nuroモバイルの解約についてのまとめ

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
ソフトバンク

手続き可能な方法

nuroモバイルを解約する時は公式サイトの「ご利用者向けページ」からとなります。 IDとパスワードを準備してログインすると現在の契約状況が確認でき、解約もスムーズにすることができます。解約後はSIMカードを返却する必要があるのでご注意ください。

解約時の注意点

日割り計算はない

nuroは日割り計算がなく、月の途中で解約をしても月末までは利用できます。解約したその時点から使えなくなるわけではないので、解約を決めたら早めに解約の手続きをするのがおすすめです。

端末セットの支払い

解約時に端末分の支払いが残っている場合は、解約時まで分割であっても一括で支払う必要があります。分割クレジットを利用している場合はそのまま分割での扱いとなります。

同じ番号を使って他社と契約するには

同じ携帯番号を使って、他社と契約をする場合先にMNP予約番号をとる必要がある他、MNPの転出料金として3,000円支払う必要があります。 MNPの予約はnuroの公式サイトであるご利用者向けページから、取得していただくことができます。MNP予約番号には有効期限があるため、早めの手続きをおすすめします。

解約時の違約金について

nuroモバイルはデータ通信プランでは違約金がかからないのですが、音声通話プランを利用している方であれば12カ月の最低利用期間が設定されています。そのため12カ月未満で解約をすると、違約金が発生します。

この違約金ですが、最低利用期間に満たない場合は一律の金額となるMVNOが多いのですが、nuroモバイルは12カ月から利用月数を引いた月数×1,000円となります。つまり2カ月しか使わなかった場合は(12カ月-2カ月)×1,000円で10,000円となります。

nuroモバイルの解約方法は?

nuroモバイルの解約方法は公式サイトからとなります。公式サイトのご利用者向けページから解約をします。

事前に必要な手続き・書類

nuroモバイルを解約する時は公式サイトにログインをする必要があるため、IDとパスワードを前もって用意するようにしてください。パスワードはもともとSIMカードが入っていた台紙に書かれています。

パスワードを忘れた場合も心配はありません。ご利用者ページにパスワードの再発行のボタンがあるのでクリックをします。契約者の名前や生年月日、電話番号などの入力が必要となります。

違約金の金額・発生条件

Nuroモバイルはデータ通信SIMと音声通話SIMによって解約金が必要かどうか異なってきます。データ通信SIMをご契約の場合は最低利用期間がないため解約金が発生しません。 しかし音声通話SIMを利用している場合は利用期間に応じて解約金が異なってきます。

12カ月以上使うと解約金は発生しないのですが、11カ月利用した場合(12カ月まで残り1カ月)は1,000円、10カ月利用した場合は2,000円と12カ月利用まであと何か月かによって、違約金が異なってきます。

利用期間は公式サイトで確認をすることができるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

最低利用期間11か月目10か月後9か月後
1年(12か月)1,000円2,000円3,000円

nuroモバイルの料金計算式はこちら

上記リンクの最下部に計算式の記載があります。

解約手続きの流れ

データSIMの場合

  • Nuroモバイルのご利用者向けサービスからの手続きとなります
  • IDとパスワードを準備しログインします
  • 解約を選択
  • 注意事項、利用規約などを確認
  • 解約手続き終了

通話SIMの場合

  • Nuroモバイルのご利用者向けサービスからの手続きとなります
  • IDとパスワードを準備しログインします
  • 解約を選択
  • 注意事項、利用規約などを確認
  • 解約手続き終了

通話SIMは利用期間が12カ月未満の場合は違約金が発生するので解約前に確認する良いでしょう。ご利用者向けサービスにて確認をすることができます。

nuroモバイルの解約時の注意点は

解約締日に注意

解約をするには申し込み月の月末までとなります。日割り計算はないため、1日でも過ぎると翌月の月額料金を支払う必要があるので、注意が必要です。

解約をキャンセルすることはできません

いったん解約のキャンセルをうけると、キャンセルや内容の変更をすることができないので注意が必要です。解約をするまえによく内容を確認するようにしてください。

端末の支払いが残っている場合は一括請求

端末セットを購入した場合、端末料金の支払いが残っている場合は一括請求となります。

SIMカードを返却する必要がある

nuro モバイルを解約したらSIMカードを返却する必要があります。返却ができない場合は3,000円必要となります。

SIMカード返却先
〒338-0824
埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
So-net物流センターSIM返却係宛

nuroモバイルのMNP転出方法はこちらの記事

nuroモバイルを解約したあとのおすすめ通信会社は?

nuroモバイルを解約したあと他のMVNOを利用される方もいらっしゃるでしょう。ここではおすすめのMVNOをご紹介させていただきます。

口座振替を利用したい

nuroモバイルは月額料金を支払う方法はクレジットカードしかありません。しかしクレジットカードを持っていない方、持ちたくない方もいらっしゃるでしょう。MVNOは全ての会社がクレジットカードのみの利用できるというわけではなく、口座振替を利用できる会社もあります。

「楽天モバイル」、「OCNモバイルONE」、「UQモバイル」などがあります。

通信が安定していない

UQ mobileはキャリアと変わらないくらいの通信の安定さで有名です。またIIJmioやBIGLOBEモバイルなど、ドコモとau回線両方に対応しているMVNOもあります。

電話を多くする人には不向き

nuroモバイルは通話を多くする人には不向きです。しかしMVNOによっては、かけ放題プランが充実している会社もあります。b-mobileやIIJmio、BIGLOBEモバイルなど3分かけ放題、楽天モバイルやTONEモバイルなどは5分かけ放題プランがあります。

またLINEモバイルを利用してLINE通話を利用するという方法もあります。

データ容量の繰り越しがしたい

データ容量が余ることがあっても、翌月に繰り越しをすることができれば節約にもつながります。データ容量の繰り越しができるのは、「楽天モバイル」、「DMMモバイル」、「mineo 」、「エキサイトモバイル」となります

音声通話SIMで最低利用期間がないMVNOを探したい

Nuroモバイルを使っていて12カ月未満の契約期間で解約をして解約金を支払った方、次に選ぶMVNOは最低利用期間また違約金が発生しないMVNOを選びたいというからもいらっしゃるでしょう。

データ通信プランは最低利用期間がないことが多いのですが、音声通話SIMは通常1年前後の最低利用期間があります。 しかし音声通話SIMであっても、最低利用期間がないMVNOがります。 それは「mineo」と「イオンモバイル」です。

店舗で実際にスタッフさんと相談したい

MVNOを使っていると、端末の使い方、故障の相談、プランやオプションでわからないことなど色々でてきます。そんな時キャリアのように店舗があれば、実際に聞くことができます。電話ではなかなか伝わりにくいことも実際にスタッフさんに会うと解決することもあるでしょう。

「楽天モバイル」、「Y!mobile」、「イオンモバイル」など全国に店舗があるMVNOがおすすめです。

MVNO比較ランキング

MVNOおすすめポイント
1位UQモバイル通信速度が安定しています
口座振替が使える
2位楽天モバイル全国に店舗がある!
楽天でんわというサービスがある!
3位OCNモバイルONENUROモバイルと同じドコモ回線を利用
OCN光と合わせるとより安くなる
4位IIJmioドコモ回線とau回線の両方に対応!
最大10枚までシェアSIMが可能で家族利用におすすめ
5位イオンモバイル音声通話SIMでも最低利用期間がない!
全国に店舗が多い!

おすすめの格安SIM比較ランキングページはこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
980円〜au
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au

nuroモバイルの料金プランや評判はこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
ソフトバンク