mineo(マイネオ)の機種変更手続きの流れ

店舗で手続きが可能

機種変更の手続きは店舗でも行うことができます。特に初めてMVNOを使う方にとってはショップがあることは大変便利です。 プランやオプションなどの全て相談にのってくれますから安心です。

なんといってもありがたいのが、携帯を使える状態で渡してくれること。 店舗では、プランや端末を選び、必要書類を提出して即日にスマートフォンが使える状態で渡してくれます。また、オンラインではプランや端末を選び、必要書類はスキャンなどしてデータで送り、必要事項を公式サイトで入力します。数日後に端末とSIMが届き(既に端末をお持ちの方はSIMのみ)端末にて設定をして利用開始となります。

プランをよく考えましょう

mineo(マイネオ)を利用するとキャリアを使っている時と比べて月額料金が大きく安くなります。キャリアであれば平均1カ月6,000円から8,000円必要となるのですが、mineoであれば2,000円前後になることもあります。 しかし自分にあったプランを選ばないと、かえって高くなることもあるので注意が必要です。特に通話料金はMVNOは安くありません。これは通常料金の場合で、5分かけ放題サービスなど通話に対してのプランやオプションもあるので、よく確認するようにしてください。

他にも「メールウイルスチェック」、「ウイルスバスター」、「留守番電話サービス」、「パケットチャージ」などのサービスがあります。店舗であればすぐに聞くことができるので、WEB上で契約をする人は前もって確認することができます。料金に関しては公式サイトでシュミレーションすることができます。

料金に関してのオプションや端末安心保証サービスなどが充実していることもmineo(マイネオ)の良さなのです。MVNOは最初は安いけど、オプションやアフターケアが心配という方でもmineoはオススメできます。

端末安心保障サービスは1ヶ月370円で1回目5,000円、2回目8,000円で同じ端末と交換をしてくれるサービスとなります。また、保障可能端末であれば、持ち込み端末であっても同じ内容のサービスがあります。持ち込み端末に関しては課金開始日から30日は保障対象外となるので注意が必要です。

手続きの注意点

メールアドレスがかわる

キャリアなどで使っていたメールアドレスはmineo(マイネオ)では使うことができません。前もってgmailなどのフリーメールを取得しておくことをオススメします。フリーメールであればパソコンやタブレットと共有ができるので便利です。

クレジットが必要になる

mineo(マイネオ)の支払いはeo光(イーオー光)を使っている場合以外はクレジットカードを利用しての支払いとなります。機種変更申し込み時に必要となり、今後も毎月の支払いはクレジットカード利用となります。

mineo(マイネオ)の機種変更方法2つ

mineoを利用して機種変更をする場合、SIMカードのみを購入して契約をする方法と、mineoでの販売機種とSIMカードをセットで購入する方法があります。 どちらの場合でもmineoに機種変更となります。

  • mineoでの販売機種を購入する
  • 変更機種を自分で購入する

それぞれの方法で機種変更に必要な書類、機種変更の流れ、注意点などを紹介します。

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

mineoでの販売機種を購入する場合

事前に必要な手続き・書類

WEBで行う場合

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカード

店舗で行う場合

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 印鑑
  • 本人名義のクレジットカード

運転免許証などの本人確認書類が必要です。運転免許証以外にもパスポートや健康保険証が適応になるのですが、健康保険証の場合は、名前や住所などが記載された書類をもう1通用意する必要があるなど決まりがあるので、mineoのホームページなどで前もって確認してください。

また、mineo(マイネオ)は料金の支払いがクレジットカードになるため、クレジットカードが必要です。本人名義のクレジットカードを用意するようにしてください。デビットカードの利用はできません。

電話番号を変更したくない場合は、前もってMNP予約番号を取得する必要があります。MNP予約番号はこれまで使っていたキャリアなどの携帯電話会社にて取得することができます。ソフトバンクなどのキャリアはMNP予約番号取得用の電話番号があります。

シングルタイプでデータ通信のSIMカードのみを申し込む場合は本人確認書類は必要ありません。

機種変更の流れ・方法

WEBで行う場合
MNPを利用する場合は予約番号をとる
公式サイトにてプランや端末を選ぶ
音声通話ありとなしを選ぶ
データ容量を決める
料金シュミレーションで確認する
オプションを選ぶ
キャンペーンを確認する
必要事項を入力する
免許証などの必要な書類をアップロードする
1週間ほどでSIMカードや端末が届く
端末の設定をする
店舗で行う場合
MNPを利用する場合は予約番号をとる
公式サイトにてプランや端末を選ぶ
音声通話ありとなしを選ぶ
データ容量を決める
プランが正しいかとスタッフと相談をする
オプションを選ぶ
キャンペーンを確認する
必要書類を提出する
即日受け取りができます。

機種変更時の注意点

キャリアメールアドレスが使えなくなる

もしこれまでソフトバンクなどのキャリアを使っていた場合、今までのメールアドレスを利用できなくなります。前もってフリーメールであるyahooやgmailなどを取得しましょう。

mineo(マイネオ)の販売機種一覧はこちら

変更機種を自分で購入する(mineo以外に変更する)場合

機種変更のやり方
MNPを利用する場合は予約番号をとる
公式サイトにてプランや端末を選ぶ
音声通話ありとなしを選ぶ
データ容量を決める
料金シュミレーションで確認する
オプションを選ぶ
キャンペーンを確認する
必要事項を入力する
免許証などの必要な書類をアップロードする
1週間ほどでSIMカードや端末が届く
端末の設定をする
店舗で行う場合
MNPを利用する場合は予約番号をとる
プランや端末を選ぶ
音声通話ありとなしを選ぶ
データ容量を決める
料金シュミレーションで確認する
オプションを選ぶ
キャンペーンを確認する
必要書類を提出する
即日受取ができます

機種選びの際の注意点

SIMカードの種類

Mineo(マイネオ)では機種変更時にmineoの端末以外にも、現在使っている端末や他の会社の端末を利用することができます。方法はSIMカードのみを購入し、差し込むだけなのですがSIMカードは3種類あり、対応していないケースがあります。これから利用をしようとしている端末がmineoに適応しているかどうかを確認するようにしてください。

ドコモ回線とau回線を選べるため対応している端末は多いのですが、注意が必要です。

また、SIMロックがかかっている端末はSIMロックを解除して利用する事が多いです。

mineo(マイネオ)のau・動作確認済み機種一覧はこちら

mineo(マイネオ)のdocomo・動作確認済み機種一覧はこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク