Nifmo(ニフモ)の解約についてのまとめ

手続き可能な方法

NifMoは公式サイトからの解約となります。ログインをして現在の契約状況を確認したあと解約手続きを進めます。手続き後SIMカードを返却する必要があります。

解約時の注意点

解約の手続きをしてから成立まで約11日

NifMoを解約するときに気を付ける事は、解約手続きを始めてから11日後に成立するということです。月末に解約の手続きをすると、月をまたいで解約が成立するということになり月額料金がかかるのでスケジュールをたてる必要があります。

日割り計算がありません

日割り計算にならないので、解約が成立した月の分は請求されます。

解約時の違約金について

音声通話の最低利用期間は6カ月

NifMoの最低利用期間は契約をした月の翌月から数えて6か月間となります。この期間以内に解約をすると、8,000円の違約金が発生します。なお違約金が発生するのは音声通話のみでデータ通信専用SIM、SMS対応SIMの解約の時は違約金はかかりません。

会社名SIM料金利用回線申し込み
640円〜
ドコモ

Nifmo(ニフモ)の解約方法は?

  • 解約の手続きをしてから成立するまで約11日かかかることを頭に入れて、解約手続きをします。
  • 今後も違う会社で同じ番号で使う時はMNP転出をします。
  • 違約金がかからないかどうかを確認し、公式サイトでの解約となります。
  • 簡単なアンケートをしたあと、登録をします。
  • 消費者保護ルールを確認の上、同意します。
  • 解約が成立する日付が表示されるので、確認をして契約解除となります。

事前に必要な手続き・書類

解約前にスケジュールを考える

NifMoは解約の手続きをしてから実際に解約が成立するまで、約11日間かかるのでスケジュールをまずたてることが必要です。月末に解約の申し込みをすると、実際に成立するのが翌月になるので翌月分の月額料金の支払いが必要となります。

@NiftyのIDとパスワード

解約はすべて公式サイトで行うため、@NiftyのIDとパスワードが必要となります。

違約金の金額・発生条件

NifMoを解約するとき違約金が発生するのは音声通話SIMの利用のみで、データ通信専用SIMやSMS対応SIMの解約の場合違約金は発生しません。

NifMoの音声通話の最低利用期間は6カ月となっており、この期間より早く解約をすると8,000円の違約金が発生します。契約をした日から6か月間はなく、契約をした月から数えて6か月間なので注意が必要となります。

最低利用期間6ヶ月目以内6カ月以上
1年(12ヶ月)8,000円-

解約手続きの流れ

データSIMの場合

NifMoの公式ページのユーザー専用ページに解約(サイトには解除と書かれています)受付ページがあります。 解約に関するアンケートがいくつか続きますので、回答します。 注意事項を読んで同意をします。 消費者保護ルールを読んで同意します。 実際に解約の手続きが終了する予定がでるので、確認をして解約完了です。

通話SIMの場合

  • NifMoの公式ページのユーザー専用ページに解約(サイトには解除と書かれています)受付ページがあります。
  • 解約に関するアンケートがいくつか続きますので、回答します。
  • 注意 事項を読んで同意をします。
  • 消費者保護ルールを読んで同意します。
  • 実際に解約の手続きが終了する予定がでるので、確認をして解約完了です。
  • 最低利用期間が6カ月となっており、6カ月未満で解約をすると8,000円の解約金が発生します。

Nifmo(ニフモ)の解約時の注意点は?

途中で解約をしても料金は日割り計算になりません

日割りに適用されないので、今月の月額料金は全て支払う必要があります。またNifMoは解約を申し込んでから2週間近くかかるので、月をまたいでしまうと翌月の月額料も支払いが必要となるので、注意が必要です。

解約と解除

NifMoはモバイルだけの契約を破棄する場合は解除となります。その場合はniftyのIDは残っておりモバイル以外のインターネット接続サービスなどの利用をすることができます。完全にniftyの契約を削除することを解約と記載されているので、間違いやすいので注意が必要となります。

解約手続き後のキャンセルはできない

NifMoでは解約の手続きが一旦終了すると、キャンセルができません。あとから違約金に気づいたとしても変更はできないので、前もって契約内容や必要な料金などを確認するようにしてください。解約日が違うだけで必要な料金が変わってくることもあります。

解約締日に注意

毎月末日が解除締日となります。この日を超えてしまうと、翌月の月額料金を全て支払う必要があるので注意が必要です。日割り計算がないので、できるだけ末日に近くなってから解約をした方がお得ではあるのですが、月をまたいでしまわないようにしてください。

SIMカードを返却する必要がある

NifMoでは解約のあとSIMカードを返却する必要があります。返却ができないと損害金が発生するのでできるだけ早く返却をするようにしてください。

SIMカードを封筒に入れて下記の住所へ送付をします。

SIMカードの返却住所
〒270-2214
千葉県松戸市松飛台336-17グッドマン松戸内3階
大和システム開発株式会社内

MNP転出手数料が必要

NifMoを解約したあとまた同じ電話番号で利用する場合はMNP転出手数料として3,000円が必要となります。またMNP利用番号を取得するまで、2~3日必要となります。

NifMoのMNP転出方法はこちらの記事

NifMoの解約方法はこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
640円〜
ドコモ

Nifmo(ニフモ)を解約したあとのおすすめ通信会社は?

音声通話SIMで最低利用期間がないMVNOを探したい

NifMoをはじめ多くのMVNOの音声通話SIMでの契約には、12カ月前後の最低利用期間があります。しかし新しく契約するMVNOはこの最低利用期間がないところを探したいという方におすすめできるのが、「mineo」と「イオンモバイル」です。

店舗があるMVNOを探したい

特にMVNO初心者にとって、端末が扱いづらい、プランのことがよくわからないまま契約をしたということもあるでしょう。そういう時店舗があればいつでもスタッフにわからないことを聞くことができます。 「楽天モバイル」、「イオンモバイル」「Y!mobile」など全国に店舗があるMVNOがおすすめです。

口座振替がしたい

NifMoはクレジットカードのみの支払いとなり、口座振替ができません。できればクレジットカードを使いたくないという方もいらっしゃるでしょう。 そこで「楽天モバイル」、「UQモバイル」、「OCNモバイルONE」などの口座振替を利用できるMVNOがおすすめです。

ポイントがたまるMVNO

楽天モバイルを利用していると、楽天カードや楽天市場を利用すると貯まるような楽天スーパーポイントが貯まります。日ごろからカードを利用している方にとっては、楽天モバイルを使うと楽天スーパ「LINEモバイル」、「TONEモバイル」、「OCNモバイルONE」などポイントが貯まるMVNOは多くあります。

キャリアを使っていた人にとって、通話料金に対してポイントが貯まるのに慣れてポイントがた貯まらないと物足りないと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

MVNO比較ランキング

MVNOおすすめポイント
1位楽天モバイル全国に店舗がある
楽天でんわやかけ放題プランがある
2位LINEモバイルLINE通話で通話が無料!
SNSを多く使う方向け!
3位OCNモバイルONENIFMOと同じドコモ回線を利用
口座振替が使える
4位Y!mobile全国に店舗がある
口座振替ができる
5位BIGLOBEモバイルドコモ回線とau回線に対応!
動画の視聴が多いならカウントフリーでおすすめ

おすすめの格安SIM比較ランキングページはこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜
ドコモ
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
1,480円〜
ワイモバイル
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ
au

NifMo(ニフモ)の料金プランや評判はこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
640円〜
ドコモ