初心者でも安心!おすすめの格安SIMを厳選3社比較!

現在格安SIM事業者の数は600以上とも言われており、選択肢が多い一方でどれを選べばよいか迷ってしまいます。とくにスマホや格安SIM初心者の場合は利用したくてもどれにすればよいか分からない方は多いですよね。

そんな初心者の方でも安心して利用することができる格安SIMを3社紹介します。

MVNO月額料金(最安値)初心者におすすめポイント
TONEモバイル1,000円子供や年配者も使いやすい手厚いサポート
プランが1種類だけだから迷わない
イオンモバイル480円全国のイオン店舗で直接サポート
契約後のアフターケアもばっちり
楽天モバイル525円端末の種類が豊富!最新機種もあり
端末セット割引が多く安く帰る

初心者が格安SIMを選ぶ際に重要なポイント

格安SIMを選ぶ際は月額料金やサービス品質なども大事ですが、初心者が格安SIMを選ぶ際には以下の2つのポイントを重視しましょう。

  • サポートがどれくらい充実しているか
  • 端末とSIMカードがセットで購入できるか

サポートはどれくらい充実しているか

初心者が格安SIMを選ぶうえでもっとも重視すべきなのは「サポートがどれくらい充実しているか」です。とくに店舗があるかどうかは必ず確認しましょう。

大手キャリアの場合は必ず店舗が用意されており、手厚いサポートを受けることができました。しかし、月額料金が安い格安SIMでは経費削減のために店舗を持たず、サポートが弱いものがたくさんあります。

ある程度格安SIMに慣れている人なら店舗でサポートを受ける必要はないかもしれませんが、初心者の場合はネットや電話だけのサポートでは不安です。

格安SIMの中には店舗を持っており、対面による手厚いサポートが受けられる格安SIMもあります。初心者の場合は必ずそういった格安SIMを選びましょう。

サポート体制が整ってるMVNOはどこ?おすすめの格安SIM3社比較
関連記事サポート体制が整ってるMVNOはどこ?おすすめの格安SIM3社比較

端末とSIMカードがセットで購入できるか

サポートと同じくらい大事なのが端末とSIMカードをセットで購入できるかどうかです。

格安SIMはSIMカードと端末を別々に用意するのが一般的ですが、スマホ初心者だとどの端末が使えるのか分からないかもしれません。

そのような場合はSIMカードと端末のセット販売を扱っている格安SIMを選ぶのがおすすめです。セット販売されている端末はその格安SIMのSIMカードで動作することが保障されているので、初心者でも安心です。

格安SIMとスマホセットで購入するなら?おすすめのMVNO4社比較
関連記事格安SIMとスマホセットで購入するなら?おすすめのMVNO4社比較

手厚いサポートとシンプルな料金設定【TONEモバイル】

TONEモバイルは初めてスマホを使う人や子供、シニア層をターゲットにしている格安SIMです。

全国のTSUTAYAの店舗で取り扱っているので、対面による手厚いサポートを受けることができます。店舗が遠い場合でも電話によるサポートや、端末を遠隔操作して設定してもらうことも可能です。

また、TONEモバイルの端末では、本体が入っていた箱にスマホを置くと自動で問題を解決してくれる「置くだけサポート」も利用できます。簡単な不具合であれば置くだけサポートを利用すると端末側で勝手に解決してくれるので安心です。

料金プランは1つだけ

TONEモバイルの料金プランは低速通信が無制限に使えるプランが1つだけとかなりシンプルです。選択肢が少ないので物足りないと思うかもしれませんが、初心者からするとどのプランにすれば良いのか迷わなくて済みます。

TONEモバイルの料金プラン

データ容量月額料金
無制限※1,000円

※通信速度は500kbps - 600kbps

会社名SIM料金利用回線申し込み
1,000円〜
ドコモ

全国のイオンでサポートを受けられる【イオンモバイル】

イオンモバイルもサポートが充実している格安SIMの1つです。

全国のイオン200店舗以上でサポートを受けられるのが特徴です。契約後のアフターサポートはもちろん、契約前に実機を確認したり、プランに関する相談をしたりすることもできます。

最近で独自の店舗を用意したり、家電量販店内に相談ブースを設けたりする格安SIMも増えてきました。しかし、それらは都市部に用意されることが多く、地方に住んでいる人だと利用しづらいです。

イオンであれば都市部はもちろん、地方にも多数出展しているため、どの地域に住んでいる人でも対面によるサポートが受けられやすいです。

スマホとSIMカードの無料貸し出しサービスを実施している

イオンモバイルでは20歳以上の人を対象に、イオンモバイルの端末とデータSIMを1週間無料で試せる「無料貸し出しサービス」を実施しています。

初めて格安SIMを利用する人の中にはちゃんと使えるのか不安な人も多いでしょう。イオンモバイルなら契約する前に実際のサービスを体験できるので、納得した上で契約することが可能です。

イオンモバイルの料金プラン

データ容量音声プランデータプラン
500MB1,130円なし
1GB1,280円480円
2GB1,380円780円
4GB1,580円980円
6GB1,980円1,480円
8GB2,680円1,980円
12GB3,280円2,680円
20GB4,680円3,980円
30GB6,080円5,380円
40GB7,980円7,480円
50GB10,800円10,300円
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜
ドコモ
au

端末セットで豊富でしかも安い【楽天モバイル】

端末とSIMカードをセットで購入したいという人は「楽天モバイル」がおすすめです。

端末セットは選べるスマホが限られるというのがデメリットですが、楽天モバイルでは最新モデルから人気モデル、国産スマホまで、全部で24種類ものSIMフリー端末を取り扱っています。格安SIMではあまり扱われていないiPhoneが購入できるのも魅力です。

これだけあれば、自分に合った端末を選ぶことができます。セット販売されている端末は楽天モバイルでの動作が保証されているので、せっかく買ったのに動作しなかった、といったことが起きません。

しかも楽天モバイルでは端末代が割引されるお得なキャンペーンを多数実施しており、別々に購入するよりも安く購入できます。

スーパーホーダイの長期優待ボーナスなら端末代が最安0円!

さらに、楽天モバイルには「スーパーホーダイ」という特殊なプランが用意されています。スーパーホーダイはデータ通信量と5分かけ放題がセットになっているほか、データ通信量を使い切っても最大1Mbpsで使い放題という特徴があります。

スーパーホーダイでは「長期優待ボーナス」を利用することができます。長期優待ボーナスはスーパーホーダイの最低利用期間が1年間から2年間もしくは3年間に延びる代わりに、スマホの端末代が割引されるというものです。

最低利用期間が延びると解約しにくくなりますし違約金も高くなりますが、端末代が最大20,000円も割引され、端末によっては0円で購入可能です。

端末セットを安く購入したいなら、楽天モバイルがおすすめです。

楽天モバイルの料金プラン

  • 組み合わせプラン
プラン名音声通話SIM050データSIMデータSIM
ベーシックプラン※1,250円645円525円
3.1GBプラン1,600円1,020円900円
5GBプラン2,150円1,570円1,450円
10GBプラン2,960円2,380円2,260円
20GBプラン4,750円4,170円4,050円
30GBプラン6,150円5,520円5,450円

※最大通信速度は200kbps

  • スーパーホーダイ
2GB6GB14GB
プラン名データ通信量月額料金※1※2
プランS1,980円
プランM2,980円
プランL4,980円

※1 楽天会員割適用時  ※2 2年目以降は+1,000円

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜
ドコモ
au

格安SIM初心者はサポートやセット価格を重視しよう!

格安SIMを選ぶ際は月額料金やサービス内容などさまざまポイントで比較する必要がありますが、初心者の場合はサポート端末セットの2つを重視すると良いでしょう。

とくにサポートは重要です。どこを選んでも手厚いサポートを受けられる大手キャリアと異なり、格安SIMは事業者によってサポートの質がバラバラです。

今回紹介したTONEモバイル、イオンモバイル、楽天モバイルは全国に店舗を構えているので、対面による手厚いサポートが受けられます。また、イオンモバイルと楽天モバイルは端末セットも豊富なので、SIMカードと端末をセットで購入したい人にもおすすめです。

会社名SIM料金利用回線申し込み
1,000円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜
ドコモ
au