mineoってどんな会社?

mineo(マイネオ)は、関西電力グループであるケイ・オプティコムが提供する格安SIMサービスです。ドコモ回線だけでなく、格安SIMでは数少ないau回線を使用しているMVNOです。ここでは、mineo(マイネオ)の料金プランについて解説していきます。

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au

Dプラン(ドコモプラン)とAプラン(au)

mineo(マイネオ)の料金プランには、ドコモ回線を使用した「Dプラン」とau回線の「Aプラン」があります。「Dプラン」と「Aプラン」ともに、データ通信のみのシングルタイプと音声通話つきのデュアルタイプがあります。データ容量は、500MBと1GB、3GBと6GB、10GBと20GBと30GBの中から選ぶことができるようになっています。

データ容量シングルタイプ(データ通信のみ・税抜)デュアルタイプ(データ通信+090音声通話・税抜)通信速度(最大)
500MB700円(docomo/au共通)1,400円(docomo)/1,310円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
1GB800円(docomo/au共通)1,500円(docomo)/1,410円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
3GB900円(docomo/au共通)1,600円(docomo)/1,510円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
6GB1,580円(docomo/au共通)2,280円(docomo)/2,190円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
10GB2,520円(docomo/au共通)3,220円(docomo)/3,130円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
20GB3,980円(docomo/au共通)4,680円(docomo)/4,590円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
30GB5,900円(docomo/au共通)6,600円(docomo)/6,510円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au

割引サービス

mineo(マイネオ)では割引サービスとして、家族で契約した際に適用される「家族割引」と、個人で複数回線を契約した際に適用となる「複数回線割引」を用意しています。

家族割引

家族でmineo(マイネオ)と契約した場合に、各々の回線から月額で50円(税抜)ずつ割引されるサービスです。住所が同じ家族はもちろんのこと、遠方などで離れて生活している家族や、姓の違う家族にも適用されます。18歳未満の家族の利用も可能です。

割引条件は、最大で主回線を含めた「5回線」までとなっており、主回線の契約者から「3親等以内」が対象となります。別途申込みが必要となりますので、契約時に確認しておきましょう。

複数回線割引

個人でmineo(マイネオ)と複数回線の契約を結んだ場合、各々の回線から月額で50円(税抜)ずつの割引が適用されます。申し込みは特に必要ありません。割引回線は最大で「5回線」までとなっており、同じ回線で家族割引と併用することはできません。その場合は、家族割引が優先されます。

パケットシェアサービス

mineo(マイネオ)では、余ったデータ容量を翌月に繰り越して使用できる他、「パケットシェア」と「パケットギフト」と「フリータンク」の計3種類のパケットシェアサービスを無料で利用することができます。

パケットシェア

家族で契約している場合に、余ったデータ容量をそのメンバーで分け合うことができるサービスです。最大で5回線までが適用されますが、別途無料の申し込みが必要となっています。

パケットギフト

友人などとその月に使い切れなかったデータ容量を分け合うことができるサービスです。プレゼントできるデータ容量は10MB単位で、1回に贈ることができる最大容量は9999MBまでとなっています。パケットギフトを利用するためには、マイページからの申し込みが必要です。

フリータンク

フリータンクは、mineoユーザー同士で、余ったデータ容量を分け合うことができるシステムです。フリータンクに貯めておくことで、不足した際に利用することも可能です。利用には「マイネ王」へのメンバー登録が必須となります。他にもマイネ王では、役立つ情報の提供者などに対する「チップ」のプレゼントによる1回10MBのデータ容量のシェアサービスもあります。

パケットチャージ

契約した月間のデータ容量を使い切ってしまった際に、100MB単位での追加チャージが可能です。マイページにログイン後、100MBあたり150円(税抜)で、1回あたり最大で1GBまで購入できます。月間のパケットチャージの上限は15GBとなっています。

ただし追加でチャージをしなかった場合でも、最大速度200kbpsにてデータ通信ができるため、テキストメールの送受信やテキストメインのWebサイトであれば充分閲覧可能です。

メールサービス

mineo(マイネオ)では、「@mineo.jp」のアカウントメールアドレスが無料で使用できます。メールボックスの基本容量は200MBまでとなっていますが、無料で5GBまでなら増やすことも可能です。

SMSサービス

mineo(マイネオ)の、電話番号を使ったショートメッセージの送受信が可能なSMSサービスは、次のようになっています。

国内SMSシングルタイプ(データ通信のみ)デュアルタイプ(データ通信+音声通話)
月額料金(税抜)120円0円
日本国内での送信(税抜)3円~30円3円~30円
日本国内での受信(税抜)0円0円
国際SMSシングルタイプ(データ通信のみ)デュアルタイプ(データ通信+音声通話)
月額料金(税抜)0円0円
日本国内での送信(免税)50円~500円50円~500円
日本国内での受信(税抜)0円0円
海外での送信(免税)利用できません100円~170円
海外での受信(税抜)利用できません0円

音声通話

mineo(マイネオ)の音声通話料金は、国内通話30秒につき20円(税抜)です。専用アプリ「mineoでんわ」を利用した場合には、国内通話30秒につき10円(免税)となります。mineoでんわには、10分以内の国内通話がかけ放題となる「10分かけ放題」850円(税抜)のオプションサービスもあります。

通話定額サービス

通話定額サービスとして、最大で30分までの通話が可能な「通話定額30」月額840円(税抜)と、最大で60分までの通話が可能な「通話定額60」月額1680円(税抜)も用意されています。1回あたりの通話時間がついつい長めになってしまう人にぴったりのプランです。

事務手数料

mineo(マイネオ)の事務手数料は以下のようになっています。

事務手数料(税抜)SIMカード発行料(税抜)
新規契約(税抜)契約事務手数料3,000円Dプラン394円
DプランからAプランへの変更(税抜)変更事務手数料2,000円Aプラン406円
シングルタイプからデュアルタイプへの変更(税抜)変更事務手数料2,000円Dプラン394円
SMSなしからSMS付きへの変更(税抜)変更事務手数料2,000円Dプラン394円
SIMカード変更または再発行(税抜)変更事務手数料2,000円Dプラン394円
名義変更(税抜)契約譲渡手数料3,000円
MNPでの他社への転出(税抜)MNP転出手数料2,000円

同じプランやタイプであればコース変更は無料となっています。契約を解除する際の解約手数料も無料です。

mineoの料金プランのまとめ

mineo(マイネオ)の料金プランにはドコモ回線を使用するDプランと、au回線を使ったAプランの2種類があります。データ容量のみのシングルタイプと音声通話つきのデュアルタイプがあり、500MBから30GBのデータ容量から選ぶことができるようになっています。

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au