ゲームアプリを格安SIMで楽しむなら!おすすめMVNO3社比較

電車などの待ち時間などに、スマートフォンのゲームアプリで楽しむ人にとって、格安SIMでプレイすることで、月額料金の節約につながるかもしれません。とはいえ、キャリア携帯と同じようにゲームができる格安SIMとなると、やはり限られてしまいます。ここでは、ゲームアプリを利用するのにおすすめな格安SIMを比較していきます。

MVNO月額料金(最安値)特徴
DMMモバイル440円高速データ通信で速度制限なし
IIJmio900円大容量オプションで最大60GB!
UQモバイル1,980円通信速度が速く安定
会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
980円〜au

ゲームアプリの利用のカギは通信速度と通信容量

RPGなどのオンラインゲームをプレイするためには、まずはゲームアプリのダウンロードとインストールが必要となります。協力プレイなどをする場合でも、安定した通信速度と、ある程度の通信容量が不可欠となります。通信容量は多ければ多いほど不安が少なくなるかもしれません。

それから、キャリア携帯は通信制限が月単位ですが、格安SIMの場合には、3日間の制限となるところが多いようです。そのため、3日間の通信制限がないことや、あったとしても容量の大きいところを選ぶことで、快適にゲームアプリを利用することにつながります。

他にも、低速通信(最大200kbps)と高速通信を切り替えることができる「ターボ機能」がついている格安SIMであれば、低速通信時でも楽しめるゲームアプリを、データ容量を気にすることなくプレイできます。

通信制限(速度制限)のない格安SIMに関して、詳しくは下記記事をご覧ください。

速度制限がない格安SIMを使いたい!おすすめMVNO5社
関連記事速度制限がない格安SIMを使いたい!おすすめMVNO5社

DMMモバイル

DMMモバイルは、ゲームアプリなどで知られるDMMが提供するドコモ回線を使った格安SIMサービスです。DMMモバイルでは、高速データ通信の際の通信制限が設定されていません。アプリ「DMM mobile」を使用するか、DMMモバイルの「マイページ」から低速通信への切り替えも可能です。

それから、DMMモバイルには、低速通信時においても最初の表示に関しては「バースト機能」によって高速通信時と変わらずにページの読み込みをしてくれます。DMMモバイルの料金プランは、以下のようになっています。

高速データ通信容量データSIM(税抜)通話SIM(税抜)通信速度(最大)
ライトプラン440円1,140円200kbps
高速データ通信プラン1GB480円1,260円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン2GB770円1,380円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン3GB850円1,500円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン5GB1,210円1,910円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン7GB1,860円2,560円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン8GB1,980円2,680円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン10GB2,190円2,890円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン15GB3,280円3,980円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン20GB3,980円4,680円下り500Mbps/上り50Mbps

低速通信時(最大200kbps)を利用した場合、3日間の合計で363MBを超えてしまうと、通信制限が低起用されるケースがあります。ライトプランや月間のデータ容量を使い切ってしまった場合や、高速データ通信をOFF設定している場合が当てはまります。そのため、ゲームアプリを利用する機会の多い人は、7GB以上のプランがおすすめです。

会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)は、ドコモ回線の「タイプD」とau回線の「タイプA」の両方に対応している格安SIMサービスです。2015年4月の家電批評による「山手線内通信速度第1位」に選ばれるなど、通信速度の安定性には定評があります。

公式サイトもしくは「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」を利用することで、低速通信と高速通信の切り替えが簡単にできるようになっています。IIJmio(みおふぉん)の料金プランは次のようになっています。

3GBミニマムスタートプラン6GBライトスタートプラン10GBファミリーシェアプラン通信速度(最大)
データ通信専用SIM(docomoのみ・税抜)900円~1,520円~2,560円~下り682Mbps/上り50Mbps
SMS機能付きSIM(税抜)1,040円~(docomo)・900円~(au)1,660円~(docomo)・1,520円~(au)2,700円~(docomo)・2,560円~(au)下り682Mbps/上り50Mbps(docomo)・下り370Mbps/上り50Mbps(au)
音声通話機能付きSIM・みおふぉん(税抜)1,600円~(docomo・au共通)2,220円~(docomo・au共通)3,260円~(docomo・au共通)下り682Mbps/上り50Mbps(docomo)・下り370Mbps/上り50Mbps(au)

ゲームアプリを利用するのであれば、6GBもしくは10GBのプランがおすすめです。「大容量オプション」の20GB・月額3,100円(税抜)や30GB・月額5,000円(税抜)を組み合わせるやり方もあります。最大で60GBまでのデータ容量にすることも可能です。

それから低速通信時(最大200kbps)で、3日間の合計で366MBを超過した場合、通信速度制限となるケースがあります。高速通信に切り替えるか、データ容量の追加をすることで解決します。au回線の「タイプA」に関しては、3日間で6GBを超えた際に、通信速度制限が適用されることがあるため、注意が必要です。

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

UQモバイル

UQモバイルは、au回線が使えるKDDIグループの格安SIMサービスです。au回線ならではの通信速度の安定度が特徴のひとつとなっています。「ターボ機能」を利用することで、低速通信(最大200kbps)と高速通信を切り替えることができます。

高速データ通信時の場合には、3日間で6GBを超えた場合に4日目から速度制限が実施されることがあります。UQモバイルの料金プランは、次のようなものがあります。

料金プラン月額基本料金(税抜)通信速度(最大)
データ高速プラン980円受信225Mbps/送信25Mbps(月間3GBまで)
データ高速+音声通話プラン1,680円受信225Mbps/送信25Mbps(月間3GBまで)
データ無制限プラン1,980円送受信500kbps
データ無制限+音声通話プラン2,680円送受信500kbps
プランSプランMプランL
月額料金(税抜)1,980円2,980円4,980円
データ容量2GB6GB14GB
ぴったりプラン無料通話60分(1ヶ月につき)無料通話120分(1ヶ月につき)無料通話180分(1ヶ月につき)
おしゃべりプラン5分以内まで無料(1回の国内通話につき)5分以内まで無料(1回の国内通話につき)5分以内まで無料(1回の国内通話につき)

ゲームアプリを利用する場合なら、データ高速プランやデータ高速+音声プラン、もしくは、ぴったりプランかおしゃべりプランのプランMまたはプランLがおすすめです。

会社名SIM料金利用回線申し込み
980円〜au

ゲームアプリを利用するのにおすすめな格安SIM比較

ゲームアプリを利用するのにおすすめな格安SIMの比較として、DMMモバイルとIIJmio(みおふぉん)とUQモバイルを紹介しました。

DMMモバイルでは、アプリ「DMM mobile」やマイページからの低速通信の切り替えや、バースト機能によって快適にプレイすることが可能です。7GB以上のプランがおすすめです。

IIJmio(みおふぉん)では、アプリ「IIJmioクーポンスイッチ(みおぽん)」の利用で低速通信と高速通信の切り替えができます。「大容量オプション」を組み合わせることで、最大で60GBのデータ容量を実現することも可能となっています。

UQモバイルは、「ターボ機能」によって低速通信と高速通信の切り替えができる他、高速データ通信時の速度制限が3日間で6GB超となっている点があります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
980円〜au