格安SIMの解約方法や注意点

格安SIMの解約方法は、公式サイトからの手続きが主なやり方です。中にはワイモバイルやイオンモバイルのように、店舗にて解約手続きを受け付けているところもあります。

MVNO月額料金(最安値・税抜)対象サービス解約違約金(税抜)
楽天モバイル525円組み合わせプラン・通話SIM9,800円
UQモバイル980円音声通話プラン9,500円
ワイモバイル1,980円スマホプランS/M/L9,500円
IIJmio900円音声通話機能付きSIM・みおふぉん(12ヶ月-利用月数)×1,000円
イオンモバイル480円すべてのプラン0円
(MNP転出手数料がかかる場合あり)
mineo700円すべてのプラン0円
(MNP転出手数料がかかる場合あり)
DMMモバイル440円通話SIM9,000円
LINEモバイル500円音声通話SIM9,800円

今回は、格安SIMの解約に関して詳しく説明していきます。

格安SIMの解約手続きの流れ

格安SIMの解約手続きの流れは以下のようになっています。

1.準備するもの

解約手続きの前に準備するものとして、格安SIMの公式サイトにログインするための「パスワード」と「ログインID」と「SIMカード」があります。

2.公式サイトへのログイン

続いて格安SIMの公式サイトから、先程準備したログインIDとパスワードを入力してログインします。万が一ログインIDやパスワードを忘れてしまった場合には、公式サイトのお問い合わせフォームを利用するか、カスタマーセンターへの電話で尋ねる方法があります。

3.解約手続き

公式サイトに設置されている「解約手続き」にて、解約に関するアンケートの答えや、「いつ解約するのか?」などを入力します。

4.SIMカードの返却

使用しなくなったSIMカードを郵送にて返却します。解約の手続きが完了した際に送り先が指示されるものと思われます。もしも紛失してしまった場合には、その旨を必ず連絡しましょう。

店舗での解約手続き

格安SIMの中には、ワイモバイルやイオンモバイルなど、実店舗を持つMVNOもあります。詳細は公式サイトで確認の上、問い合わせをしてみることをおすすめします。

端末購入とセットの場合

SIMカードとスマートフォン端末の購入がセットとなっている契約の場合、SIMカードの解約手続きの時点で、端末代金の残りを全額支払う必要があります。例えば24回の分割払いにて10ヶ月で解約した場合には、残りの14回分を一括で支払うということです。

楽天モバイルを解約したい!

楽天市場でおなじみの楽天が提供するドコモ回線を使った格安SIMサービスです。日本全国にて「楽天モバイルショップ」が展開されています。楽天モバイルでは、1ヶ月以上利用したデータ通信SIMには契約解除料は発生しません。

通話SIM(組み合わせプラン)の場合には、12ヶ月の最低利用期間内に解約した際に、契約解除料として、9,800円(税抜)を支払うことになります。

それから、「スーパーホーダイ」にて、最低利用期間24ヶ月の契約を結んだ場合、12ヶ月以内の解約の契約解除料が19,800円(税抜)、13ヶ月から24ヶ月の間に解約した際に9,800円の契約解除料となります。

スーパーホーダイで最低利用期間が36ヶ月で契約した場合には、12ヶ月以内の解約の契約解除料が29,800円(税抜)、13ヶ月から24ヶ月以内の解約の契約解除料が19,800円(税抜き)、25ヶ月から36ヶ月以内の契約解除料が9,800円となります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ

UQモバイルを解約したい!

KDDIグループのUQモバイルは、au回線を使用した格安SIMサービスです。店舗「UQスポット」を全国で展開しています。UQモバイルでは、データ通信SIMのみの契約の場合には、最低利用期間が設定されていません。

「データ通信+音声通話プラン」や「データ無制限+音声通話プラン」の最低利用期間12ヶ月以内で解約した際には、契約解除料9,500円(税抜)が発生します。

続いて、「ぴったりプラン」と「おしゃべりプラン」を最低利用期間の25ヶ月間以内に解約した場合、こちらも契約解除料9,500円の支払いが必要です。

会社名SIM料金利用回線申し込み
980円〜au

ワイモバイルを解約したい!

ワイモバイルは、ソフトバンク回線を使用した格安SIMサービスです。公式サイトの他、日本全国の主要駅付近などにある「ワイモバイルショップ」にて解約手続きができます。ワイモバイルでは「スマホプランS/M/L」を最低利用期間の2年以内に解約した際に、契約解除料として9,500円(税抜)がかかります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
1,480円〜ワイモバイル

IIJmio(みおふぉん)を解約したい!

IIJmio(みおふぉん)は、ドコモ回線とau回線から選ぶことができる格安SIMサービスです。公式サイトの「サービスのご解約(会員専用)」から解約手続きができるようになっています。

IIJmioの「音声通話機能付きSIM・みおふぉん」を最低利用機関の12ヶ月以内に解約した場合には、(12ヶ月-利用月数)×1,000円の「音声通話機能解除調停金」が発生します。 例えば、契約から3ヶ月で解約した場合、(12ヶ月-3ヶ月)×1,000円=9,000円の「音声通話機能解除調停金」を支払うことになります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

イオンモバイルを解約したい!

イオンモバイルは、イオンモールなどでおなじみのイオンが提供するドコモ回線を使用した格安SIMサービスです。イオンモバイルでは、一部のイオン店舗やイオンモバイルお客様センターから解約手続きができます。毎月の最終日に限り、解約の手続きはできません。

イオンモバイルにはすべてのプランにて、最低利用期間が設定されていません。そのため、どのタイミングで解約をしたとしても、解約に関する違約金がかかることはありません。

ただし、電話番号をそのままで他社と契約した際には、「MNP転出手数料」が発生することになります。1回線ごとに180日(約6ヶ月)以内で8,000円(税抜)、181日以上で3,000円(税抜)がかかります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au

mineo(マイネオ)を解約したい!

au回線とドコモ回線を使用した、ケイ・オプティコムが提供する格安SIMサービスです。公式サイトの「ユーザーサポート」から解約手続きができるようになっています。

mineo(マイネオ)では、ドコモ回線の「Dプラン」やau回線の「Aプラン」、データ通信のみの「シングルタイプ」や音声通話機能付きの[デュアルタイプ」のすべてのプランにて、最低利用期間の設定がないのが特徴です。

最低利用期間がないため、解約に関する違約金は発生しませんが、使用中の電話番号を他社でも使用できるMNPを選択した場合に、「MNP転出手数料」がかかります。契約した日から数えて13ヶ月以内の解約で、11,500円(税抜)、14ヶ月目以降の解約にて2,000円を支払うことになります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク

DMMモバイルを解約したい!

DMMモバイルはFXなどで知られるDMMが提供する、ドコモ回線を使用した格安SIMサービスです。DMMモバイルは、データSIMに関しては最低利用期間が設定されていません。1ヶ月以上の利用であれば、解約に関する違約金はかかりません。一方、通話SIMの場合には、最低利用期間が12ヶ月と設定されているため、12ヶ月以内の解約の際には、解約手数料として9,000円がかかります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ

LINEモバイルを解約したい!

LINEモバイルは、SNSアプリでおなじみのLINEが提供する、ドコモ回線を使った格安SIMサービスです。LINEなどのSNSの使用がゼロとなる「カウントフリー機能」がすべてのプランについているのが特徴となっています。

LINEモバイルの解約は、公式サイトのマイページの「解約・MNP転出」にて行うことができます。音声通話SIMカードに限り最低利用期間12ヶ月が設定されているため、12ヶ月以内の解約の場合、9,800円(税抜)の解約手数料を支払うことになります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ
ソフトバンク