テザリングするのにおすすめな格安SIM5社徹底比較

MVNO特徴
楽天モバイル20GBと30GBの大容量プランならテザリング無料
DMMモバイル2高速データ通信プランでテザリングできる
mineoドコモユーザーが利用しやすい
UQモバイルauユーザーが利用しやすい
IIJmio大容量オプションと組み合わせるとお得
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
980円〜au
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

テザリングができる端末は?

格安SIMでは、すべての端末でテザリングできるとは限りません。

テザリングができる格安SIMと端末の組み合わせには次のようなものがあります。確認しておきましょう!

回線の種類端末の種類テザリング対応
ドコモ回線ドコモ・Android対応していません
ドコモ回線ドコモ・iPhone対応しています(iOS7.X以外)
ドコモ回線SIMフリー・Android対応しています
ドコモ回線SIMフリー・iPhone対応しています(iOS7.X以外)
au回線au・Android対応しています
au回線au・iPhone対応していません
au回線ドコモ・Android対応しています(SIMロック解除が必要)
au回線ドコモ・iPhone対応していません
au回線SIMフリー・Android一部機種で対応しています
au回線SIMフリー・iPhone対応していません

ドコモ回線の格安SIMの場合、SIMフリーであればandroidとiPhoneの両方でテザリングに対応していますが、ドコモ端末ではiPhoneのみがテザリングに対応しています。au回線の格安SIMでは、androidのみテザリングができるようになっています。

au回線でSIMフリーの端末は、周波数帯のBand1とBand11、Band18とBand26とBand28のどれかに対応しているandroidのみがテザリングに対応しています。ベストはプラチナバンドのBand18の対応機種です。

そしてソフトバンク回線では、MVNOではなくMNO(通信事業者)のワイモバイルが、キャリアよりも安い料金でテザリングに対応しています。

楽天モバイル

楽天市場などで知られている楽天が提供する、ドコモ回線を使った格安SIMサービスです。楽天モバイルでは、テザリングが無料で利用できる20GBと30GBの大容量プランが用意されています。その月に使い切れずに余ったデータ容量は、翌月に繰り越して使用することができるようになっています。

料金プラン通話SIM(税抜)050データSIM(SMSあり・税抜))データSIM(SMSなし・税抜)通信速度
20GBプラン4750円4170円4050円下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps
30GBプラン6150円5520円5450円下り最大262.5Mbps/上り最大50Mbps
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ

DMMモバイル

動画配信やFXなどで知られるDMMが提供する、ドコモ回線を使用した格安SIMサービスです。テザリングは対応可能な機種のみとなっているため、公式サイトの対応機種をきちんと確認しておくと良いでしょう。テザリングの利用に向いている10GB以上のプランは以下のようになっています。

高速データ通信容量データSIM(税抜)通話SIM(税抜)通信速度(最大)
高速データ通信プラン10GB2190円2890円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン15GB3280円3980円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン20GB3980円4680円下り500Mbps/上り50Mbps

DMMモバイルでは、高速データ通信をOFFにした状態などの低速通信時においても、ページの読み込み開始に限り高速通信をしてくれる「バースト機能」があるのが特徴です。余ったデータも翌月に繰り越して使うこともできますし、シェアコースを使えば家族とデータ容量を分けることも可能となっています。

会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)は、関西電力グループのケイ・オプティコムが提供する、ドコモ回線とau回線の両方から選ぶことができる格安SIMサービスです。ただし、テザリングに関しては、ドコモ回線の「Dプラン」のみの対応となっているため、事前に対応機種を確認しておくことで、スムーズに利用することができます。テザリングの利用がしやすい10GB以上の「Dプラン」には、次のようなものがあります。

データ容量シングルタイプ(データ通信のみ・税抜)デュアルタイプ(データ通信+090音声通話・税抜)通信速度(最大)
10GB2520円3220円受信225Mbps/送信50Mbps
20GB3980円4680円受信225Mbps/送信50Mbps
30GB5900円6600円受信225Mbps/送信50Mbps
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au

UQモバイル

UQモバイルは、数少ないau回線が使える格安SIMサービスを提供しているKDDIグループのMVNOです。au回線ならではのつながりやすさと、通信速度の安定性に定評があります。テザリングにおすすめのプランには次のようなものがあります。

プランMプランL
月額料金(税抜)2980円4980円
データ容量6GB14GB
ぴったりプラン無料通話120分(1ヶ月につき)無料通話180分(1ヶ月につき)
おしゃべりプラン5分以内まで無料(1回の通話につき)5分以内まで無料(1回の通話につき)

「ぴったりプラン」は、無料通話がついているため、比較的長めに通話をする人におすすめです。一方、「おしゃべりプラン」は、国内通話5分以内であれば、1ヶ月に何度でも追加料金無しで通話ができるようになっています。短い時間の通話を頻繁にする人におすすめのプランです。

ただし使用開始から14ヶ月目以降はプランMの場合3980円、プランLの場合には5980円となる点と、25ヶ月目以降のデータ容量がプランMでは3GB、プランLでは7GBと半分の容量になってしまうため、そのあたりを踏まえた上で検討すると良いでしょう。

会社名SIM料金利用回線申し込み
980円〜au

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)は、au回線とドコモ回線の両方から選べる格安SIMサービスです。IIJmio(みおふぉん)でテザリングを利用する場合、以下のプランに「大容量オプション」を組み合わせる方法がおすすめです。

3GBミニマムスタートプラン6GBライトスタートプラン10GBファミリーシェアプラン通信速度(最大)
データ通信専用SIM(docomoのみ・税抜)900円~1520円~2560円~下り682Mbps/上り50Mbps
SMS機能付きSIM(税抜)1040円~(docomo)・900円~(au)1660円~(docomo)・1520円~(au)2700円~(docomo)・2560円~(au)下り682Mbps/上り50Mbps(docomo)・下り370Mbps/上り50Mbps(au)
音声通話機能付きSIM・みおふぉん(税抜)1600円~(docomo・au共通)2220円~(docomo・au共通)3260円~(docomo・au共通)下り682Mbps/上り50Mbps(docomo)・下り370Mbps/上り50Mbps(au)

大容量オプションには、20GB(月額3100円・税抜)と30GB(月額5000円・税抜)のどちらかから選ぶことができると同時に、両方を組み合わせて合計50GBをプラスすることも可能となっています。

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

格安SIMで賢くお得にテザリングを利用しよう

テザリングするのにおすすめなMVNOの比較として、楽天モバイルとDMMモバイル、mineo(マイネオ)とUQモバイルとIIJmio(みおふぉん)を紹介してきました。

楽天モバイルでは、20GBと30GBのプランにてテザリングが無料で利用できます。DMMモバイルでは、テザリングに向いているプランとして10GBと15GBと20GBが用意されています。低速通信時にも高速で読み込みをしてくれる「バースト機能」が特徴です。

mineo(マイネオ)では、ドコモ回線の「Dプラン」のみテザリングに対応しています。UQモバイルは、安定した通信速度がテザリング向きとなっており、「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」がおすすめのプランです。

そしてIIJmio(みおふぉん)テザリングを利用する際には、通常プランに最大50GBまでプラスできる「大容量プラン」との組み合わせがおすすめです。

大容量で使える格安SIMナンバーワンはどこ?MVNO5社徹底比較
関連記事大容量で使える格安SIMナンバーワンはどこ?MVNO5社徹底比較
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au