OCNモバイルONEの解約についてのまとめ

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ

手続き可能な方法

OCNの公式ページのマイページへアクセスをして解約手続きをします。

解約時の注意点

日割り計算はできない

OCNモバイルONEでは日割り計算がないため、月の途中で解約手続きをしたとしても月の月額料金は必要となります。

端末代金

OCNモバイルONEを端末とセットで購入した時分割払いを選んだ場合、解約時に端末料金の支払いが残っている可能性があります。 もし残っている場合は解約時に一括で支払う必要があります。

しかしクレジットカードを利用して分割払いにしている場合は一括で支払う必要はありません。

解約手続き後はキャンセルができない

OCNモバイルONEはWEBで簡単に解約手続きをすることができるのですが、一度解約をするとキャンセルはできません。十分に契約内容や利用期間、違約金の発生などを確認してから手続きをするようにしてください。

解約手続きの不備に注意

解約手続きに不備があると、解約完了が伸びてしまい月をまたいでしまうこともあります。その場合1カ月分月額料金が必要になることがあるので、十分に確認をしながら解約をするよにしてください。

解約時の違約金について

OCNモバイルONEはSIMタイプによって、違約金や最低利用期間が異なってきます。データ通信専用SIMはありません。しかし音声対応SIMの最低利用期間は6カ月となり6カ月未満で解約をした場合は、解約金8,000円が必要となります。

MNPを利用する場合

現在使っている番号でOCNモバイルONEを解約したあとも利用する場合は、MNP転出料3,000円の支払いと、MNP予約番号の取得が必要になります。MNP予約番号の取得はOCNマイページの他、以下の連絡先に電話をすることもできます。

電話番号0210-506-506
通話料無料
受付時間10:00〜19:00
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ

OCNモバイルONEの解約方法は?

事前に必要な手続き・書類

OCNの公式ページの「マイページ」にログインをして解約手続きをすすめるため、 登録した「メールアドレス」と「パスワード」を準備するようにしてください。パスワードを忘れた場合はパスワードを再設定することができます。

違約金の金額・発生条件

データ専用プランは違約金は一切なく音声対応SIMは6カ月で、6カ月未満で解約をした場合は8,000円必要となります。注意しないといけないのは、OCNモバイルONEは契約した日から6カ月ではなく、申し込みをした日の10日後を含む月を利用月を1カ月目として考えます。

このことを考えると、申し込む日も大切になってきます。たとえば1月25日に申し込みをした場合10日後は2月になるので、2月が利用期間の1カ月目となり9月が6か月目となります。

最低利用期間6ヶ月目以内6カ月以上
6ヶ月8,000円-

解約希望日を選べます!

当日と今月末の2種類から選ぶことができます。

解約手続きの流れ

データSIMの場合

  • OCNの「マイページ」へアクセスをする
  • 料金/手続きへ進む
  • 契約状況を確認する
  • OCNサービスの解約をクリック
  • 解約のご案内を確認
  • 解約手続きをクリック
  • 光・ADSL・高速モバイル・ホットスポット等一部料金プランのご解約をクリック
  • メールアドレスやパスワードを入力してログイン
  • OCN解約をクリック
  • お客様番号や認証パスワードを入力
  • 解約希望日を選択
  • 請求書送付先画面を確認
  • 解約の理由を選ぶ
  • 確認メールを入力
  • 全ての内容を確認
  • SIMカードを返却

通話SIMの場合

  • OCNのマイページへアクセスをする
  • 料金/手続きへ進む
  • 契約状況を確認する
  • OCNサービスの解約をクリック
  • 解約のご案内を確認
  • 解約手続きをクリック
  • 光・ADSL・高速モバイル・ホットスポット等一部料金プランのご解約をクリック
  • ルアドレスやパスワードを入力してログイン
  • OCN解約をクリック
  • お客様番号や認証パスワードを入力
  • 解約希望日を選択
  • 請求書送付先画面を確認
  • 解約の理由を選ぶ
  • 確認メールを入力
  • 全ての内容を確認
  • SIMカードを返却
電話番号0800-600-4444
通話料無料
受付時間9:00〜18:00

OCNモバイルONEのMNP転出方法はこちらの記事

OCNモバイルONEの解約方法はこちら

OCNモバイルONEの解約時の注意点

解約締日に注意

解約をできるのは毎月末日となります。日割り計算ができないので、できるだけ末日に近い日で解約をするのがおすすめなのですが、不備などがあり月をまたいでしまうと翌月も月額料金が必要となるので注意が必要です。

お客様番号や認証IDを忘れた場合

OCNマイページで「お客様番号や認証IDを忘れた方はこちらから手続きができます」という項目があるので、再発行ができます。回復待ちの時間があるので、時間に余裕をもって手続きをしてください。

SIMカードを返却する必要がある

SIMカードは契約期間中レンタルになるので、契約終了後は返却する必要があります。返送費用はユーザーの負担となります。

SIMカードの送付先
〒143-0006
東京都大田区平和島3-6-1 東京団地倉庫A2棟
住友倉庫内 「OCN SIMカード回収係」
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ

OCNモバイルONEを解約したあとのおすすめ通信会社は?

OCNモバイルONEを解約して他のMVNOを探している方もいらっしゃるでしょう。OCNモバイルONEにない点で解決をしてくれるMVNOをご紹介します。

店舗があるMVNOを探したい

MVNOはキャリアに比べて料金プランやオプションが複雑となっています。うまく選べば月額料金が安くなるのですが、自分にあっているプランを選べていない、オプションを見逃しているなどの理由で知らずのうちに月額料金が高くなってしまっていることもあるでしょう。

それぞれのサイトに詳しく書いているのですが、MVNOやスマートフォンに慣れていない人にとってはいくら読んでも難しいことがあるでしょう。

そこで店舗があれば、わからないことがあった時点でスタッフさんに聞くことができるので安心です。また端末を変える場合は先に端末に触れて、使いやすいものを選ぶこともできます。

全国に店舗があるのは、楽天モバイル、イオンモバイル、Y!mobileなどがあります。イオンモバイルはイオンに入っているので便利ですし、最近では楽天モバイルやY!mobileなどもショッピングセンターなどにあるので便利です。 自宅から店舗が近いMVNOを選ぶのも一つのMVNOを選ぶ方法のひとつといえるでしょう。

SNSがメイン!

TwitterやLINEなどスマートフォンを使うメインの目的がSNSである人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。LINEモバイルの主なSNSを使い放題プランにするとデータ容量を心配することもないですし、LINE通話を使って通話をすることができます。

通信を安定させたい

MVNOはキャリアに比べると通信が安定しないことがあるのですが、MVNOの中でも通信が安定している会社があります。その中でもUQ mobileは特に安心です。au回線を利用しており通信速度はキャリアを使っていた人でもストレスなく利用することができます。

他にもソフトバンクのサブブランドであるY!mobileや大手プロバイダーであるニフティが運営しているNifMoも通信速度が安定したMVNOとして知られています。

MVNO比較ランキング

MVNOおすすめポイント
1位楽天モバイル楽天でんわなど通話が多い方にもおすすめ!
楽天スーパーポイントが貯まる!
2位イオンモバイルシェアプランがある
全国に店舗がある
3位LINEモバイルSNS使い放題プランがある!
LINE電話を使うことで電話使い放題になる!
4位UQモバイルau回線を使い通信が安定している!
端末保証があります!
5位Y!mobileソフトバンクのサブブランドであり通信速度が安定している!
全国に店舗がある!

おすすめの格安SIM比較ランキングページはこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
1,480円〜
ワイモバイル
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜
ドコモ
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
1,480円〜
ワイモバイル

OCNモバイルONEの料金プランや評判はこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ