格安SIMの初期設定(APN設定)って難しそう

大手キャリアとは異なり、格安SIMは契約してSIMカードが届いてもすぐには使えず、自分で初期設定を行わないといけません。自分で初期設定を行わなければならないとなると、不安になる方は多いですよね。しかし、初期設定は実はとっても簡単なんです!初心者の方でも、理解できて簡単にできるため諦めないで、やってみましょう!

格安SIMの初期設定は大きく分けてたったの2ステップで完了します。それは、以下2つです。

  • SIMカードの挿入
  • APN設定

SIMカードの挿入は問題ないと思いますが、APN設定については聞きなれない言葉なので難しいと思ってしまうかもしれません。

しかしAPN設定はそんなに難しくありませんし、格安SIMでデータ通信を行うために必要な設定なので、やり方をしっかり覚えておきましょう。

APN設定とは?

APNとは「Access Point Name(アクセスポイントネーム)」の略で、スマホをインターネットにつなぐ際に必要な「接続先の情報」のことを言います。

大手キャリアでは端末とSIMカードがセットで販売されており、すでにAPNの設定が完了しています。そのため、わざわざ自分で設定しなくても、購入してすぐにデータ通信が利用できます。

しかし、格安SIMの場合はSIMカードと端末が別々に販売されることがほとんどなので、「どの回線を利用して通信を行うのか」を利用者が手動で設定しないといけません。

そのための設定がAPN設定です。格安SIMでデータ通信を行うためには、このAPN設定が必要になります。

実際にやってみよう!格安SIMの初期設定方法

格安SIMを契約したら、まず初期設定を行う必要があります。初期設定の手順は以下の通りです。

  1. .SIMカードをスマホに挿入する
  2. APN設定を行う

それでは、順番に見ていきましょう。

SIMカードをスマホに挿入する

最初にSIMカードをスマホに挿入します。挿入する際はスマホの電源を切っておきましょう。

挿入方法はスマホによってさまざまですので、各端末の説明書やオンラインマニュアルを参考にしてください。

APN設定を行う

SIMカードを挿入したらスマホの電源を入れ、いよいよAPN設定を行います。APN設定はスマホのOSがAndroidかiPhoneかで異なります。

Androidの場合

まずはAndroidの場合です。Androidは端末によって細かい設定方法が異なりますが、概ね同じです。

設定画面を開き、「その他」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」の順にタップします。

すると、スマホに登録されているAPNの一覧が表示されます。もし自分が使う予定の格安SIMの名前があった場合は、それを選択するだけでAPN設定が完了です。

使う予定の格安SIMの名前がない場合はAPN情報を新規に登録します。右上の「+」ボタンをタップしてください。

新しいアクセスポイントを追加する画面になるので、自分が使う予定の格安SIMのAPN情報を入力してください。どの項目を入力するかは格安SIMによって異なります。

多くの格安SIMでは契約時に送られてくる契約書やマイページからAPN情報を確認できるので、それに沿って入力していきましょう。APNの追加が終わったら一覧に戻り、先ほど追加したAPN名を選択すればAPN設定は完了です。

iPhoneの場合

iPhoneのAPN設定を行う際はWi-Fiネットワークに接続する必要があります。自宅にWi-Fiがない場合は公衆無線LANなどを利用しましょう。

iPhoneのAPN設定では「構成プロファイル」を利用します。

構成プロファイルとはAPNの設定に必要な情報がまとまっているファイルのことです。Androidのように手動で文字を入力しなくても、このファイルをインストールするだけで簡単にAPN設定ができるようになっています。

Wi-Fiに接続したら、ブラウザ(Safari)から利用する格安SIM事業者のサイトにアクセスし、「構成プロファイル」をダウンロードおよびインストールします。

サイトへのアクセス方法については格安SIMの契約書類やマイページから確認できるので、各自チェックしてみてください。

プロファイルのインストールが完了すれば、それでiPhoneのAPN設定は完了です。Androidと比べると非常に簡単ですが、さきほど述べた通りWi-Fi環境が必要になるので気を付けましょう。

iPhoneの構成プロファイルの削除方法

構成プロファイルは同時に複数インストールすることができません。そのためすでになんらかのプロファイルがインストールされている場合は最初にそのプロファイルを削除しないといけません。

「設定」→「一般」→「プロファイル」と選択していくと、プロファイルの詳細を見ることができます。その画面にある「プロファイルを削除」をタップすれば、プロファイルが削除できます。

古いプロファイルを削除できたら、さきほどの手順に従って新しい格安SIMのプロファイルをインストールしましょう。

初期設定をしたのにつながらない時の対処法

ここまで格安SIMの初期設定の方法を紹介しました。思っていたよりも簡単だったのではないでしょうか。

初めての人でもすんなり出来てしまうことが多いですが、たまに初期設定をしたのにデータ通信ができないことがあります。

その場合は以下の対処法を試してみてください。

しばらく待ってみる

APN設定をしたらすぐにデータ通信ができるようになりますが、まれに電波をつかむのに時間がかかることがあります。

APN設定をしてすぐに繋がらない場合は5分ほど待ってみましょう。

スマホを再起動する

しばらく待ってみても繋がらない場合は端末を一度再起動してみましょう。何らかの不具合で繋がらない場合でも、再起動をすれば改善することがあります。

APN設定が正しく行われている確認する

APN設定が正しく行われているかを、もう一度確認しましょう。Androidの場合は手動で入力しているので誤字や脱字がある可能性があります。

また、iPhoneの場合は構成プロファイルをインストールするだけで完了しますが、格安SIMによってはiOSのバージョンや端末によって構成プロファイルが異なることもあります。

自分の端末およびiOSのバージョンにあったプロファイルがインストールされているかを確認しましょう。

モバイルデータ通信がオフになっている

モバイルデータ通信は端末の設定でオン/オフを切り替えることができます。オンになっていないとデータ通信が利用できないので、間違ってオフになっていないか確認しましょう。

Androidの場合は「設定」→「その他」→「モバイルネットワーク」から、iPhoneの場合は「設定」→「モバイルデータ通信」から、それぞれ設定できます。

SIMカードがちゃんと挿入されているか確認する

スマホの設定だけでなく、SIMカードがちゃんと挿入されているかも確認しましょう。

スマホで通信を行うにはSIMカードが必要なので、APN設定がちゃんとできていても、SIMカードがきちんと挿入されていないと通信ができません。

奥までしっかり挿入されていなかったり、挿す方向が逆になっていたりしないか、しっかりと確認しましょう。

初期設定を行ってくれるMVNOはあるの?

イオンモバイルは初期設定済みで端末を渡してくれる

イオンモバイルはユーザーにやさしく、面倒だったりちゃんと設定できるか不安なユーザーのために、あらかじめ初期設定をしてから端末を渡してくれます。そのため、不安一切なくのr変えることができます。

端末が手元にきた時点で、すぐに使い始められることも嬉しいですよね。

会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au

イオンモバイルの料金プラン

料金プラン通話SIMデータSIM(SMSあり)データSIM(SMSなし)
500MB1,130円-円-
1GB1,280円620円480円
2GB1,380円920円780円
4GB1,580円1,120円980円
6GB1,980円1,620円1,480円
8GB2,680円2,120円1,980円
12GB3,280円2,820円2,680円
20GB4,680円4,120円3,980円
30GB6,080円5,520円5,380円
40GB7,980円7,620円7,480円
50GB10,800円10,440円10,300円

mineoは全国のサポート店で初期設定を代理でやってくれる

mineoは全国にサポート店舗があり、サポート店舗に訪れることで初期設定を代理で行ってくれます。またデータの移行等も一緒に行ってくれるため安心です。サポート店舗なため、直接を顔を見合わせながら相談できることも嬉しいですよね。

ただし、サポート料として1,000円、他の設定もお願いするとなると追加料金が発生してしまうため注意しておきましょう。

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク

mineoの料金プラン

データ容量シングルタイプ(データ通信のみ・税抜)デュアルタイプ(データ通信+090音声通話・税抜)通信速度(最大)
500MB700円1310円受信225Mbps/送信25Mbps
1GB800円1410円受信225Mbps/送信25Mbps
3GB900円1510円受信225Mbps/送信25Mbps
6GB1580円2190円受信225Mbps/送信25Mbps
10GB2520円3130円受信225Mbps/送信25Mbps
20GB3980円4590円受信225Mbps/送信25Mbps
30GB5900円6510円受信225Mbps/送信25Mbps

U-mobileは訪問サポートで初期設定から全て任せられる

U-mobileでは訪問サポートをしてくれるモバイル簡単セットアップサービスがあります。このサービスでは、実際にスタッフが訪問をしてその場でサポートを行ってくれます。

サポート内容は初期設定はもちろん、アプリのダウンロードなど初めにしておいた方がよい設定を代理で行います。スマホ自体が初心者の方やとにかく設定が不安、近くにサポートしてくれる店舗がない方にはおすすめです。

無料で行ってくれるため、料金面でも安心できます。

ちなみに、モバイル簡単セットアップサポートが利用できるのは、対象プランを申し込んだ方のみとなるため、以下を確認しておきましょう。

モバイル簡単セットアップサポート対象プラン
通話プラス3GB通話プラス5GB通話プラスLTE使い放題
通話プラスLTE使い放題2通話プラスダブルフィックスUSEN MUSIC SIM
U-mobile for iPhone
会社名SIM料金利用回線申し込み
680円〜ドコモ

格安SIMを使う際はAPN設定を忘れずに!

格安SIMは届いてすぐには利用ができず、データ通信を行うためにはAPN設定を行わないといけません。

大手キャリアではAPN設定をする必要がないので、格安SIMにして初めてAPN設定をするという人も多いと思いますが、決して難しくはありません。

格安SIMを利用する際はAPN設定を忘れず行うようにしましょう。

SIMカードとは?格安SIM?SIMフリー?全ての疑問を5分で解決
関連記事SIMカードとは?格安SIM?SIMフリー?全ての疑問を5分で解決