LINEモバイルのメリット・デメリットついてのまとめ

LINEモバイルは、LINE株式会社が提供しているMVNOです。現代において、「LINE」というアプリ名を知らない人は少ないと言えるでしょう。

そんなLINEが開発したLINEモバイルには、それぞれ3つのメリットとデメリットがあります。

今回は、LINEモバイルにあるメリットとデメリットをまとめました!

会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ

LINEモバイルのメリット

LINEモバイルのメリットは、下記3つです!

  • LINEをはじめとする主要SNSのデータカウントがフリー
  • LINEアプリを使ってマイページにアクセスできる
  • LINEアプリでAIが質問に答えてくれるヘルプ機能がある

LINEモバイルのデメリット

LINEモバイルのデメリットは、下記3つです!

  • マルチキャリア非対応
  • 違約金が9,800円と300円高い
  • LINE専用のメールアドレスは取得できない

LINEモバイルのメリットとは?

LINEモバイルのメリットは、何と言ってもSNSカウントフリー機能!加えて、LINEアプリを使った便利な機能やサポートを備えています。

LINEを利用すればデータ消費ゼロなので、高速通信料を節約したい方にとってとても嬉しいメリットが多いです。

LINEモバイルのメリット①SNSのカウントフリー機能

スマホが普及している現在、LINEモバイルではLINEをはじめとした

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

上記のデータカウントがフリーになる機能をプランに搭載。

LINEフリープランなら、LINEのみ。MUSIC+プランなら、上記のSNSに加えてLINE musicのデータ消費もフリーです。

SNSを頻繁に利用する方にとって、とても嬉しい機能ですね!

LINEモバイルのメリット②LINEと連携できるマイページ

LINEモバイルには、マイページに簡単にアクセスできる専用のアプリはありません。

しかし、LINEモバイルの公式アカウントをともだち登録して簡単な設定を行うと、マイページに直結できるようになります。

LINEモバイルならLINE ID検索が利用できるため、ともだち登録が簡単に進みます。

LINEモバイル公式アカウントのともだち登録を行ってください。

契約者連携というメニューがあるのでタップしたあと、LINEモバイルで利用しているIDとパスワードを入力します。

すると、普段使っているLINEから簡単にマイページへアクセスすることが可能なのです。

LINEとLINEモバイルのマイページを連携させることで、データ消費ゼロになるため高速通信量の節約にもつながります。

LINEモバイルのメリット③LINEの個人チャットで利用できる自動応答

LINEモバイルには、自動応答(AI)によるカスタマーサポートを受けられます。

「今すぐ確認したいことがあるのに、カスタマーセンターの受付時間外だから連絡が取れない」といったことを大幅に激減させてくれる機能です。

LINEモバイルの個人チャットページを開き、普段のように確認したいことや質問したいことをメッセージに乗せて送るだけ!いつでもどこでも、確認したいことや質問したいことを聞くことが可能です。

受付時間はないため、夜中にメッセージ送信をしてもすぐに返事が来てくれるのは嬉しいですね!

メリットの内容を3~5つ記載してください 【主な観点】 ・プラン(他車比較の料金、プランの種類) ・契約面(手続きのやりやすさ) ・その他(機種の充実度、サポート面、通信速度 等)

LINEモバイルのデメリットとは?

LINEモバイルのデメリット①docomo回線のみ利用している

docomo回線とau回線、docomo回線とsoftbank回線のように、マルチキャリアに対応しているMVNOが増えつつあります。

しかし、LINEモバイルはdocomo回線のみ利用できるMVNOです。docomo以外の携帯キャリア会社で購入した端末はSIMロック解除が必要になります。

SIMロック解除については、最寄りにあるキャリアの店舗やカスタマーセンターにて確認してみてください!

LINEモバイルのデメリット②違約金が9,800円と高い

LINEモバイルには、通話SIMの場合のみ12ヶ月の最低利用期間があります。

この最低利用期間内にLINEモバイルを解約すると、9,800円の違約金が発生します。

LINEモバイルを解約する際は、最低利用期間がすぎているかご確認ください。最低利用期間がすぎている場合、いつ解約しても0円です。

LINEモバイルのデメリット③LINEドメインのメールアドレスがない

MVNOの中には、メールアドレスの取得ができるところもあります。しかし、LINEモバイルはLINE ドメインのメールアドレスがありません。

LINEモバイルを利用する場合、LINEを使ったやりとりを前提に提供されています。

どうしてもメールアドレスが必要な場合は、GoogleやYahoo!といったフリーメールアドレスを取得することでメールの送受信を楽しむことが可能です。

LINEモバイルの公式ブログはこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ

⇒LINEモバイルに関して詳しくはこちら!