大手キャリアから格安SIMへMNPする方法

大手キャリア(docomo・au・ソフトバンク)から格安SIMへMNPのまとめ

MNPとは?

MNPとはモバイル・ナンバー・ポータビリティの略称で、携帯電話の番号を変えずに他社へ乗り換えることができます!

MNP手続きを行わずにMVNOに乗り換えると、電話番号が変わってしまうので注意が必要です。

MNPの手順

MNPの手順はとても簡単ではじめての方でも簡単におこなうことができます。

  • 大手キャリアの店舗やマイページ、電話などでMNP予約番号を取得する
  • MVNO公式サイトへ申し込みをする
  • SIMカードを受け取って切り替えの申し込みを行う
  • 端末の設定を行えば、利用可能!

取得方法はキャリアによって異なりますが、どのキャリアでもキャリアショップ、キャリアのマイページ、電話のいずれかで申し込みして、MNP予約番号を取得することができます。

大手キャリアからMNPする注意事項

注意点①MNP予約番号の有効期限を確認

MNP予約番号には有効期限があり、どのキャリアで発行しても予約当日を含めた15日間となっていて、その期間をもう一度再発行する必要があります。

さらにMVNOごとに有効期限の残日数が必要な場合があるので、自分が乗り換える予定のMVNOの残日数を確認しておくことがおすすめです。

注意点②利用できるSIMの確認

MNPをおこなう前に自分の使ってるスマホがどのSIMサイズでどこのキャリアのものを使っているかを確認する必要があります。

SIMカードのサイズは

  • 標準SIM
  • Micro SIM
  • nano SIM

といった3タイプあります。基本的には端末の公式サイトに記載されているので確認するのは簡単です。

また大手キャリアで契約したスマホはSIMロックがかかっており、SIMロックを解除するかスマホとMVNOの利用回線が同じ会社を選ぶ必要があります。

またもしSIMロック解除して使いたい場合はSIMロックの解除ができる端末が2015年の5月以降の端末となっていて、それ以前に大手キャリアで発売された端末はSIMロック解除できなので注意が必要です。

SIMロック解除なしで利用できるMVNOまとめ

注意点③MNP転出手数料が発生

MNP予約番号を発行するときに現在利用中のキャリアに対してMNP転出手数料を支払う必要があります。

MNP転出手数料は大手キャリアによって料金が違うので注意が必要です。

キャリア別手数料

大手キャリアMNP転出手数料
au2,000円
ドコモ2,000円
ソフトバンク3,000円

注意点④違約金の発生

大手キャリアの場合2年縛りがある際は解約月以外で解約すると違約金9,500(税抜)が発生します。

2年縛りとは大手キャリアが既存ユーザーを手放さないために、ユーザーにとって携帯料金を安く利用できる代わりに2年間の継続利用を約束するものです。

そのため縛り期間内に解約してしまうとかなり高い金額を支払わなければなってしまうため、解約月まで待って乗り換えするのがオススメです。

大手キャリアからMNPする際の事前準備

大手キャリアからMNPする際にはクレジットカードや身分証明できるものが必要になってきます。

また@docomo.ne.jpといったキャリアメールが使えなくなるのであらかじめGmailなどといったフリーメールに登録しておくことがおすすめです。

必要な情報

どのMVNOの会社でも

クレジットカード 本人確認書類(運転免許証)など MNP予約番号

この3点が必要になっています。

もしクレジットカードを持っていない場合、ほとんどのMVNOで支払いの際に必要になっているのであらかめじめ作っておく必要があります。

キャリアメール

キャリアメールとはdocomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpなどのキャリアの契約によって利用可能になるメールサービスです。

そのため大手キャリアからMVNOに乗り換えるときに大手キャリアで提供している   docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpなどのキャリアメールアドレスが使えなくなります。

大手キャリアからMVNOに乗り換えるときに大手キャリアで提供しているdocomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpなどのキャリアメールアドレスが使えなくなります。

キャリアメールとはdocomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jpなどのキャリアの契約によって利用可能になるメールサービスです。

MVNOでもメールアドレスを提供している会社もありますが、追加料金が発生したり一部登録できないサービスがあるので、Gmailやyahooなどのフリーメールを登録するのがおすすめです。