月額料金1,500円以下で音声通話SIMを利用するなら!おすすめMVNO5社

格安SIMに乗り換える理由には、月額料金をキャリア携帯よりも大幅に安くできることが、挙げられますよね。ただ、格安SIM料金をよく見てみると安い価格となのはインターネット接続のみのデータ通信SIMが多く、通話オプションを加えると、当初のイメージよりも月額料金が高くなったという話を聞きます。

しかし!通話を利用したい方でも、1,500円以下の安い料金で運用できるMVNOがあります。

今回は、できるだけ月額料金を安く抑えたいと考えている方のために、月額料金1500円以下で利用できるおすすめの音声通話SIMを比較していきます。

MVNO月額料金(最安値)特徴
mineo1,310円マルチキャリア対応
楽天モバイル1,250円ベーシックプランがお得
DMMモバイル1,140円無制限のライトプランがおすすめ
LINEモバイル1,200円カウントフリー
イオンモバイル1,130円最低利用期間や解約金ナシ
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au

mineo(マイネオ)は月額1,310円~

mineo(マイネオ)は、ドコモ回線とau回線の2種類から選ぶことができるマルチキャリア対応の格安SIMサービスです。ドコモ回線と比べるとau回線の格安SIMはまだまだ数少ないため、auユーザーの乗り換えの強い味方です。

mineo(マイネオ)は、関西電力グループのケイ・オプティコムがMVNOとして提供している格安SIMです。

データ容量デュアルタイプ(データ通信+音声通話・税抜)国内通話料金通信速度(最大)
500MB1,400円(docomo)/1,310円(au)30秒につき20円受信225Mbps/送信25Mbps
1GB1,500円(docomo)/1,410円(au)30秒につき20円受信225Mbps/送信25Mbps

※ドコモ回線(Dプラン)とau回線(Aプラン)で若干月額料金が異なるため注意してください。

mineo(マイネオ)の月額料金1,500円以下で音声通話ができるプランには、デュアルタイプの500MBと1GBが用意されています。

データ容量1GBでどんなことができるのか?ということを表にしてみました。参考にしてみてください。

コンテンツ1GBの目安
Webページの閲覧(※1ページ300KB)3490ページ
メール送受信(※1通500KB・添付ファイル付)2000通
Youtubeの視聴(※中程度の画質)4.5時間
音楽のダウンロード(※1曲4分程度の楽曲)250曲
LINE無料通話40時間・ビデオ通話3時間

月間のデータ容量1GBは、メールやSNSを主に利用する人に向いているプランです。

会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク

楽天モバイルは月額1,250円~

楽天モバイルは名前から想像できる通り、楽天市場で知られる楽天から提供されている、ドコモ回線を使った格安SIMサービスです。楽天会員になることで、月々の使用料金にも楽天ポイントが付与され、楽天市場や月々の使用料金の支払いに使うこともできるメリットがあります。

料金プラン通話SIM(税抜)通信速度(最大)
ベーシック1,250円200kbps

月額料金1,500円以下で利用できる通話SIMとして、ベーシックプランがあります。ベーシックプランは、月々のデータ通信量の制限がない代わりに、通信速度が最大200kbpsと設定されているのが特徴です。月額料金を抑えながらほどほどにスマートフォンを利用したい人におすすめのプランです。

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ

DMMモバイルは月額1,260円~

DMMモバイルは、FXや動画配信サービスで知られるDMMが提供するドコモ回線を使った格安SIMサービスです。DMMモバイルにて月額料金1,500円以下で利用できる通話SIMには、次のようなものがあります。

高速データ通信容量通話SIM(税抜)通信速度(最大)
ライトプラン1,140円200kbps
高速データ通信プラン1GB1,260円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン2GB1,380円下り500Mbps/上り50Mbps
高速データ通信プラン3GB1,500円下り500Mbps/上り50Mbps

「ライトプラン」は通信速度を最大200kbpsに抑えることで、データ通信量が無制限となるプランです。それから高速データ通信プランの1GBと2GBと3GBから選ぶことができます。

参考までに3GBでできることにはどのようなことがあるのか?ということを表にしてみました。

コンテンツ3GBの目安
Webページの閲覧(※1ページ300KB)10470ページ
メール送受信(※1通500KB・添付ファイル付)6200通
Youtubeの視聴(※中程度の画質)13.5時間
音楽のダウンロード(※1曲4分程度の楽曲)750曲
LINE無料通話200時間・ビデオ通話10時間

前述した1GBよりも多くのことができることがわかります。動画の視聴やゲームを頻繁に行う人でなければ、概ね3GBのデータ容量があれば不足することはないと思われます。

DMMモバイルでは、契約後のプラン変更が可能であることと、余った分のデータ容量を翌月に繰り越すこともできるようになっています。利用期間による基本料金の変動もありません。ただし、通話SIMには最低利用期間が12ヶ月と設定されているため、12ヶ月以内での解約には解約手数料9,000円(税抜)を支払う必要があります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ

LINEモバイルは月額1,200円~

LINEモバイルは、10代から20代の人たちに最も利用されているSNSである「LINE」が提供する、ドコモ回線を使用した格安SIMサービスです。月額料金1,500円以下で利用できる通話SIMのプランとして、「LINEフリープラン」が用意されています。

データ通信容量データ+SMS+音声通話(税抜)国内通話料金(税抜)通信速度(最大)
LINEフリープラン1GB1,200円30秒につき20円下り375Mbps/上り50Mbps

カウントフリー

LINEフリープランには、LINEなどの対象となるサービスでのデータ使用量を、「ゼロ」としてカウントする「カウントフリー」機能がついています。 対象となるサービスはLINEの他、TwitterやFacebook、InstagramとLINE MUSICがあります。

カウントフリーとなる条件には、ブラウザの使用と公式アプリからのアクセスがあります。外部リンク先への接続や、ライブストリーミングなどは対象とはならないため、事前に適用条件をきちんと把握しておく必要があります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ
ソフトバンク

イオンモバイルは月額1,130円~

イオンモバイルは、全国各地で展開するイオンモールでおなじみのイオンが提供する、ドコモ回線を使った格安SIMサービスです。月額料金1,500円以下の音声通話プランには、「音声500MB」と「音声1GB」と「音声2GB」の3種類があります。

音声通話(税抜)国内通話料金(税抜)通信速度(最大)
500MBプラン1,130円30秒につき20円下り375Mbps/上り50Mbps
1GBプラン1,280円30秒につき20円下り375Mbps/上り50Mbps
2GBプラン1,380円30秒につき20円下り375Mbps/上り50Mbps

イオンモバイルでは、最低利用期間や解約手数料が設定されていないため、お試しとしての利用に向いていると言えるでしょう。近くにイオンの店舗がある人や、メールやインターネットでのやり取りではなく、対面で質問や相談をしたい人におすすめの格安SIMです。

会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au

月額料金1,500円以下!おすすめは楽天モバイル

月額料金1,500円以下で利用できるおすすめ音声通話SIMの比較として、mineo(マイネオ)と楽天モバイル、DMMモバイルとLINEモバイル、そしてイオンモバイルを紹介しました。

mineo(マイネオ)は、ドコモ回線とau回線の2種類から選べるメリットがあります。特にauユーザーの格安SIMへの乗り換えとして、有力な選択肢のひとつと言えるでしょう。音声通話プランでは、500MBと1GBが月額1,500円以下で利用可能となっています。

DMMモバイルでは、月額1,500円以下で利用できる音声通話プランとして、データ通信量無制限の「ライトプラン」と高速データ通信プランの1GBと2GBと3GBの中から選ぶことができるようになっています。

LINEモバイルの月額1,500円以下で利用できる音声通話プランには、「LINEフリープラン」が用意されています。データ容量は1GBではありますが、LINEなどのSNSへのデータ使用量がゼロとなるカウントフリー機能がついているのが特徴です。

そして、楽天モバイルの月額1,500円以下で利用できる音声通話プランには、データ通信量の制限のない「ベーシックプラン」があります。通信量を気にすることなく利用できるし、大手楽天という安心感や、楽天会員はよりお得に運用ができるため非常におすすめです!

また、何より通話が多い方はかけ放題がある格安SIMを選ぶこともおすすめです!

かけ放題(通話定額)プランがあるMVNO7社比較!1番お得な格安SIMはどれ?
関連記事かけ放題(通話定額)プランがあるMVNO7社比較!1番お得な格安SIMはどれ?
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au