SIMロック解除、実は簡単にできる!

iPhoneやAndroidなどを購入すると、SIMフリー端末でない場合必ずSIMロックが端末にかかています。そのため、SIMロック解除をしなければ他社のSIMカードを挿し込んでも利用することができません。

しかし、SIMロック解除をする方法があります!しかも簡単!

iPhoneでSIMロック解除する方法とAndroidでSIMロック解除する方法をそれぞれ、わかりやすく解説していきます!

手持ちの端末をSIMロック解除して、好きなSIMカードを挿し込んで運用を開始しましょう!

SIMロックとは?

auやドコモ等で購入した端末にはSIMロックがかかっています。SIMロックがかかっているため、他社のSIMカードを挿入するだけでは利用することができません。

大手キャリアであるドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアでは、端末をある程度長い期間ユーザーに使ってもらい、その利用料金で利益をあげています。

契約後すぐに解約され、他のキャリアに乗り換えられると、赤字へ繋がってしまうので、そうならないため(すぐ解約されないため)にSIMロックをかけているのです!

そもそもSIMカードとは?

SIMカードとは、携帯の契約者の契約情報が入ったICチップ搭載のカードのことです。このSIMカードを端末に挿入する事で、スマホを利用することができます。

ちなみに格安SIMカードとは、大手キャリアの回線を借りて運用しているMVNOが販売するSIMカードのことで、大手キャリアと比べて半額以上の月額料金で運用することも可能となります。

さらに、格安SIMカードに乗り換える場合でも、MNP手続きで乗り換えることができるため電話番号を変わらずそのまま引き継ぐことが出来ます。

SIMロック解除に対応していない端末

SIMロック解除の義務化が発表された2015年5月1日以前の端末は、SIMロック解除ができない場合があります。

しかしドコモやソフトバンクでは、SIMロック解除に対応していない端末でも、解除手数料を支払うことでSIMロック解除のサービスを行ってくれます。

SIMロック解除の義務化は2015年5月にスタート

SIMロック解除がスタートしたのは、2015年5月です。

SIMロック解除は総務省の意向によるもので、義務化が始められました。

携帯業界のこれまでの歴史

  • 無料端末とインセンティブ

携帯電話は以前、端末を無料で販売することが多かったです。それは、キャリアからインセンティブをもらえるから。

キャリアはユーザーにある一定期間利用してもらう事で、携帯電話の利用料金で利益をあげています。

無料で携帯電話を得る事ができるようになったため、携帯の普及率がどんどん増えていきました。

新規ユーザーが増える事により、キャリアはより多くの利益を得る事ができる結果となったのです。

しかし、この当時の携帯電話の利用料金は高額でした。

このような状態が数年続き、新規申し込み者は低迷。

各キャリアは新規申し込みのお客様には安く携帯電話を提供するようになったのですが、ここで問題が生まれます。

安く新規契約をし、すぐに解約。そして、解約した端末を使って機種変更をする人が多くなってしまったのです。

  • 端末代金と通信料金を分ける

こうした状況を受け総務省は、端末代金と通信料金を全く別にしようという方針を打ち立てました。

各キャリアは端末料金を上げ、分割払いができるようにサービスを固めます。

そして2年契約を条件に、毎月の通信料金を下げるようになりました。

キャリアが2年契約なのは、上記の事柄が理由となっています。

  • さらに!MNP(モバイルナンバーポータビリティ)とSIMロック解除義務化

さらに、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)が可能となりました。つまり、同じ番号で他のキャリアに移動するという事ができるようになりました。

こうなると以前よりも、各キャリアの顧客の取り合いが始まります。

  1. 他のキャリアからの乗り換えで実質0円
  2. またお金が返ってくるキャッシュバック

という制度もできました。

これでは、「端末は正規の値段でと」いう総務省の意向と変わってしまいます。

インセンティブ制度から来るキャッシュバックや端末料金が正当な料金より下がってしまうなど、様々な弊害をなくそうということで始まったSIMロック解除の義務化。

これにより、ユーザーは他のキャリアでもスマホを使えるようになりました。

SIMロック解除方法【各キャリアの解除条件をチェック】

SIMロック解除の義務化が進んでいますが、各キャリアのよってSIMロック解除ができる条件が変わってきます。あらかじめ確認しておきましょう!

auの解除条件ドコモの解除条件ソフトバンクの解除条件
2015年5月以降の端末
機種購入日から101日目以降
ネットワーク利用制限中でないこと
各種ロックがかかっていないこと
支払実績が確認できること
契約者本人の購入履歴があること
購入日から100日経過(101日以降)
契約者本人の購入履歴があること
機種購入日から101日目以降であること

auのSIMロック解除条件

au端末のSIMロック解除は、Webまたは店舗(auショップ)で行うことが出来ます。

【auの解除条件】 - 2015年5月以降に新たにauで発売されたSIMロック解除機能対応機種であること - 機種購入日から101日目以降であること - ネットワーク利用制限中でないこと

WebでSIMロック解除をするには?

  • auの公式サイトにアクセス
  • SIMロック解除の可否判定ページにアクセス
  • 「 SIMロック解除可否の確認」
  • IMEI (半角数字15桁) もしくはMEID (半角数字14桁)を入力し、「判定」を選択
  • 「SIMロック解除のお申し込みは、こちらからお手続きを行ってください。」の「こちら」を選択
  • 暗証番号を入力
  • SIMロック解除する端末にチェック
  • 「解除の理由」を選択し、選択内容を確認したら「この内容で申し込む」ボタンを選択し、完了画面が表示されたら、終了

※IMEIまたはMEIDは端末の設定メニューにある端末情報で確認することができます。 ※判定後、「SIMロック解除ができない端末です。」という結果がでた場合はSIMロック解除はできません。 ※WebでのSIMロック解除手続きは無料です。

auショップでSIMロック解除するには?

auショップに端末を持っていくと、SIMロック解除手続きを代理で行ってもらえます。その際、本人確認書類が必要となるため必ず持参しましょう。

ちなみに、auショップでSIMロック解除手続きをしようとすると、手数料として3,000円かかるため注意が必要です。

ドコモのSIMロック解除条件

ドコモのSIMロック解除は、Web、電話、店舗(docomoショップ)で行うことができます。

【ドコモの解除条件】 - ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと - 利用料金の支払実績が確認できること - 契約者本人の購入履歴がある機種であること - 購入日から100日経過した機種であること - 既にドコモを解約済の方は、解約日から100日経過していないこと

WebでSIMロック解除をするには?

  • ドコモ公式サイトへアクセス
  • ドコモオンライン手続きにアクセス
  • SIMロック解除を申し込んで、完了

※SIMロック解除手続きにはdアカウントが必要となります。(すぐに作れます。)

docomoショップでSIMロック解除するには?

docomoショップに端末を持っていくと、SIMロック解除手続きを代理で行ってもらえます。その際、本人確認書類が必要となるため必ず持参しましょう。

ちなみに、auショップでSIMロック解除手続きをしようとすると、手数料として3,000円かかるため注意が必要です。

ただし、ドコモケータイ(iモード)、ドコモらくらくホン(iモード)、ドコモ キッズ、ジュニア、データ通信製品(データカード、Wi-Fiルータ)の場合は手数料は無料です。

解約後のSIMロック解除の場合は、上記端末でも手数料3,000円かかるため注意しましょう!

電話でSIMロック解除するには?

電話でSIMロック解除する場合には、受付時間に注意して電話をかけるようにしましょう。また、151発信は通話料掛からず無料なので安心です。

電話番号受付時間
151発信午前9時~午後8時

ソフトバンクのSIMロック解除条件

ソフトバンクのSIMロック解除は、Webまたは店舗(SoftBankショップ)で行うことができます。

【ソフトバンクのロック解除条件】

  • 契約者本人の購入履歴があること
  • 機種購入日から101日目以降であること

WebでSIMロック解除をするには?

  • ソフトバンクの公式My SoftBankにログイン
  • 「メニュー」の中から「契約確認・変更」を選択
  • 申し込みで完了

SoftBankショップでSIMロック解除するには?

SoftBankショップに端末を持っていくと、SIMロック解除手続きを代理で行ってもらえます。その際、本人確認書類が必要となるため必ず持参しましょう。

ちなみに、SoftBankショップでSIMロック解除手続きをしようとすると、手数料として3,000円かかるため注意が必要です。

SIMロック解除せずに使う方法はないの?

SIMロック解除をせずに、購入した格安SIMカードを挿入するだけで運用する方法は2つあります。それぞれみていきましょう。

  • 同回線の端末とSIMカードを使う
  • SIMフリー端末を購入する

同回線の端末とSIMカードを使う

端末と格安SIMカード、それぞれ同じ回線のものを組み合わせればSIMロック解除をせずに利用することができます。

例えば、auで購入したiPhoneをSIMロック解除せずに格安SIMで運用したいなら、au回線の格安SIMを選べば、SIMロック解除せずに利用することが可能です。

SIMフリー端末を購入する

auやドコモ、ソフトバンクといった大手キャリアで端末を購入すると、SIMロックが必ずかかっていますが、元々SIMロックがかかっていないSIMフリー端末(SIMフリースマホ)というものを買うことができます。

iPhoneならAppleストア、AndroidならMVNOでSIMフリースマホを購入することが可能です・au回線でもドコモ回線でも、どこのMVNOの格安SIMカードを挿し込んでも利用することができりためとても便利です。

SIMロック解除をすることによるメリットとデメリット

実際にSIMロック解除をすることで得られるメリットとデメリットは何でしょうか。

SIMロック解除のメリットとデメリットについてみていきましょう。

SIMロック解除をするメリット

スマホ料金の節約になる

SIMロック解除をすることで、契約中のキャリア以外(異なる回線)のSIMカードを挿入して利用することができるようになります。

SIMロック解除をすれば、異なる回線のMVNOのSIMカードでも運用することができるため、特にデータ通信が多い方であれば、大手キャリアを利用した場合と比べて、格安SIMカードにすることで**月に5,000円以上の節約につながります。

たった3分程度のSIMロック解除で、月に5,000円の節約になるのは大きいですよね!

月額料金1,000円以下で使う!1番安い格安SIMは?MVNO5社比較
関連記事月額料金1,000円以下で使う!1番安い格安SIMは?MVNO5社比較

海外のプリペイドSIMカードが使える

海外出張や海外旅行へ行った際、渡航先で利用できる端末を日本の空港や現地の空港などでレンタルしていた方は多いでしょう。

SIMロック解除をすることにより、海外のプリペイドSIMカードを手持ちの端末に挿入してそのまま使うことができます。

毎回端末をレンタルする手間が省け、お金の節約、また慣れない端末を使うこともないため非常に便利です。

海外で使いやすいMVNOは?おすすめの格安SIM会社3選
関連記事海外で使いやすいMVNOは?おすすめの格安SIM会社3選

いつでもSIMカードの入れ替えができる

SIMロック解除をすれば、その端末はSIMフリー端末となるため、同じキャリアを使い続ける必要がなくなります!そのため、いつでも好きな回線のSIMカードを入れ替えて運用することができるようになります。

SIMロック解除をするデメリット

SIMロックを解除するには条件がある

上述していますが、SIMロック解除をするには各キャリアで条件があります。全ての端末で、また好きなタイミングでSIMロック解除ができるとは限らないため注意しましょう。

auの解除条件ドコモの解除条件ソフトバンクの解除条件
2015年5月以降の端末
機種購入日から101日目以降
ネットワーク利用制限中でないこと
各種ロックがかかっていないこと
支払実績が確認できること
契約者本人の購入履歴があること
購入日から100日経過(101日以降)
契約者本人の購入履歴があること
機種購入日から101日目以降であること

格安SIMカードを利用するデメリットって何?

長時間の通話には不向き

通話を多く使う、通話がメインのユーザーには*格安SIMは向きません。

長時間通話をすると、docomoなどのキャリアで契約するよりも高くなる事が多いからです。かけ放題プランもあることにはありますが、完全かけ放題は少なく、10分以内や5分以内という制限がついた場合が多いです。

ただ、それほど長電話が多くない方には逆に通話料が大手キャリアよりも安くなるため、お得ですし、LINE等の無料通話アプリを利用するという方法もあります。

かけ放題(通話定額)プランがあるMVNO7社比較!1番お得な格安SIMはどれ?
関連記事かけ放題(通話定額)プランがあるMVNO7社比較!1番お得な格安SIMはどれ?

通信速度が遅い

格安SIMを使うと、キャリアで契約するより通信速度が遅いことが多いです。

なぜなら格安SIMカードを提供している各MVNOは、大手キャリアから回線を借りて運用しているため、どうしても大元である大手キャリアよりかは通信速度が劣ってしまうのです。

おすすめ!5社のMVNO事業者を比較

格安SIMカードならどれでも一緒なのかというと、そんなことはありません。MVNOによって月額料金や特徴が違うため、自分が利用しやすいMVNOを選ぶことが大事です。主な5社のMVNO事業者を比較してみましょう。

UQmbile(UQモバイル)

会社名SIM料金利用回線申し込み
980円〜au

*通信速度が業界トップクラスで速いMVNOであるUQmobile(UQモバイル)*!

UQモバイルは通信速度がとにかく速くて、スマホ音利用者が多くてどのMVNOも通信速度が落ち気味になるお昼の時間帯でもサクサクと快適な通信速度をUQモバイルは出しています。そのため、他のMVNOと比べると少し月額料金は高くなりますが、その分通信速度で悩む必要がなくなるため、いつでも素早い通信を望むならUQモバイルが1番おすすめできます。

UQモバイルは、月額1,980円~利用可能で、au回線で運用しているMVNOです。通話をよくする方にも安心の、おしゃべりプランとぴったりプランも用意されています。

料金プラン月額基本料金(税抜)通信速度(最大)通話料最低利用期間(最大)
データ高速プラン980円受信225Mbps/送信25Mbps(月間3GBまで)なしなし
データ高速+音声通話プラン1680円受信225Mbps/送信25Mbps(月間3GBまで)30秒ごとに20円12ヶ月
データ無制限プラン1980円送受信500kbpsなしなし
データ無制限+音声通話プラン2680円送受信500kbps30秒ごとに20円12ヶ月
プランSプランMプランL
月額料金(税抜)1980円2980円4980円
データ容量2GB6GB14GB
ぴったりプラン無料通話60分(1ヶ月につき)無料通話120分(1ヶ月につき)無料通話180分(1ヶ月につき)
おしゃべりプラン5分以内まで無料(1回の通話につき)5分以内まで無料(1回の通話につき)5分以内まで無料(1回の通話につき)

mineo(マイネオ)

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク

使いやすい上にキャンペーンが多いのが魅力!マイネ王というユーザー同士のコミュニティが強いmineo!

mineoでは、頻繁にキャンペーンを行っておろ、紹介キャンペーンもあるため契約後もさらにキャンペーンでお得に運用していくことができます。また、マイネオではユーザー同士で疑問や不安を解決したり、情報交換をしてより豊かに格安スマホライフが送れる環境を整えることができます。

他にも、ユーザー同士で余ったパケット量をシェアしたりプレゼントをすることができるため、データ量を無駄なく使うこともできます。

mineoはau回線とドコモ回線の両回線で運用しています。

データ容量シングルタイプ(データ通信のみ・税抜)デュアルタイプ(データ通信+090音声通話・税抜)通信速度(最大)
500MB700円1310円受信225Mbps/送信25Mbps
1GB800円1410円受信225Mbps/送信25Mbps
3GB900円1510円受信225Mbps/送信25Mbps
6GB1580円2190円受信225Mbps/送信25Mbps
10GB2520円3130円受信225Mbps/送信25Mbps
20GB3980円4590円受信225Mbps/送信25Mbps
30GB5900円6510円受信225Mbps/送信25Mbps

楽天モバイル

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ

大手の楽天が運営しているから安心!ユーザー数も多く通信速度にも定評があ楽天モバイル。

楽天モバイルが、大手の楽天が運営するMVNOであるため安心感がありますよね そのためサポートもしっかりしていて初心者の方でも使い安い格安SIMであるといえます。

通信速度も比較的その時間帯も安定しているため、通常利用では問題ないといえます。回線は、ドコモ回線を利用しています。

また、SIMフリースマホ本体を持っていないユーザーは、楽天モバイルは端末代の割引率が高いためセット購入がおすすめです!

料金プラン通話SIM050データSIM(SMSあり)データSIM(SMSなし)通信速度
ベーシック1,250円(税抜)645円(税抜)525円(税抜)200kbps
3.1GBプラン1,600円(税抜)1,020円(税抜)900円(税抜)下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps
5GBプラン2,150円(税抜)1,70円(税抜)1,450円(税抜)下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps
10GBプラン2,960円(税抜)2,380円(税抜)2,260円(税抜)下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps
20GBプラン4,750円(税抜)4,170円(税抜)4,050円(税抜)下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps
30GBプラン6,150円(税抜)5,520円(税抜)5,450円(税抜)下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps

LINEモバイル

LINEモバイルは、facebook、Twitter、インスタブラムなどの人気SNS利用分のデータ量がカウントされない、カウントフリーサービスが魅力です。SNS利用者は、SNSが実質使い放題になるためとてもお得です。

LINEモバイルはドコモ回線で運用しているMVNOです。

料金プランデータ容量通話SIMデータSIM(SMSあり)データSIM(SMSなし)
ラインフリープラン1GB1,200円620円500円
コミュニケーションフリープラン3GB1,690円1,100円-
5GB2,200円1,640円-
7GB2,880円2,300円-
10GB3,220円2,640円-
MUSIC+プラン3GB2,390円1,810円-
5GB2,720円2,140円-
7GB3,280円2,700円-
10GB3,520円2,940円-

DMMmobile(DMMモバイル)

会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ

DMMモバイルは業界最安値で運用することができるMVNOです。最安で月額440円で運用できりため、とにかく激安の月額料金にしたい方には特におすすめです。

また、5GBのプランでも月額1,210円で利用することができるため、大きめの容量で利用したい方にもおすすめできます。また、端末の割引率が高いためSIMフリースマホとのセット購入するにもおすすめです。

高速データ通信容量データSIM(税抜)通話SIM(税抜)通信速度(最大)
ライトプラン440円1140円200kbps
高速データ通信プラン1GB480円1260円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン2GB770円1380円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン3GB850円1500円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン5GB1210円1910円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン7GB1860円2560円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン8GB1980円2680円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン10GB2190円2890円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン15GB3280円3980円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン20GB3980円4680円下り500Mbps/上り50Mbps

SIMロック解除することでSIMの選択肢が広がる!

2015年のSIMロック解除の義務化により、自由に好きなSIMカードを端末に挿入して利用することができるようになりました。

各キャリアもSIMロック解除には前向きで、簡単にSIMロック解除ができるようにもなっています。また、解除条件もだんだん緩和されています。

ただ現在は、キャリアによっても解除条件が変わってくるので、利用中のキャリアの解除条件を確認するようにしましょう。

SIMロック解除をして、月額料金がうんと安くなる格安SIMカードに乗り換えて、お得な運用を早速始めていきましょう!

会社名SIM料金利用回線申し込み
980円〜au
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ
ソフトバンク