格安SIM利用中の際の機種変更方法と注意点まとめ

格安SIMを長年使っていると端末が古くなり、機種変更をしたくなると思います。

大手キャリアの場合はショップに行くことで機種変更が簡単にできましたが、格安SIMの場合はどのように機種変更すればよいのでしょうか?

今回は格安SIMを利用している際の機種変更の方法と、機種変更をする際の注意点をまとめました。

機種入手方法

大手キャリアで機種変更をする場合は、利用しているキャリアのショップで新しい機種を購入するのが一般的です。

それに対して、格安SIMの場合は大きく分けて以下の2つの方法があります。

  • 現在利用している事業者の端末を購入する
  • SIMフリー端末またはキャリアの中古端末を自分で購入する

どちらも一長一短ありますが、初心者の場合は前者が、ある程度格安SIMやスマホに慣れている場合は後者がおすすめです。

機種変更時の注意点

格安SIMで機種変更をする際に、現在利用している事業者の端末を購入する場合はSIMカードのサイズに気を付けましょう。

SIMフリー端末またはキャリアの中古端末を自分で購入する場合は端末の対応している回線、および利用している格安SIMのOSの対応状況を確認しましょう。

また、キャリアの中古端末の場合はSIMロックがかかっていないか、そしてネットワーク利用制限がかかっていないかにも注意してください。

格安SIMの機種の入手方法

格安SIMの機種の入手方法は大きく分けて2つあります。

  • 利用している事業者の端末を購入する
  • SIMフリー端末(または利用可能な大手キャリアの端末)を購入する

それぞれについてみていきましょう。

①利用している事業者の端末を購入する

格安SIMの機種の入手方法の1つ目は、利用している格安SIM事業者の端末を購入する方法です。

感覚的には大手キャリアの機種変更と同じで、利用している事業者が取り扱っている端末の中から好きなものを選び、購入します。

事業者が取り扱っている端末は基本的には通常のSIMフリー端末と変わりません。しかし、通常よりも安く購入できる、その格安SIMでの動作が保証されている、といったメリットがあります。

とくに、その端末が「自分の利用している格安SIMに対応しているかどうか」を気にせず購入できるのは初心者にとってはありがたいですね。したがって、格安SIM初心者の場合は自分が利用している事業者から購入するのがおすすめです。

ただし、端末を取り扱っていても購入できるのはSIMカードとのセットのみで、端末単体では購入できない格安SIM事業者もあります。あらかじめ、利用している事業者に問い合わせてみましょう。

②SIMフリー端末(または利用可能な大手キャリアの端末)を購入する

格安SIMで機種変更をするもう1つの方法はSIMフリー端末、もしくは利用可能な大手キャリアの端末を購入する方法です。

事業者から購入する場合はその事業者が取り扱っている端末に限られてしまいます。しかし、自分でSIMフリー端末やキャリアの中古端末を購入する場合は幅広い端末の中から好きなものを選ぶことができます。

SIMフリー端末の場合は家電量販店やインターネット通販など、自分が普段利用している方法で手軽に購入できるのも魅力です。

自分が利用している事業者が端末を取り扱っていない場合や、取り扱っているが種類が少ない場合は自分でSIMフリー端末やキャリアの中古端末を購入しましょう。

格安SIMの機種変更時の注意点

大手キャリアと違い、格安SIMで機種変更をする際はいくつか注意点があります。順番に見ていきましょう。

①利用している事業者の端末を購入した場合

現在利用している事業者の端末を購入した場合はSIMカードのサイズに注意してください。

格安SIM事業者で販売されている端末はその格安SIMでの動作が保証されています。そのため、回線が対応しているかなどは気にする必要がありません。

ただし、SIMカードのサイズは端末によってバラバラなので、現在使っているスマホと機種変更予定のスマホでSIMカードのサイズが異なることもあります。

必ず現在使っているSIMカードのサイズを確認し、そのサイズに合った端末を購入しましょう。また、どうしても使いたい端末の対応サイズが現在のSIMカードのサイズと違う場合は、SIMカードサイズ変更手続きも検討しましょう。

②SIMフリー端末(または利用可能な大手キャリアの端末)を購入した場合

SIMフリー端末、もしくは大手キャリアの端末を購入する場合も、事業者から端末を購入する際と同様にSIMカードサイズに気を付けましょう。

加えて、以下の3つにも注意が必要です。

  • 端末が対応している回線
  • SIMロックとネットワーク利用制限(大手キャリアの端末の場合)
  • OSの対応状況

端末が対応している回線

SIMフリー端末とキャリアの中古端末を購入する際にもっとも気を付けたいのが、その端末の「対応している回線」です。

利用している格安SIMの回線に対応している端末でないと、SIMカードを挿しても使うことができません。例えば、ドコモ回線のSIMカードを使う場合、端末もドコモ回線に対応している必要があります。

端末によって対応している回線が異なるので、大手キャリアの端末はもちろん、SIMフリー端末でもあらかじめ対応している回線を確認する必要があります。

とくにau系の格安SIMを使う場合はauの4G回線である「au VoLTE」に対応しているかどうかをしっかり確認しましょう。

また、格安SIM事業者の多くは独自に端末の動作確認を行っており、ホームページで公表しています。自分の使いたい端末が動作確認されているかどうかも、事前にチェックするようにしましょう。

SIMロックと利用制限(大手キャリアの端末の場合)

大手キャリアの中古端末を利用する場合は「SIMロック」と「ネットワーク利用制限」に気を付けましょう。

SIMロックとは、他社のSIMカードが使えないように制限をかけることです。SIMロックがかかっている場合はそのキャリア以外のSIMカードが使えないため、格安SIMが使えないことがあります。

例えばドコモの端末はドコモのSIMカードしか使えないようにSIMロックがかかっています。この場合、ドコモ回線の格安SIMはそのまま使えますが、au回線とソフトバンク回線の格安SIMは使えません。

2015年5月からはこのSIMロックを外して他のキャリアのSIMカードが使えるようにする「SIMロック解除」が義務化されました。

しかし、実際にSIMロック解除をするかどうかは端末を利用するユーザーが決めることなので、SIMロックがかかったままの端末が中古で販売されていることもあります。

そのため、キャリアの中古端末を購入する際はSIMロックがかかっているかどうかを必ず確認しましょう。

また、SIMロックと同じくらい重要なのが「ネットワーク利用制限」です。大手キャリアの端末は一括ではなく分割で購入できますが、分割代金を滞納するとネットワーク利用制限がかかり、通信や通話が一切できなくなります。

せっかくスマホを購入したのに通信も通話もできないのでは困りますね。キャリアの中古端末を購入する際は、ネットワーク利用制限がかかっていないかどうかを確認しましょう。

ネットワーク利用制限がかかっているかどうかは各キャリアのホームページでその端末の「IMEI」を入力すると確認できます。

とくにオークションやフリマサイトなどで個人から購入する場合は事前にIMEIを教えてもらい、ネットワーク利用制限にかかっていないことを確認してから購入しましょう。

OSの対応状況

SIMフリー端末やキャリアの中古端末を購入する場合はOSの対応状況にも目を通しておきましょう。

同じ端末でも、OSのバージョンが新しくなると使えなかったり、機能が制限されたりすることがあります。

とくにiPhoneの場合、iOSの最新バージョンになると利用できない、逆にバージョンが古すぎると通信はできるがテザリングができない、といったこともあります。

端末の回線が対応しているかどうかだけでなく、その端末のOSの対応状況もしっかり確認しておきましょう。