2,420円2,300円
20GB4,850円4,270円4,150円
30GB6,750円6,170円6,050円
15GB※2,500円1,920円1,800円

※最大通信速度は500kbps

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ

OCNモバイルONEの料金や評判について知りたい方はこちら