シェアプランを利用するなら!おすすめMVNO4社比較

格安SIMを提供するMVNOの中には、シェアプランという形で、契約したデータ容量を、複数枚のSIMカードで分ける(シェアする)ことができるようになっています。

このシェアプランを使うことで、スマホの2台持ちはもちろんのこと、スマートフォンとタブレットの2台持ちや、家族同士などでデータ容量を効率よく使い切ることができます。それと同時に、利用料金の節約にもつながるため、導入を検討する価値は充分にありますよ!

ここではシェアプランを利用できるおすすめMVNOを比較していきます。

MVNO最大SIMシェア枚数月額料金(最安値)メリット
DMMモバイル3枚440円余ったデータ量は自動で翌月繰り越し
BIGLOBEモバイル4枚900円動画見放題・音楽聴き放題
mineo5枚700円余ったデータ量を分け合える
イオンモバイル5枚980円店舗が全国にあって安心
会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au

DMMモバイルはSIMカードを最大3枚シェアできる!月額480円~

DMMモバイルはFXなどでおなじみのDMMがMVNOとして提供する、ドコモ回線の格安SIMサービスです。DMMモバイルのシェアコースには次のようなものがあります。

高速データ通信容量データSIM(税抜)通話SIM1枚(税抜)通話SIM2枚(税抜)通話SIM3枚(税抜)
高速データ通信プラン1GB480円1,260円1,960円2,660円
高速データ通信プラン2GB770円1,380円2,080円2,780円
高速データ通信プラン3GB850円1,500円2,200円2,900円
高速データ通信プラン5GB1,210円1,910円2,610円3,310円
高速データ通信プラン7GB1,860円2,560円3,260円3,960円
高速データ通信プラン8GB1,980円2,680円3,380円4,080円
高速データ通信プラン10GB2,190円2,890円3,590円4,290円
高速データ通信プラン15GB3,280円3,980円4,680円5,380円
高速データ通信プラン20GB3,980円4,680円5,380円6,080円

DMMモバイルでは、データSIMと通話SIMの合計で「3枚」までのSIMカードを持つことができます。データSIMに関しては枚数が増えても料金の変動はありませんが、SMSを利用する際には別途SMSオプション150円(税抜)を申し込むことになります。

それから1GBから7GBのシェアコースの場合、SIMカード1枚追加につき、月間で300円(税抜)の追加SIM利用料を支払うことになります。余ったデータ容量は翌月に自動的に繰り越しになる他、基本料金が利用期間で変動することがないというメリットがあります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ

BIGLOBEモバイルはSIMカードを最大4枚シェアできる!月額900円~

インターネットプロバイダーとして知られるBIGLOBEからも、ドコモ回線を利用した格安SIMサービスが提供されています。Youtubeなどの視聴をデータ容量としてカウントしない、「エンタメフリーオプション」が注目を集めています。

BIGLOBEモバイルのシェアプランには、3ギガと6ギガ、12ギガと20ギガと30ギガのプランが用意されています。最大でSIMカード4枚までの追加が可能となっており、音声通話SIM1枚追加につき月間で900円(税抜)の使用料がかかります。

データSIMの場合には1枚追加につき月間で200円(税抜)の使用料が発生しますが、ここでは音声通話SIMを追加した場合の料金表を作成しています。

料金プランデータSIM(税抜)音声通話SIM1枚(税抜)音声通話SIM2枚(税抜)音声通話SIM3枚(税抜)音声通話SIM4枚(税抜)音声通話SIM5枚(税抜)
3ギガプラン900円1,600円2,500円3,400円4,300円5,200円
6ギガプラン1,450円2,150円3,050円3,950円4,850円5,750円
12ギガプラン2,700円3,400円4,300円5,200円6,100円7,000円
20ギガプラン4,500円5,200円6,100円7,000円7900円8,800円
30ギガプラン6,750円7,450円8,350円9,250円10,150円11,050円

余ったデータ容量は、翌月に繰り越して使うことができるようになっている他、ドコモで購入したiPhoneがそのまま使用できるメリットがあります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

mineo(マイネオ)はSIMカードを最大5枚シェアできる!月額700円~

mineo(マイネオ)は、関西電力グループのケイ・オプティコムが提供する、ドコモ回線とau回線から選ぶことが可能な格安SIMサービスです。

mineoのシェアプランには、家族向けの「パケットシェア」と、友達同士で分け合える「パケットギフト」mineoのユーザー同士で分け合える「フリータンク」と「チップ」があります。中でも「パケットシェア」では、SIMカードの追加をしなくても最大5回線まで利用することができます。家族で利用することでお得になるシェアプランと言えるでしょう。

データ容量シングルタイプ(データ通信のみ・税抜)デュアルタイプ(データ通信+090音声通話・税抜)通信速度(最大)
500MB700円(docomo/au共通)1,400円(docomo)/1,310円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
1GB800円(docomo/au共通)1,500円(docomo)/1,410円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
3GB900円(docomo/au共通)1,600円(docomo)/1,510円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
6GB1,580円(docomo/au共通)2,280円(docomo)/2,190円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
10GB2,520円(docomo/au共通)2,520円(docomo)/3,130円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
20GB3,980円(docomo/au共通)3,980円(docomo)/4,590円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
30GB5,900円(docomo/au共通)5,900円(docomo)/6,510円(au)受信225Mbps(docomo/au共通)/送信50Mbps(docomo)/送信25Mbps(au)
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク

イオンモバイルはSIMカードを最大5枚シェアできる!月額980円~

イオンモバイルは、日本全国でない地域を探す方が難しい、イオンが提供するドコモ回線の格安SIMサービスです。イオンモバイルのシェアプランには、SIMカードを最大5枚まで持つことができる「シェア音声プラン」があります。

高速データ通信容量データプラン(税抜)音声プラン(税抜)シェア音声プラン(税抜)通信速度(最大)
4ギガプラン4GB980円1,580円1,780円下り375Mbps/上り50Mbps
6ギガプラン6GB1,480円1,980円2,280円下り375Mbps/上り50Mbps
8ギガプラン8GB1,980円2,680円2,980円下り375Mbps/上り50Mbps
12ギガプラン12GB2,680円3,280円3,580円下り375Mbps/上り50Mbps
20ギガプラン20GB3,980円4,680円4,980円下り375Mbps/上り50Mbps
30ギガプラン30GB5,380円6,080円6,380円下り375Mbps/上り50Mbps
40ギガプラン40GB7,480円7,980円8,280円下り375Mbps/上り50Mbps
50ギガプラン50GB10,300円10,800円11,100円下り375Mbps/上り50Mbps

ただし、SIMカードの4枚目および5枚目に関しては、1枚につき月額200円(税抜)の利用料が発生します。

会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au

シェアプランを利用!おすすめはmineo!

シェアプランを利用できるおすすめMVNOの比較として、DMMモバイルとBIGLOBE、mineo(マイネオ)とイオンモバイルを紹介してきました。

DMMモバイルでは、合計で3枚までのSIMカードを、追加料金700円(税抜・通話SIMの場合)を支払うことで持つことができます。

BIGLOBEでは、音声通話SIMの場合は1枚につき月間で900円(税抜)、データSIMの場合には1枚につき200円(税抜)を支払うことで、最大で5枚までのSIMカードを持つことができます。

イオンモバイルでは、最大で5枚までのSIMカードを持つことができる「シェア音声プラン」が用意されています。

そして、ぴたスマ編集部おすすめはmineo(マイネオ)です!

mineoでは、「パケットシェア」に申し込むことでSIMカードの追加をしなくても最大で5回線までの利用ができるためとっても楽なうえにお得です。回線も5回線まで持てるため、家族での利用にもぴったりです。

家族利用におすすめのMVNOは?おすすめ格安SIM5社比較
関連記事家族利用におすすめのMVNOは?おすすめ格安SIM5社比較
会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au