nuroモバイルの機種変更方法2つ

  • nuroでの販売機種を購入する
  • 変更機種を自分で購入する

2つの方法で機種変更に必要な書類、機種変更の流れ、注意点などを紹介します。

会社名SIM料金利用回線申し込み
300円〜
ドコモ
ソフトバンク

nuroモバイルでの販売機種を購入する場合

nuroモバイルを機種変更する時は2種類の方法があり、SIMだけを購入し、端末はこれまで使っていたものを利用する方法があります。 他にはSIMカードを契約するときに、nuroモバイル端末も一緒に購入することができます。

⇨nuroモバイルの販売機種はこちら

事前に必要な手続き・書類

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • クレジットカード
  • MNP転出番号(引き続き携帯番号を使いたい方のみ)

機種変更の流れ・方法

WEBで行う場合

WEBで行う場合
電話番号をそのまま使う場合はMNP予約番号を先に取得します。
音声通話ありの場合は本人確認ができる書類とクレジットカードを用意してください。
公式サイトにてプランを選び、名前や住所などの入力をします。
端末を選択します
SIMカードと端末が登録した住所に届きます
電話番号の切り替えの申し込みをマイページより行います
切り替えが終わったらSIMカードを端末に入れて、端末でネットワーク設定を行います。

機種変更時の注意点

クレジット払いが必要になる

MVNOでは多くの会社と同じようにnuroモバイルでもクレジットカードでの支払いが必須となります。デビットカードやプリペイドカードも利用できません。口座振替もできないので、まずはクレジットカードを持っていることが大前提となります。 また。申し込み時にクレジットカードが必要となります。

変更機種を自分で購入する(nuro以外に変更する)場合

機種変更のやり方
MNPを利用する場合は予約番号をとる
公式サイトにてプランや端末を選ぶ
音声通話ありとなしを選ぶ
データ容量を決める
料金シュミレーションで確認する
オプションを選ぶ
キャンペーンを確認する
必要事項を入力する
免許証などの必要な書類をアップロードする
1週間ほどでSIMカードや端末が届く

⇨nuroモバイルの動作確認済み一覧はこちら

機種選びの際の注意点

SIMカードの大きさの違いに注意

nuro以外の端末でも機種変更可能ですが、全ての機種が対応するわけではありません。SIMカードの大きさも標準以外にマイクロSIM、ナノSIMとあり、ロケットモバイルに対応しているかどうかを確認する必要があります。

これから使う端末がnuroでも対応しているかどうかをSIMカードの種類も含めて確認をするようにしてください。契約をしてしまってから、端末が対応していないことがわかっても契約をしたあとではキャンセルをすることができません。

SIMロック解除

キャリアで契約した端末はSIMロックがかかっているものが多く、このままでは他の会社では使えません。しかし各キャリアともにSIMロックを解除する方法や条件をそれぞれの公式ホームページにて記載しています。方法自体もそんなに難しいものではないですし、それぞれのショップでも教えてくれます。

使い慣れた端末をほとんどそのままの状態で月額料金だけを少なくするということができる可能性があるのです。まずは確認をするようにしてください。

手続きの流れと注意点

これまで大手キャリアで契約をしていて、MVNOと契約をして電話番号が変わってしまうのか不安になるかもしれませんが、電話番号を変えることなく機種変更が可能になるので 現在使っているキャリアなどにMNP予約番号取得専用の番号があるので連絡する事で従来の携帯電話で乗り換えができます。

しかしMNP予約番号は取得してから、15日以内に契約をしないと携帯番号が引き継げないので注意して下さい。

会社名SIM料金利用回線申し込み
300円〜
ドコモ
ソフトバンク