格安SIMで起こりうるトラブルを解決しよう!

格安SIMに乗り換えようとする時、気になるのは格安SIMで起こりうるトラブルですよね。どんなトラブルが起こっても対処できるように、事前に起こりうるトラブルを知って回避したり、トラブルが起こった時に落ち着いて対応できるように知識を得ておきましょう!

今回は格安SIMで起こりうるトラブルに関して、以下 つを紹介します!それぞれ解決方法も丁寧に説明していくため安心してくださいね!

格安SIMで起こりうるトラブル対処方法
SIMカードが入らない端末に挿入できるSIMのサイズを確認
サイズ変更可能(有料)
SIMカードの挿入口が分からない側面にある場合
電池パック側にある場合
SIMカードが反応してくれない向きを確認して挿しなおす
端末を再起動
SIMを柔らかい布等で拭く
APN設定(初期設定)を見直す
大手キャリアのメールアドレス利用不可フリーメールを利用
SNSを利用
独自メールアドレスが使える格安SIM利用
通信速度が大手キャリアより遅い通信速度が比較的速い格安SIMを契約
Wi-Fiを利用
サポート面が大手キャリアよりも緩い店舗がある格安SIMを選ぶ
サポートに力を入れている格安SIMを選ぶ
LINEが利用できない?SMS付きのSIMを契約する

初期設定時のトラブル

格安SIMは店舗のあるMVNO以外では、基本的には自身で初期設定をすることになります。

そのため、初期設定時のトラブルも相応に起こりやすくなります。

  • SIMカードが入らない
  • SIMカードの挿入口が分からない
  • SIMカードが反応してくれない

SIMカードが入らない

ほとんどの格安SIMは、公式サイトから自身でSIMカードを選択して購入することになります。

そのため、使用中のスマートフォンに対応しているSIMカードのサイズと、購入したSIMカードのサイズが合っていない場合、SIMカードが入らないことも考えられます。

このような場合、SIMカードを再発行してもらうことになるため、大抵の格安SIMでは、2,000円(税抜)ほどの再発行手数料を支払うことになります。購入前にはきちんとSIMカードのサイズを確認しておきましょう。

サイズに関して詳しくは下記記事で解説しています。

SIMカードとは?格安SIM?SIMフリー?全ての疑問を5分で解決
関連記事SIMカードとは?格安SIM?SIMフリー?全ての疑問を5分で解決

SIMカードの挿入口がわからない

お手持ちのスマートフォンの取扱説明書が手元にあれば、それを確認すれば良いだけの話ですが、キャリア携帯ではお店の人がSIMカードを挿入してくれるため、自身で行う際に混乱してしまうことも考えられます。

iPhoneなどのように、スマホの周辺にSIMカード用のトレイが設置されているものと、電池パックの箇所にSIMカード用のスロットなどが設置されているタイプがあります。

どちらの場合も、水分や静電気に十分注意してSIMカードをセッティングすることが大切です。

SIMカードが反応しない

格安SIMでは、SIMカードを自身で挿入することから、中にはSIMカードが反応しないケースもあります。この場合、一旦SIMカードを抜いてから、もう一度落ち着いて挿入し直します。

仮に接触不良が原因であれば、ほぼこれで解決します。SIMカードの向きも確認しておきましょう。

SIMカードを再度挿入し直しても反応しない場合には、端末の再起動を行います。一度電源をオフにしてから、電源を入れ直すだけで再起動が完了します。

これでもまだ反応しないようなら、もう一度SIMカードを取り出して、柔らかめの布でSIMカードを拭いてから挿入し直します。

うっかり挿入時にSIMカードの接触部分に触れてしまい、汚れがつくことで反応しないこともあるためです。

そしてそれでもSIMカードが反応しないようであれば、APN(Access Point Name)設定をし直す必要があります。

APN設定の方法は、格安SIMカードの説明書やパッケージなどに記載されています。APNの再設定をした後に、スマートフォンを再起動してみましょう。

格安SIMの初期設定(APN設定)って実は簡単!たったの2ステップ
関連記事格安SIMの初期設定(APN設定)って実は簡単!たったの2ステップ

これまでのメールアドレスが使用できない

キャリア携帯を使用している場合、「@docomo.ne.jp」や「@ezweb.ne.jp」などのメールアドレスを使用することができます。

ところが、格安SIMに変更した途端、これまでのメールアドレスを使うことはできなくなります。

  • フリーメールを使用
  • SNSを利用
  • 独自メールアドレスがある格安SIMを利用

フリーメールの使用

格安SIMでは、「Gmail」などのフリーメールを使用することがほとんどです。そのため、フィーチャーフォン(ガラケー)などにメールを送った際に、届かなくなることがあります。

迷惑メール防止のために「パソコンメールアドレスの受信拒否設定」をしている場合、フリーメールはパソコンのメールアドレスと認識されてしまうためです。

スマートフォンの中にも、ドメイン設定をしていないと、フリーメールでは届かなくなるケースがあります。

SNSを利用する

メールではなく、LINEなどのSNSをメインの連絡方法にするやり方があります。

格安SIMになってからも、アカウントを変更することなく利用できるので、現実的な方法のひとつと言えるでしょう。

カウントフリーがある格安SIM比較まとめ!おすすめMVNO3社比較
関連記事カウントフリーがある格安SIM比較まとめ!おすすめMVNO3社比較

メールアドレスのある格安SIMサービスを選択する

格安SIMの中には、キャリア携帯と同様のメールアドレスが得られるところもあります。

例えばUQモバイルの「@uqmoblie.jp」と、ワイモバイルの「@yahoo.ne.jp」です。

会社名SIM料金利用回線申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
1,480円〜
ワイモバイル
メールアドレスって格安SIMでも使える?利用できるMVNO4社を比較!
関連記事メールアドレスって格安SIMでも使える?利用できるMVNO4社を比較!

通信速度が遅い時間帯がある

ほとんどの格安SIMでは、12時から13時、17時から21時の時間帯で通信速度が遅くなる傾向があります。これはこの時間帯に格安SIMを利用する人が集中することが原因です。

対処法としては、この時間帯はSNSやメールの送受信だけにして、データ容量の使用頻度が高い動画の視聴や、ゲームをあえて避けるやり方があります。

それから比較的通信速度が安定していると言われている、UQモバイルやワイモバイルなどの格安SIMを利用する方法もあります。

他にも、Wi-Fiスポットが無料で利用できるBIGLOBEモバイルなども、通信速度問題の解決策となるかもしれません。

会社名SIM料金利用回線申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
1,480円〜
ワイモバイル
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ
au

サポート面の不安

格安SIMは店舗を持たずに公式サイトでの運営によってコストを下げています。そのため、相談や質問、故障時の対応などはメールでのやり取りが大半です。

もちろん電話でのやり取りも可能ですが、電話は時間帯によってはなかなかつながりにくく、長時間待たされてしまう可能性もあります。

そのため、サポート面の不安を解消するためには、店舗のある格安SIMを選ぶことが対処法となります。店舗を持つMVNOには、楽天モバイルとUQモバイル、ワイモバイルとmineo(マイネオ)などがあります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
1,480円〜
ワイモバイル
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜
ドコモ
au
ソフトバンク

それから全国各地にあるイオンモールでサポート対応をするイオンモバイルや、TSUTAYAでの対面サポートが受けられるTONEモバイルがあります。

他にも家電量販店などで初期設定のサポートを行ってくれる、BIGLOBEモバイルやIIJmio(みおふぉん)なども選択肢に入るかもしれません。

会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜
ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
1,000円〜
ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
1,980円〜
(イチキュッパ割)
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜
ドコモ
au
店舗がある格安SIMは?おすすめMVNO5社比較
関連記事店舗がある格安SIMは?おすすめMVNO5社比較

また、サポートに力を入れている格安SIMもあります!サポート面を確認してから契約することで、格安SIM契約後のトラブル回避にもなりますよ!

サポート体制が整ってるMVNOはどこ?おすすめの格安SIM3社比較
関連記事サポート体制が整ってるMVNOはどこ?おすすめの格安SIM3社比較

LINEが利用できない?

格安SIMでLINEを利用するためには、SMS機能のついたSIMカードが必須となります。LINEはSMS認証が完了しないと利用できないためです。

LINEをスムーズに利用したい場合には、LINEモバイルを選ぶことも対処法のひとつです。

会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜
ドコモ
ソフトバンク

LINEモバイルでは、キャリア携帯と同様の年齢認証が可能なため、ID検索機能も簡単に使えます。ドコモ回線を使用したLINEモバイルの料金プランは次のようになっています。

データ通信容量データSIM(税抜)SMSオプション付(税抜)データ+SMS+音声通話(税抜)通信速度(最大)
LINEフリープラン1GB500円620円1,200円下り375Mbps/上り50Mbps
データ通信容量SMSオプション付(税抜)データ+SMS+音声通話(税抜)通信速度(最大)
コミュニケーションフリープラン3GB1,110円1,690円下り375Mbps/上り50Mbps
コミュニケーションフリープラン5GB1,640円2,220円下り375Mbps/上り50Mbps
コミュニケーションフリープラン7GB2,300円2,880円下り375Mbps/上り50Mbps
コミュニケーションフリープラン10GB2,640円3,220円下り375Mbps/上り50Mbps
データ通信容量SMSオプション付(税抜)データ+SMS+音声通話(税抜)通信速度(最大)
MUSIC+プラン3GB1,810円2,390円下り375Mbps/上り50Mbps
MUSIC+プラン5GB2,140円2,720円下り375Mbps/上り50Mbps
MUSIC+プラン7GB2,700円3,280円下り375Mbps/上り50Mbps
MUSIC+プラン10GB2,940円3,520円下り375Mbps/上り50Mbps
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜
ドコモ
ソフトバンク