mineo(マイネオ)は、ケイ・オプティコム(関西電力グループ)がドコモ回線とau回線を使用して提供している格安SIMサービスです。料金プランは、ドコモ回線の「Dプラン」とau回線の「Aプラン」、データ通信のみの「シングルタイプ」と音声通話とデータ通信の「デュアルタイプ」、データ容量は500MBから30GBの中から選ぶことができます。「マイネ王」など、ユーザーサポートの充実度の高さに定評があるMVNOです。

mineo(マイネオ)でMNP手続きする方法

mineo(マイネオ)のMNP手続きは、自身でMNP転入切替をしてから、初期設定に移ります。 MNP転入切替は、公式サイトから行います。 初期設定は公式サイトからそのまま行うか、最寄りのmineoショップまたはmineoサポート店にて 受け付けています。

転入時の注意点

他の携帯電話会社からMNP転入をmineo(マイネオ)にする場合、解約の時期によっては元の携帯電話会社に解約手数料を支払う可能性があります。解約手数料は、ドコモやソフトバンクやauのキャリア携帯会社では9,500円(税抜)となっています。

解約手数料が発生しない場合でも、MNP転出手数料として、ドコモなら2,000円(税抜)、ソフトバンクauであれば3,000円(税抜)が発生します。他にも端末の分割購入代金の残額があるようなら、解約時に精算することになります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク

mineo(マイネオ)へMNPで転入する場合

ここからは、mineo(マイネオ)へMNP転入するための手続きについて解説します。

⇨mineo(マイネオ)のMNP転入方法

事前に必要な手続き

mineo(マイネオ)へのMNP転入は、MNP予約番号の取得からスタートします。 以下の表にMNP予約番号の取得方法をまとめています。 格安SIMサービスへのMNP予約番号の取得方法は、それぞれのMVNOの公式サイトで確認することをオススメします。

MNP予約番号の取得の際には、利用中のスマートフォン端末と本人確認書類 (運転免許証やパスポートなど)を用意してください。

受付電話番号WEB受付窓口受付時間
NTTドコモ151(携帯電話からの場合)0120-800-000(固定電話からの場合)i-menuから料金&お申込み 設定(iモード)My docomoへのログイン(パソコン)9時から20時まで(電話)24時間(WEB)
au0077-75470EZweb→TOP→auお客様サポート→申し込む/変更する9時から20時まで(電話)9時から21時30分(WEB)
ソフトバンク5533(携帯電話からの場合)0800-100-5533(固定電話からの場合)Yahoo!ケータイ→TOP→設定・申込(My SoftBank)→各種変更手続き9時から20時まで(電話)9時から21時30分(WEB)

mineo(マイネオ)へのMNP転入の手続きをする前に、次のようなものを準備しておきましょう。

  • MNP予約番号
  • クレジットカード(本人名義)
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • 連絡可能なメールアドレス(パソコンまたは携帯電話)
  • eoIDとパスワード

MNP転入予約の流れ

mineo(マイネオ)へのMNP転入予約は、まず最初にドコモやauなどの元の携帯電話会社へのMNP予約番号の取得手続きをします。MNP予約番号が取得できましたら、mineoの公式サイトの「切替手続き」を参照しながら「MNP転入切替」を行います。

「MNP転入切替」は、mineoのマイページを開いてから、eoIDとパスワードを入力してログインします。

続いて、「登録状況の変更・サポート」より「MNP転入切替」を選びます。画面が切り替わったらお手元のSIMカードに記されている「ICCID/製造番号」の下4桁を入力してから「回線切替」をタップまたはクリックします。

その後、登録したメールアドレス宛に「回線切替受付メール」が届きます。 メールが届いてから30分ほどで回線が切り替わりますので、スマートフォンの電源を入れてから 「111」(無料)に電話をかけます。ガイダンスが確認できましたら手続きが完了となります。

MNP転入切替の完了後は、自身で初期設定をするか、mineoショップもしくはmineoサポート店の店頭にて初期設定をしてもらいます。店舗での初期設定サポートには1,000円(税抜)がかかります。

転入手続きの方法

mineo(マイネオ)への転入手続きは、mineoのマイページまたは、mineoショップやmineoサポートの店舗で行います。mineoショップは東京の渋谷と秋葉原、浜松と名古屋、大阪と難波と神戸にあります。mineoサポートには、日本全国のヨドバシカメラやパソコン工房などから探すことができます。

⇨mineo(マイネオ)のショップ一覧はこちら

転入時の注意点

MNP予約番号の有効期限は予約してから15日以内です。 必ずその期限内にmineoのMNP転入手続きを済ませてください。 有効期限を過ぎたMNP予約番号は無効となります。

mineoの新規契約時には、契約事務手数料3,000円(税抜)と、Aプランを選択した場合にはSIMカード発行手数料406円(税別)がかかります。Dプランを選んだ場合にはSIMカード発行手数料は掛かりません。

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク

mineo(マイネオ)からMNPで転出する場合

ここからは、mineo(マイネオ)から他社にMNPで転出する際の手続きを解説していきます。

⇨mineo(マイネオ)のMNP転出方法

事前に必要な手続き

mineo(マイネオ)のMNP転出は、マイページからMNP予約番号を取得後、新たな携帯電話会社と新規契約をします。新規契約の際には本人確認書類やクレジットカードなどを準備しておく必要があります。

MNP転出手続きの流れ

マイページにログイン後、MNP予約番号発行(MNP転出)を選択し、指示に従って手続きを進めることで、MNP予約番号が取得できます。MNP予約番号の有効期限15日以内に、次に利用する携帯電話会社との新規契約手続きを済ませたら完了です。

転出手続きの方法

mineo(マイネオ)のMNP転出手続きは、マイページのみで受け付けています。

転出時の注意点

mineo(マイネオ)から他社へのMNP転出の際には、MNP転出手数料がかかります。MNP転出手数料は、利用開始から12ヶ月以内の解約の場合には、12,420円(税込)、13ヶ月目以降の解約では2160円(税込)となっています。

mineo(マイネオ)のMNPを行う方へアドバイス!

ここからは、mineo(マイネオ)にMNP転入をする方のための有益なアドバイスとして、「空白期間」と「違約金」について記していきます。

空白期間を極力無くす方法

mineo(マイネオ)へのMNP転入の際には、利用開始までの空白期間が存在する可能性があります。空白期間を極力無くす方法として、即時開通が可能なmineoショップを利用するやり方があります。即時開通が可能なmineoショップは、mineoの公式サイトの「店舗」から検索することができます。

⇨mineo(マイネオ)の店舗一覧はこちら

違約金を発生させない方法

mineo(マイネオ)にMNP転入する場合、元の携帯電話会社との間に違約金(解約手数料)が請求されることもあります。違約金の発生を防ぐためには、契約が満了する月とその翌月の間に解約する必要があります。ただし、MNP転出手数料はかかりますのでご注意ください。MNP転出手数料は、ソフトバンクやauが3,000円(税抜)、ドコモが2,000円(税抜)です。

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク