月額500円以下で使える激安の格安SIMを4社徹底比較!

携帯電話が登場した頃には考えられなかったことかもしれませんが、格安SIMを選択することで、月額料金を500円以下に抑えることも可能となっています。ここでは、月額500円以下で運用できる格安SIMを比較していきます。

MVNO月額料金(最安値)
DMMモバイル440円
イオンモバイル480円
LINEモバイル500円
エキサイトモバイル500円
会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ

月額500円以下で音声通話は使える?

いくら格安SIMとはいっても、月額料金500円以下の場合、データ通信専用のSIMカードが対象となります。そのため、音声通話をするためには、LINEアプリなどを使ったり、IP電話を使用する必要があります。

ただし、IP電話の場合、少ないとはいえデータ使用量が相応にかかるため、コンビニエンスストアなどにあるフリーのWi-Fiスポットを適度に利用した方が良いかもしれません。

DMMモバイル

「業界最安値」を掲げるDMMモバイルは、オンラインゲームや動画配信サービスやFXなど、幅広い事業展開を繰り広げるDMMが提供する、ドコモ回線を使った格安SIMサービスです。 DMMモバイルで月額料金500円以下で利用できるプランには、データSIMの「ライトプラン」と「高速データ通信プラン」の「1GB」の2種類があります。

高速データ通信容量データSIM(税抜)通信速度(最大)
ライトプラン440円200kbps
高速データ通信プラン1GB480円下り500Mbps/上り50Mbps

ライトプランは、データ通信量が無制限となっている代わりに、最大通信速度が200kbpsに制限されています。高速データ通信プランの場合、アプリ「DMM mobile」の利用で、低速通信(最大200kbps)と高速データ通信を切り替えることができます。

DMMモバイルでは、バースト機能と呼ばれる、低速通信時にもかかわらず、最初の読み込みに関しては高速データ通信と同じ速度で表示してくれる機能があります。そのため、テキスト中心のSNSやメールの使用時は低速通信に切り替えることで、データ容量を節約することも可能となっています。

データ容量1GBでできることとは?

データ容量1GBでできることには次のようなものがあります。

コンテンツ1GBの目安
Webページの閲覧(※1ページ300KB)3490ページ
メール送受信(※1通500KB・添付ファイル付)2000通
Youtubeの視聴(※中程度の画質)4.5時間
音楽のダウンロード(※1曲4分程度の楽曲)250曲
LINE無料通話40時間・ビデオ通話3時間

1GBといっても、SNSの利用やメールやネット検索程度であれば、問題なく利用できる容量と言えるでしょう。動画の視聴に関しては、自宅にWi-Fi設備を持つか、フリーWi-Fiスポットを利用することでより一層、楽しむことが可能です。

会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ

イオンモバイル

イオンモバイルは、日本全国に多く見られる「イオンモール」のイオンが提供する、ドコモ回線を使用した格安SIMサービスです。イオンの店舗でSIMカードのの新規契約や、初期設定などの質問や相談ができるメリットがあります。イオンモバイルの月額料金500円以下のプランには、「データプラン」の「1GB」があります。

データプラン(税抜)通信速度(最大)
1GBプラン480円下り375Mbps/上り50Mbps

無料のアプリ「イオンモバイル速度切り替え」を使用することで、低速通信(最大200kbps)と高速通信を簡単に切り替えることができます。(Andoid端末のみ対応)

会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au

LINEモバイル

スマートフォンユーザーの必須アプリでもある、LINEが提供するドコモ回線を使った格安SIMサービスです。LINEモバイルで月額料金500円以下で利用できるプランには、「LINEフリープラン」のデータSIMが用意されています。

データ通信容量データSIM(税抜)通信速度(最大)
LINEフリープラン1GB500円下り375Mbps/上り50Mbps

カウントフリー

LINEフリープランを始めとする、LINEモバイルのすべてのプランに含まれているオプションです。LINEやFacebook、InstagramやTwitter、LINE MUSICで使用したデータ容量がゼロのままカウントされない機能です。

そのため、データ容量1GBであっても、動画を多く観たりオンラインゲームなどをたくさんプレイしない限りは、あまり不自由することはないかもしれません。

カウントフリーの条件は、専用アプリを使用することと、ブラウザから公式サイトにアクセスすることがあります。外部リンク先へのアクセスや、ストリーミング再生に関してはきちんとカウントされますので、事前に把握しておく必要があります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルは、ポータルサイトやブログサービスなどで知られるエキサイトが、ドコモ回線を使用して提供している格安SIMサービスです。エキサイトモバイルの月額料金500円以下で使用できるプランとして、最適料金プランの「低速通信のみ」があります。

最適料金プランSIMカード1枚(税抜)通信速度(最大)
低速通信のみ500円200kbps

名前の通り、低速通信(最大200kbps)のみに対応したプランです。直近3日間のトータルで366MBを超過した場合、より速度が低下する可能性があります。メインで使用するというよりも、2台目や3台目といった複数のスマートフォン端末を所有する場合に向いているプランと言えるでしょう。

会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ

月額500円以下で安く賢くスマホを運用しよう

月額500円以下で運用できる格安SIMの比較として、DMMモバイルとイオンモバイル、LINEモバイルとエキサイトモバイルを紹介しました。

DMMモバイルでは、「ライトプラン」が440円(税抜)、「高速データ通信1GB」が480円(税抜)で利用できます。イオンモバイルは、データプランの1GBプランが480円(税抜)となっています。

LINEモバイルでは、「LINEフリープラン」のデータSIMが月額500円(税抜)です。「カウントフリーオプション」がもれなくついてきます。エキサイトモバイルは、「最適料金プラン」の「低速通信のみ」が500円(税抜)で利用できます。

そしてFREETEL SIMでは、「定額プラン」のデータ専用1GBが499円(税抜)、「使った分だけ安心プラン」のデータ専用100MB以下が299円(税抜)、1GBが499円(税抜)となっています。

データSIMが中心となりますが、普段から通話をほとんどしない方にとってはとてもおすすめですし、2台持ちやプライベート用と仕事用で分けたい、など使い分ける方法にも使いやすくておすすめです。

会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ