mineo(マイネオ)のまとめ

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク

mineoはドコモ回線とau回線の両方に対応したマルチキャリアの格安SIMです。

mineoの料金プランはデータ通信専用SIMなら700円から、音声通話SIMなら1,310円から利用できます。

料金は特別安い訳ではありませんが、他社にはないユニークなサービスを多数展開しており、高い人気を誇ります。

口コミでも、

  • マイネ王は楽しいし、困った時に助かる
  • フリータンクなら無料でデータ通信量をもらえる
  • 家族割引で単体契約よりお得になった

といったように、mineo独自のサービスに関する評価が高いです。

通信速度はお昼など混雑しやすい時間帯は遅くなりますが、それ以外の時間帯は比較的安定しています。

mineo(マイネオ)とは?

mineoは関西電力グループのケイ・オプティコムが手掛ける格安SIMで、ドコモとauの両方の回線に対応しています。とくにau回線の格安SIMは種類が少ないため、au回線を利用したい人にとっては貴重な格安SIMと言えます。

ケイ・オプティコムが運営している光回線「eo光」が関西地方で高い知名度を誇っていることや、積極的にテレビCMを放映していることもあってmineoも格安SIMとしては高い知名度と人気を誇ります。

mineoの公式ページはこちら

mineo(マイネオ)の通信速度

格安SIMを利用する上で気になるのが通信速度です。 いくら価格が安くても、通信速度が遅すぎて使い勝手が悪いのでは意味がありませんからね。

通信速度はMVNOも公表しています。

しかし、実際には公表されている速度だけでは本当に速いかどうかが分からないこともあります。

そこで、mineoの通信速度について詳しく知るために

  • mineoの公式が発表している理論値
  • 実際に3か月間計測したmineoの通信速度データ
  • 気になるmineoの通信制限について

上記の3つを見ていきましょう。

mineo(マイネオ)の通信速度の理論値

mineoが公表している通信速度は以下の通りです。

au回線ドコモ回線
下り速度最大708MbpsXi:最大788Mbps
FOMA:最大14Mbps
上り速度最大50MbpsXi:最大50Mbps
FOMA:最大5.7Mbps

ただし、これはあくまでも理論値であり、実際にこれだけの速度がでることはありません。大事なのは実際に利用して計測した実測値です。

mineo(マイネオ)の実際の通信速度《3か月間計測してみた》

mineo(Dプラン)を実際に3ヶ月利用し、速度を計測した結果は以下の通りです。なお、単位はすべてMbpsです。

10:00計測12:30計測17:00計測
1月10.890.739.47
12月9.110.662.83
11月11.480.7310.03
  • 3Mbps以上:動画が快適に閲覧できるレベル
  • 1Mbps以下:インターネットが快適に利用できるレベル
  • 0.5Mbps以下:メールやLINEが快適にできるレベル

mineoの通信速度を見ると、お昼になると通信速度が遅くなる傾向にあるのが分かります。500Kbps(0.5Mbps)以上は出ているので全く使えないということはありませんが、動画視聴などは難しいでしょう。

それ以外の時間帯については10Mbps前後の速度が出ており、比較的快適に利用できます。

mineo(マイネオ)の通信制限はどうなの?

mineoではプランごとに決められたデータ通信量を使い切ると速度制限がかかります。この場合の速度制限は翌月に解除されます。

また、Aプランのみ直近3日間で6GB以上の通信を行うと一時的に速度制限がかかります。条件が緩いためよほど使わないと制限がかかることはありませんが、直近3日間の制限があることは覚えておきましょう。

Dプランの場合は直近3日間の速度制限はありません。

容量の追加チャージが可能

mineoでは速度制限にかかっても100MB/150円でデータ容量を追加チャージできます。一度に購入できるのは1GBまでで、1ヶ月につき15GBまでチャージ可能です。

追加チャージはマイページから行います。

マイページから追加する方法

  1. マイページにログイン
  2. 「パケットチャージ」をタップ
  3. チャージするデータ通信量を選び、「今すぐチャージ」をタップ
  4. 「決定」をタップ

マイページもしくは専用アプリでこまめに容量を確認しよう

mineoではマイページもしくは専用アプリ「mineo スイッチ」からデータ通信量を簡単に確認できます。

とくにmineoスイッチの場合、ウィジェットをスマホのホーム画面に置いておけば、アプリを起動することなくいつでも容量を確認できます。

こまめにデータ通信量を確認し、速度制限にかからないように気を付けましょう。

mineo(マイネオ)の料金プラン・月額・初期費用

mineoの料金プランはau回線を利用するAプランとドコモ回線を利用するDプランに分かれています。

用意されているデータ通信量はどちらも同じですが、音声通話SIMの月額料金はAプランのほうがDプランの同容量の料金と比べて90円安いです。

また、Aプランではデータ通信専用SIMでもSMSが無料で使えます。それに対して、DプランではSMSを利用する場合は別途月額120円のオプション料がかかります。

mineo(マイネオ)の料金プラン一覧

Aプラン(au回線)

データ通信量データ通信専用SIM音声通話SIM
500MB700円1,310円
1GB800円1,410円
3GB900円1,510円
6GB1,580円2,190円
10GB2,520円3,130円
20GB3,980円4,590円
30GB5,900円6,510円

⇒mineo(マイネオ)の料金プラン(Aプラン)を公式HPで確認

Dプラン(ドコモ回線)

データ通信量データ通信専用SIM音声通話SIM
500MB700円1,400円
1GB800円1,500円
3GB900円1,600円
6GB1,580円2,280円
10GB2,520円3,220円
20GB3,980円4,680円
30GB5,900円6,600円

⇒mineo(マイネオ)の料金プラン(Dプラン)を公式HPで確認

mineo(マイネオ)のオプション一覧

  • フリータンク
  • パケットギフト
  • パケットシェア
  • パケットチャージ
  • メールアドレス
  • mineoでんわ
  • 10分かけ放題
  • 通話定額30
  • 通話定額60
  • スマート留守電
  • LaLa Call
  • ウィルスバスターモバイル月額版
  • 安心フィルタリング
  • メールウィルスチェックサービス
  • スマホ操作アシスト
  • 訪問サポート
  • 端末安心保証サポート
  • 持込み端末安心保証サービス
  • mineo安心パック2
  • 安心バックアップ
  • ジュニアパック
  • シニアパック

mineo(マイネオ)契約時の初期費用

mineoを契約する際には契約事務手数料SIMカード発行手数料が必要です。

契約事務手数料はAプラン・Dプランともに3,000円です。SIMカード発行手数料はAプランだと406円、Dプランだと394円です。

mineo(マイネオ)の評判・口コミ

総合満足度料金プラン通信速度
★★★★★★★★★★★★★★★

mineoはとくに満足度が高い格安SIMの1つです。プランは500MBから30GBまで幅広く用意されており、幅広い人が利用できます。フリータンクやマイネ王、家族割など他の格安SIMにはないサービスを多数展開している点も評価されています。

通信速度はお昼の時間帯は遅いですが、それ以外の時間帯では比較的速い速度が出ているので、どの時間帯に一番スマホを使うかで評価が分かれています。

mineo(マイネオ)の《良い》評判と口コミ

  • 月額料金が大幅に安くなった
  • ドコモとauの両方の回線に対応しているので使える端末が多い
  • ユーザーが交流するコミュニティ「マイネ王」が便利
  • アプリで通信速度を簡単に切り替えられる
  • フリータンクを利用してユーザー全員でパケットを分け合える
  • 家族割引や複数回線割引がある

mineo独自のサービスを多数展開

mineoは「マイネ王」や「フリータンク」など他社にはない独自のサービスを多数展開している点が評価されています。

マイネ王はmineoのユーザー同士が交流できるコミュニティサイトです。気軽に質問・相談できるQ&Aや掲示板があり、ユーザー同士が活発に交流しています。他のユーザーと交流できるサービスがある格安SIMはあまりありません。

フリータンクはmineoユーザー全員でパケットを分け合える仕組みです。全ユーザー共有のパケットの貯蔵庫のようなものがあり、そこに余ったデータ通信量を入れたり、逆に足りなくなった時に毎月最大1GBまでデータ通信量をもらったりすることができます。しかも無料です。

最近では格安SIMの事業者が増え、競争が激しくなっています。そういった状況でも高い人気を誇るのは独自のサービスを展開しているmineoだからこそですね。

格安SIMとしては珍しく家族割引や複数回線割引がある

mineoは格安SIMとしては珍しく家族割引複数回線割引が用意されています。

家族割引は家族で回線を契約した際に、1回線につき月額料金が50円割引されます。最大5回線まで適用されるので、家族全員で乗り換える際にお得です。

複数回線割引は1契約で複数の回線を契約した際に、1回線につき月額料金が50円割引されます。家族割引と違い、1人で複数回線した際にも適用されるので、サブ端末でもmineoのSIMカードを利用したい人におすすめです。

格安SIMで家族割引や複数回線割引を実施しているものは少ないので、家族で乗り換えてお得に利用したい場合は貴重な選択肢と言えますね。

mineo(マイネオ)の《悪い》評判と口コミ

  • お昼の通信速度が極端に遅い
  • チャットと電話のサポートが良くない

簡単なサポートならチャットや電話よりもマイネ王のほうがおすすめ

mineoの悪い口コミを見ていると、チャットや電話のサポートがあまり良くないというものが多いです。あまりコストをかけられないのも分かりますが、担当者によって態度や内容が異なるというのは困りますね。

mineoの場合、簡単なサポートであれば電話やチャットよりもさきほどの「マイネ王」を利用するのがおすすめです。

同じmineoの利用者が相談に乗ってくれたり、わからないことを教えてくれたりします。マイネ王はかなり活発なコミュニティなので、公式サポートよりも対応が早いこともあります。

mineo(マイネオ)のSIMカードについて

mineoを利用する際にはSIMカードのサイズに気を付けま しょう。SIMカードサイズが異なると端末に挿すことができず、mineoを利用することができません。

事前に自分の端末の対応SIMカードサイズを確認しておき、それに合ったSIMカードサイズを選びましょう。

mineo(マイネオ)で利用できるSIMカードのサイズは?

mineoで利用できるSIMカードサイズはAプランとDプランで異なります。

Aプランはmicronanoの2種類です。また、AプランのSIMカードはau VoLTEに対応したVoLTE SIMと、au VoLTE非対応の非VoLTE SIMの2種類があります。このうち、VoLTE SIMは切り取り方によってmicroとnanoのどちらの形状にも対応できるタイプです。

Dプランは標準micronanoの3種類があります。

mineo(マイネオ)でのサイズ変更方法と費用

万が一SIMカードのサイズを間違えた場合は変更をすることができます。SIMカードサイズの変更はマイページの「SIMカード変更・再発行」から可能です。

ただし、SIMカードサイズを変更する際はSIMカード再発行手数料2,000円とSIMカード発行料(Aプランは406円、Dプランは394円)がかかります。

mineo(マイネオ)をiPhoneで使用したい

mineoでもiPhoneを利用できます。

SIMフリー版はもちろん、大手キャリアのiPhoneも利用できます。また、2018年2月からはmineoでもiPhoneのセット販売を取り扱うので、ますますiPhoneが使いやすくなります。

ただし、AプランとDプランによって使えるiPhoneや条件が異なります。必ず、自分が利用予定のプランに合わせて確認してください。

mineo(マイネオ)で使用可能なiPhoneの機種

  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c

au・docomo・softbankのiPhoneを使える?

mineoでは** au・docomo・softbankのiPhoneも使えます。**

ただし、プランによって条件や機能が異なります。

Dプランの場合、docomoのiPhoneであればSIMロック解除せずにそのまま使えます。auおよびSoftbankのiPhoneは6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusに限り、SIMロック解除をすれば利用可能です。

少しやっかいなのはAプランです。Aプランはau回線を利用するプランですが、auのiPhoneを使う場合でも端末によってSIMロック解除の有無が異なります。

まず、iPhone 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 PlusでVoLTE SIMを利用する場合はSIMロック解除が必要になります。

iPhone 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusでも、非VoLTE SIMを利用する場合はSIMロック解除不要です。また、6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plus以外のiPhoneで利用する場合もSIMロック解除する必要はありません。

このように、6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusをau VoLTE SIMで使う場合はAプランであってもSIMロック解除が必要です。

docomo、SoftbankのiPhoneについても6s以降はSIMロック解除が必要です。

AプランではiPhoneのテザリングができない

さらに、AプランでiPhoneを利用する際に注意したいのはテザリングができないことです。

SIMフリー版・キャリア版問わず、すべてのiPhoneでテザリングが不可能です。

DプランではすべてのiPhoneでテザリングができるので、iPhoneでテザリングをしたい場合はDプランを選びましょう。

mineo(マイネオ)でのiPhoneの取り扱いについて

※iPhoneは完売しました!また販売が行われる可能性もありますので、情報は随時チェックしておきましょう!

これまでmineo(マイネオ)ではiPhoneの取り扱いがありませんでした。しかし、2018年2月15日からはiPhone 7とiPhone 7 Plusの取り扱いを開始します。

機種名容量カラー一括分割
iPhone 7128GBレッド78,000円3,250円
256GBシルバー
ローズゴールド
87,600円3,650円
iPhone 7 Plus128GBレッド89,400円3,725円
256GBブラック99,600円4,150円

※ 2018年2月現在

他の格安SIMではiPhone 6sやSEしか扱っていないため、iPhone 7 / 7 Plusが購入できるのはかなり貴重です。しかもAppleオンラインストアで購入できないレッドカラーや256GB版まで用意されています。

本体価格についてはやや高いですが、通常では購入できない機種があるのは魅力的ですし、今後は発売を記念したセールや割引が行われる可能性もあります。

mineo(マイネオ)の最新おすすめ機種

mineoではiPhoneの他にも多数のスマホセットを取り扱っています。

ここでは、mineo(マイネオ)で購入できる端末のうち、最新かつおすすめのものをまとめました。

mineoおすすめ機種販売価格おすすめポイント
AQUOS sense lite 33,000円防水とおサイフケータイ対応
Zenfone456,400円高性能なデュアルレンズカメラ搭載
HUAWEI P10 lite27,600円20,000円台で購入できる圧倒的コスパの良さ
Zenfone4 Selfie Pro42,600円インカメラデュアルレンズので自撮りに特化
arrows M0431,800円防水、おサイフケータイ、ワンセグ対応

※ 2018年2月現在

⇒mineo(マイネオ)の販売機種を公式HPで確認

mineo(マイネオ)の申込方法

mineoは公式サイトもしくは即日受渡カウンター(店舗)から申し込めます。ただ、店舗数はあまり多くなく、地方などでは店舗がないことも多いので、基本的には公式サイトから申し込むのがおすすめです。

mineo(マイネオ)申込時の必要書類

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号(MNPを利用する場合)

mineoの料金支払いはクレジットカードが原則です。ただし、ケイ・オプティコムの光回線サービス「eo光」を利用しており、なおかつ支払方法を口座振替にしている場合のみmineoでも口座振替が利用できます。その場合、クレジットカードは必要ありません。

mineo(マイネオ)申込時の注意点

mineo(マイネオ)を申し込む際は以下の点に注意しましょう。

  • SIMカードのサイズを間違えないようにする
  • MNPをする場合は、MNP予約番号の有効期限を確認する
  • AプランとDプランの違いを理解しておく
  • 端末がmineo(マイネオ)に対応しているか事前に確認する
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク