格安SIMでも電話番号を新規取得できる

格安SIMでも、大手キャリアと同様に電話番号を新規取得することができます。

以前はデータ通信しかできない格安SIMが多くありました。しかし、最近では格安SIMの知名度が高くなり、大手キャリアから乗り換える人も増加しています。

そのため大多数の格安SIMで音声通話に対応し、電話番号を新規取得できるようになっています。

また、インターネット回線を利用して電話を行う「IP電話」というサービスもあり、データ通信しかできない格安SIMでも電話番号の新規取得が可能になっています。

格安SIMで使える電話番号と新規取得する方法

格安SIMで使える電話番号には大きく分けて以下の2つがあります。

  • 070/080/090から始まる電話番号
  • 050から始まる電話番号

070/080/090から始まる電話番号

070/080/090から始まる電話番号は音声通話SIMを契約している人が使える電話番号です。通常の電話回線を利用した通話が可能な番号で、大手キャリアを契約した際にもこの番号がもらえます。

以前は携帯電話の番号は090から始まるのが一般的でしたが、利用者の増加にしたがって番号が足りなくなり、090に加えて080から始まる番号が使われるようになりました。そして、最近では080も少なくなってきたということで070から始まる電話番号も使われ始めています。

090、080、070、どの番号から始まっていても使い方や機能は全く同じなので安心してください。

050から始まる電話番号

050から始まる電話番号はインターネット回線を利用して電話を行う「IP電話」で使われる電話番号です。電話回線を利用しないため、データ通信専用SIMでも取得できるのが050番号の大きな特徴です。

基本的な使い勝手は070/080/090番号と同じで、携帯電話や固定電話とも通話をすることができます。

050番号(IP電話)のメリット

050番号(IP電話)には以下のようなメリットがあります。

  • 通話料が安い
  • データ通信専用SIMで使えるので、音声通話SIMを利用するより安くなる
  • メインの電話番号とは別にもう1つ電話番号が持てる

050番号最大のメリットは通話料が安いことです。例えば、050番号が取得できるIP電話サービスの1つである「IP-Phone SMART」の通話料は8円/30秒で、070/080/090番号の通話料20円/30秒より60%も安いです。

しかも050番号はデータ通信専用SIMでも取得できます。音声通話SIMより月額料金が安いデータ通信専用SIMを契約し、さらに通話料が安い050番号を利用することで、音声通話SIMを契約するよりも毎月の携帯代を大幅に削減できます。

また、050番号は音声通話SIMを利用している人でも当然取得できます。そのため、メインの電話番号とは別にもう1つの電話番号を予備として持っておくことも可能です。

050番号(IP電話)のデメリット

さまざまなメリットがある050番号(IP電話)ですが、一方で以下のようなデメリットもあります。

  • 回線の状態によっては通話品質が悪くなる
  • データ通信量を消費する
  • フリーダイヤルや緊急番号など一部の番号に発信できない

050番号はインターネット回線を利用して通話を行います。そのため、回線が混雑していたり、そもそも通信速度が遅かったりすると通話品質が悪くなります。

さらに、インターネット回線を利用するため、Wi-Fiに接続していない状況ではデータ通信量を消費します。長時間電話をすると通話料が高くなるだけでなく、データ通信量を使い切ってしまう恐れもあります。

また、050番号からはフリーダイヤルや緊急番号(110や119)に発信することができません。とくに緊急番号は普段ほとんどかけませんが、いざという時にかけられないのは不安です。

データ通信専用SIMで050番号を利用する際は、このようなデメリットがあることを覚えておきましょう。

格安SIMで電話番号を取得する方法

続いて、それぞれの電話番号を取得する具体的な方法を見ていきましょう。

070/080/090番号を使うには音声通話SIMを契約する

070/080/090番号を使うには音声通話機能がついているSIMカード、いわゆる「音声通話SIM」を契約する必要があります。データ通信専用SIMでは070/080/090番号を取得できません。

現在データ通信専用SIMを契約している場合は音声通話SIMに変更することで070/080/090番号を新規取得できます。

ただし、データ通信専用SIMから音声通話SIMに変更する際は手数料がかかりますし、そもそも変更自体ができない格安SIMも多いです。

050番号を取得するにはIP電話サービスを契約する

050番号を取得するには格安SIMの契約とは別にIP電話サービスを契約する必要があります。代表的なIP電話サービスとしては以下のようなものがあります。

  • 050 Plus
  • G-Call050
  • IP-Phone smart
  • LALA Call
  • Skype番号

各サービスによって月額料金や通話料などが異なりますが、いずれも契約することで050番号が取得できます。

050番号を標準で取得できる格安SIMもある

格安SIMの中には標準で050番号がもらえるものがあります。

標準で050番号がもらえる主な格安SIMは以下の通りです。

  • TONEモバイル
  • 楽天モバイル(050データSIMのみ)

これらの格安SIMなら契約するだけで050番号がもらえます。月額料金はかかりませんし、別途IP電話サービスを申し込まなくて済むので楽ですね。

会社名SIM料金利用回線申し込み
1,000円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜
ドコモ
au

格安SIMで電話番号を新規取得する際の注意点

格安SIMでも電話番号を新規取得できるということが分かりましたが、その際にはいくつか注意点があります。

電話番号は選べない

格安SIMで新規取得する電話番号は選ぶことができません。070/080/090のどの番号から始まるかも、それ以降の番号も一切選べません。

050番号の場合は番号の一部を指定できたり、複数の候補の中から好きなものを選べたりしますが、自由に選択できるわけではないので気を付けましょう。

格安SIMの中には音声通話SIMがないものもある

070/080/090番号を利用するには音声通話SIMを契約しないといけません。今ではほとんどの格安SIMで音声通話SIMが用意されていますが、中にはデータ通信専用SIMしか用意されていないものもあります。

そういった格安SIMでは070/080/090番号を取得できません。音声通話SIMのある格安SIMに変更するか、050番号を利用することになります。

自分の使い方に合わせて電話番号を取得しよう

今回は格安SIMで使える電話番号の種類と、電話番号を新規取得する方法を解説しました。最近では音声通話に対応した格安SIMが増えており、大手キャリアと同様070/080/090から始まる電話番号を新規取得することができます。

また、データ通信専用SIMでも050から始まる電話番号を取得することができます。050番号は通話料が安いというメリットがある一方、通話品質が安定しない、一部の電話番号にかけられないというデメリットがあります。

自分の状況に合わせて、最適な電話番号を取得するようにしましょう。

会社名SIM料金利用回線申し込み
1,000円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜
ドコモ
au