大容量プランなら!おすすめMVNO5社比較!

スマートフォンで動画を視聴しているうちに、気がつくと月間の契約容量がオーバーしてしまい、お約束の速度制限でデータ通信が遅くなってしまうことはよくありますよね。

速度制限になる事態が頻繁に起こる方にとっては、格安SIMが提供する大容量プランはとても魅力的なのではないでしょうか。

今回は、大容量プランを利用するのにおすすめなMVNOを社比較していきます。

MVNO大容量プラン最安月額料金特徴
楽天モバイル10GB/20GB/30GB2,260円20GBと30GBはテザリング無料
mineo10GB/20GB/30GB2,520円シェア機能が豊富で無駄なく使える
DMMモバイル10GB/15GB/20GB2,190円業界最安値で高速で利用可能
BIGLOBEモバイル12GB/20GB/30GB2,700円大容量+エンタメフリーで動画音楽視聴し放題
イオンモバイル12GB/20GB/30GB/40GB/50GB2,680円50GBの超大容量!

低容量プランに関しては下記記事で解説しています。大容量との違いが知りたい方はご覧ください。

低容量プランで1番おすすめ格安SIMはどこなの!?MVNO5社比較
関連記事低容量プランで1番おすすめ格安SIMはどこなの!?MVNO5社比較

20GBでできるコト【20GBの目安】

格安SIMの大容量プランということで、10GB~30GBが使用できるプランを紹介する前に、20GBでできるおおまかな目安を表にしてみました。

コンテンツおおまかな目安
Webページの閲覧4万ページ(平均的なポータルサイトの場合)
メール送受信66万通(テキスト中心)
Youtubeの視聴高画質40時間
低画質220時間
ニコニコ動画の視聴92時間(一般会員)
Apple Music高音質148時間
低音質289時間
LINE無料通話709時間
高画質ビデオ通話59時間
スタンプ送受信200万回

大容量プランを検討する場合、動画の視聴が一日あたり1時間を超えるというのが目安となるようです。他にも、移動中などに頻繁にゲームをプレイしたり、漫画をよく読むといった場合にも、知らず知らずのうちに容量がギリギリになることも少なくないようです。

楽天モバイルの大容量プラン【10GB/20GB/30GB】

ドコモの格安SIMである楽天モバイルでは、通常の月額基本料金のプランの中で、10GBと20GBと30GBのプランが提供されています。20GBと30GBのプランでは、テザリングが無料となっています。

料金プラン通話SIM050データSIM(SMSあり)データSIM(SMSなし)通信速度(最大)
10GBプラン2,960円2,380円2,260円下り262.5Mbps
上り50Mbps
20GBプラン4,750円4170円4,050円下り262.5Mbps
上り50Mbps
30GBプラン6,150円5,520円5,450円下り262.5Mbps
上り50Mbps

この他にも、2017年9月から開始された「スーパーホーダイ」のプランLにて、14GBの高速データ通信を利用することができます。5分以内の国内通話であれば「かけ放題」もついているお得なプランです。

プランL
月額基本料金1年目4,980円(税抜・楽天会員)
4,480円(税抜・ダイヤモンド会員)
2年目以降5,980円(税抜)
データ通信高速通信量14GB/月
通話5分以内の通話し放題
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ

mineo(マイネオ)の大容量プラン【10GB/20GB/30GB】

ドコモ回線とau回線から選べるmineo(マイネオ)では、大容量プランとして、10GBと20GBと30GBのプランが提供されています。

データ容量シングルタイプ(データ通信)デュアルタイプ(音声通話)通信速度
10GB2,520円(ドコモ・au共通)3,220円(ドコモ)
3,130円(au)
受信225Mbps
送信25Mbps
20GB3,980円(ドコモ・au共通)4,680円(ドコモ)
4,590円(au)
受信225Mbps
送信25Mbps
30GB5,900円(ドコモ・au共通)6,600円(ドコモ)
6,510円(au)
受信225Mbps
送信25Mbps

余ったデータ容量は、家族や友人と分けることができる「パケットシェア」や「パケットギフト」、mineoユーザーで分け合える「フリータンク」を利用することで使い切ることも可能です。

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au

DMMモバイルの大容量プラン【10GB/15GB/20GB】

ドコモ回線の格安SIMのひとつであるDMMモバイルでは、10GBと15GBと20GBの大容量高速データ通信プランが提供されています。業界最安値を前面に出していることもあり、月々の使用料金をできるだけ安く抑えたい人や、2台目などの複数端末を持つ方に向いているかもしれません。

高速データ通信容量データSIM(税抜)通話SIM(税抜)通信速度(最大)
高速データ通信プラン10GB2,190円2,890円下り500Mbps
上り50Mbps
高速データ通信プラン15GB3,280円3,980円下り500Mbps
上り50Mbps
高速データ通信プラン20GB3,980円4,680円下り500Mbps
上り50Mbps
会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ

BIGLOBEモバイルの大容量プラン【12GB/20GB/30GB】

インターネットプロバイダーとして知られるBIGLOBEは、ドコモ回線の格安SIMを提供しているMVNOでもあります。BIGLOBEでは、大容量プランとして、「12ギガプラン」「20ギガプラン」「30ギガプラン」から選ぶことができるようになっています。

高速データ通信容量データSIM(税抜)音声通話SIM(税抜)通信速度(最大)
12ギガプラン12GB2,700円3,400円受信682Mbps
送信50Mbps
20ギガプラン20GB4,500円5,200円受信682Mbps
送信50Mbps
30ギガプラン30GB6,750円7,450円受信682Mbps
送信50Mbps

エンタメフリーオプション

BIGLOBEでは、Youtubeの視聴などに関するデータ通信量をカウントしない「エンタメフリーオプション」と呼ばれるサービスも実施されています。月額料金は、データSIMが900円(税抜)、音声通話SIMが480円(税抜)です。

エンタメフリーが適用されるのは、SafariまたはGoogleChromeのブラウザを使用している場合のみとなっているため、公式アプリ以外での視聴や、スマートフォンのOSのバージョンによっては適用外となるケースがあるようです。

エンタメフリーオプションの対象となるコンテンツには、YoutubeやAbemaTV、Google Play MusicやApple Music、U-NEXTやSpotifyやAWA、radiko.jpやAmazon Musicがあります。

対象コンテンツに関しては、今後増えていく可能性があります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

イオンモバイルの大容量プラン【12GB/20GB/30GB/40GB/50GB】

イオンモバイルは、ショッピングモールで知られているイオンが提供する、ドコモ回線の格安SIMサービスです。イオンモバイルでは、大容量プランとして、12GBと20GBと30GBと40GBと50GBのプランが用意されています。

全国各地のイオン店舗でサポートが可能なため、イオンの店舗が近場にある人や、インターネットでのやり取りに不安のある人に向いているかもしれません。

高速データ通信容量データプラン(税抜)音声プラン(税抜)シェア音声プラン通信速度(最大)
12ギガプラン12GB2,680円3,280円3,580円下り375Mbps
上り50Mbps
20ギガプラン20GB3,980円4,680円4,980円下り375Mbps
上り50Mbps
30ギガプラン30GB5,380円6,080円6,380円下り375Mbps
上り50Mbps
40ギガプラン40GB7,480円7,980円8,280円下り375Mbps
上り50Mbps
50ギガプラン50GB10,300円10,800円11,100円下り375Mbps
上り50Mbps
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au

大容量プラン!ぴたスマ編集部おすすめはBIGLOBEモバイル

大容量プランを利用するのにおすすめなMVNOの比較として、楽天モバイルとmineo(マイネオ)、DMMモバイルとBIGLOBEモバイル、そしてイオンモバイルを紹介してきました。

楽天モバイルでは、10GBと20GBと30GBの大容量プランが提供されています。他にも新しいプランの「スーパーホーダイ」の「プランL」にて、14GBの高速データ通信を利用することができます。

mineo(マイネオ)では、10GBと20GBと30GBのプランが用意されています。数少ないau回線が選択できるMVNOのひとつです。

DMMモバイルでは、10GBと15GBと20GBのプランから選ぶことができます。月々の使用料金を安くしたい人にとっては検討の価値があるかもしれません。

イオンモバイルは、とにかく大容量で利用することができるため、余裕をもって運用することが可能です。また全国のイオン店舗でサポートを受けることができるため、安心です。

これまで紹介してきたMVNOの中でも、BIGLOBEモバイルは特におすすめできます。なぜなならBIGLOBEモバイルは、12GBと20GBと30GBの大容量プランの他、Youtubeの視聴などのデータ通信量がカウントされない、エンタメフリーオプションが提供されています。

そのため、動画や音楽の視聴で速度制限になりがちな方は、BIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを利用するだけでも解決でき、他の動作にデータ量をあてることができるからです。

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

自分の利用用途にあったMVNOを選んで、早速運用を開始していきましょう!!テザリングの利用を考えている方にも、大容量プランはおすすめです。

テザリングするならどこのMVNO?おすすめ格安SIM会社5比較
関連記事テザリングするならどこのMVNO?おすすめ格安SIM会社5比較
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au