SIMカードとは?『音声通話やデータ通信をするために必要なカード』

SIMカードとは、契約者の情報や電話番号などが書き込まれた小さなICチップを搭載している薄いカードのことです。

スマートフォンやタブレットなど、単体で通信できる機器には多くの場合SIMカードが搭載されています。

ドコモなどでスマホを契約した時に渡された端末の中にも、しっかりSIMカードが入っています。

SIMカードが外されると端末で通信・通話を行うための情報もなくなってしまうので、端末からSIMカードを抜くと、その端末では通信も通話もできなくなってしまいます。

SIMカードを入れ替えると、電話番号などの情報が変わる

端末に入っているSIMカードは、抜いて別のSIMカードと入れ替えることもできます。

SIMカードを入れ替えると、端末における電話番号や契約者の情報が入っているSIMカードに書き込まれた情報に変わります。

そのため、電話番号を変えずに引き継がせたい場合には、MNP(モバイルナンバーポータビリティー)で乗り換える必要があります。

MNP(モバイルナンバーポータビリティー)とは?

MNP(モバイルナンバーポータビリティー)は、電話番号を変えずにそのまま引き継ぐことができる手続きのことです。

MNP乗り換えする際には、あらかじめ現在契約中のキャリアでMNP予約番号を発行しておくことで、乗り換え先でMNP手続きをすることができるようになります。

SIMカードを入れ替えたら「APN設定」が必要

SIMカードの中には、特定の設定が適用されている状態でしか通信や通話を行えないものもあります。

この後紹介する「格安SIM」も、基本的に通信用の設定を端末に追加しなければ使えません。

この通信のための設定のことを、APN設定プロファイル設定と呼びます。

APN設定は簡単にできるため、初心者の方も安心してください!

端末には「SIMロック」がかかっている

端末の中には、SIMロックがかかっているものもあります。

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク

上記の大手3社で購入した端末の場合、ほとんどの場合SIMロックがかかっていますね。

SIMロックとは、その端末を販売していた会社の回線を使用する設定が書き込まれているSIMカードでしか通信や通話機能を使えないようにする制限のことです。

例えばドコモで買ったiPhoneには、「ドコモ回線でのみ通信や通話を行える」という制限のSIMロックがかかっています。

なお回線が同じであれば基本的にOKなので、販売した会社そのもののSIMカードに加えて、同じ回線を使う格安SIMのSIMカードも使えることを覚えておきましょう。

ドコモのSIMロックがかかっている端末の場合は、本家ドコモのSIMカードに加えて「ドコモ回線を使用している格安SIM」も使えます。

「SIMロック」を解除するとSIMフリーになる

SIMロックがかかっている端末の中には、そのSIMロックを解除できるものもあります。

2015年の5月以降に新発売された機種ならSIMロックは確実に解除可能ですし、それ以前に発売された端末でも、中にはSIMロック解除に対応しているものがあります。

SIMロックを解除した端末は、どこの回線でも通信・通話ができるSIMフリー端末になります。

様々な回線のSIMカードで端末を使いたいなら、事前にSIMロックを解除しておきましょう。

ただし、どのキャリアの端末も分割購入の場合は、購入日から100日経過しないとSIMロック解除をすることができないため注意しましょう。(101日以降からSIMロック解除可能)

SIMロック解除は誰でもできる!たった3分!各キャリアの解除方法
関連記事SIMロック解除は誰でもできる!たった3分!各キャリアの解除方法

「格安SIM」とは?『MVNO(格安SIM会社)が提供する格安のSIMカード』

続いて、ドコモ・au・ソフトバンクといったいわゆる「大手キャリア」に比べて月額料金が安い「格安SIM」のSIMカードについて解説します。

「格安SIM」は大手キャリアから借りた回線帯域で運営しているから安い

大手キャリアから借りた回線帯域で通信や通話ができるSIMカードを販売している事業者MVNOが提供しているのが、いわゆる「格安SIM」のSIMカードです。

格安SIMのSIMカードを入れた端末=「格安スマホ」は、契約したMVNOが借りている、大手キャリアの所有する広い回線帯域の中のごく一部でのみ通信できるしくみです。

あくまで借り物の回線、そして使える帯域は大手キャリアの中の一部分のみなので、月額料金が安く抑えられるわけです。ただしその分、回線が混雑しやすく速度も不安定という弱点があります。(MVNOは回線強度を行っており、通信速度は改善しつつあります!問題なく利用できるMVNOも多くありますよ!)

ちなみにその他には、主に手続きがネット経由で人件費が節約されている事も、格安SIMの月額料金が安い理由として挙げられます。

###「格安SIM」は、SIMフリー端末や回線が同じキャリアの端末で使える

「格安SIM」のSIMカードは、SIMフリー端末かその借りている回線と同じキャリアの端末で使えます。

つまり、auとドコモので例を出すと

  • ドコモ回線の格安SIMならドコモ端末かSIMフリー端末で利用できる

  • au回線の格安SIMならau端末かSIMフリー端末で利用できる

ということになります。

ちなみに、SIMロック解除した端末=SIMフリー端末となります。

おすすめの格安SIMを5社紹介!ここなら安心して使える!

動画見放題・音楽聴き放題が魅力的なBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはエンタメフリーと呼ばれる、動画見放題・音楽聴き放題になるオプションまたはプランがあります。普段から動画や音楽を聴いている方にとっては、データ量がカウントされないため、容量の大きいプランを契約する必要がなくなってお得です。

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

通信速度が安定して速いUQモバイル

UQモバイルは、業界の中でも非常に通信速度が安定して速いと評判の格安SIMです。

混雑して通信速度が落ち気味になる昼間の時間帯でも、問題なく速い速度で通信をすることができるため、大手キャリア利用時とそれほど大差なく利用することができます。

音声通話SIMでも月額1,980円~利用することができるため、速い通信速度にこだわりたい方にはぴったりです。

会社名SIM料金利用回線申し込み
980円〜au

カウントフリーでSNS利用し放題なLINEモバイル

LINEモバイルは、SNSが使い放題になるカウントフリーがあります! そのため、毎月SNSの利用でデータ量を超えてしまう、または超えないように気にしながら利用していた方にとは、非常におすすめできます。

LINEはもちろん、TwitterやFacebook、インスタグラム等が対象となるため、学生の方にもおすすめです。。

会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ

業界最安値!月額440円から利用できるDMMモバイル

DMMモバイルは業界の中でも、とても安い月額料金で運用することができる格安SIMです。

データSIMなら最安で月額440円~利用することができるため、

  • とにかく安い月額料金で運用したい方
  • 試しに格安SIMを利用してみたい方
  • 2台持ち用の格安SIMとして使いたい方

に特におすすめですよ!

会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ

楽天会員ならよりお得に使える楽天モバイル

楽天モバイルは、大手の楽天が運営しているため安心して利用することができる格安SIMです。楽天モバイルは、楽天会員であることでよりお得に利用することができるため、日頃から楽天モバイルを利用している方にぴったりです。

{dompany[4]}

SIMフリーとは?『好きなSIMを挿すことができるスマホ』

SIMフリーとはつまり、「どの回線でも、どの会社でも、自由に(フリー)好きなSIMを挿入できるよ」ということです。

つまり、SIMフリーのスマホを利用すれば、au回線・ドコモ回線・ソフトバンク回線に関わらず好きなSIMカードを挿入して利用することができます。

もちろん、SIMフリースマホであれば、auのSIMカードでも、楽天モバイルやBIGLOBEモバイルなど、どこの会社のSIMカードでも自由に選んで利用することができます。

SIMフリースマホは種類豊富

SIMフリースマホは、実は種類が豊富でたくさん販売されています。また、手持ちの端末をSIMロック解除することでSIMフリーにすることも可能です!

SIMフリースマホは、iPhoneで有名なAppleや、海外のメーカーであるHUAWEIやASUS、日本メーカーでも富士通や京セラ等で販売されています。特に、iPhoneで利用を考えている方、AppleStoreでSIMフリーiPhoneを購入することができるので、見てみてください。

格安SIMとスマホセットで購入するなら?おすすめのMVNO4社比較
関連記事格安SIMとスマホセットで購入するなら?おすすめのMVNO4社比較

SIMフリースマホの購入方法

SIMフリースマホは、各メーカーまたはMVNO(格安SIM会社)で購入可能です。

MVNOであれば、格安SIMカードとセットで購入することもできるためお得です。楽天モバイルやイオンモバイルは端末の割引率が高いため、セット購入におすすめです。

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au

人気のSIMフリースマホ3機種

HUAWEIから販売されている、世界中で人気が高いSIMフリースマホ*『HUAWEI P10 lite』 *

HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 lite
販売価格
29,980円
分割払い時約1,249円×24回
カラー

ASUSから販売されている、人気機種Zenfoneシリーズの『Zenfone4』

ASUS Zenfone4
ASUS Zenfone4
販売価格
56,800円
分割払い時約2,366円×24回
カラー

国内生産で安心できる、洗えるSIMフリースマホ『arrows M04』

FUJITSU arrows M04
FUJITSU arrows M04
販売価格
34,800円
分割払い時約1,450円×24回
カラー

SIMカードは3種類ある『データSIM・SMS付きデータSIM・音声通話SIM』

SIMカードには、たくさんのバリエーションがあります。種類によってサイズが違っていたり、できることが違っています。

キャリアの場合は端末に合ったSIMカードを渡されるため、特に何も考えることはありません。

しかし端末に格安SIMのSIMカードを入れて使う場合は自分で契約するSIMカードの種類やサイズを選ぶことになるので、自分の用途に合ったSIMカードを選んで契約しましょう。

データ通信 SMS 音声通話
データ通信専用SIM × ×
データ通信専用SIM(SMS対応) ×
音声通話対応SIM

データ通信専用SIMではデータ通信のみを行える

データ通信専用SIMはデータ通信、つまりブラウザでサイトを見たりアプリをダウンロードしたりといった、通信のみができるSIMカードです。

データ通信専用SIMで音声通話はできず、SMSの送受信もできないことに注意が必要です。 ただしその分、ほとんどのMVNOではデータ通信専用SIMの月額料金が最も安価に設定されています。

タブレットやモバイルWi-Fiルーター、ゲーム機代わりに使うスマホなどSMSや音声通話が不要な機器で使うなら、データ通信専用SIMを選んで契約すると良いでしょう。

データSIMプランが1番お得な格安SIMは?MVNO全8社比較
関連記事データSIMプランが1番お得な格安SIMは?MVNO全8社比較

SMS対応のデータ通信専用SIMでは、SMSも送受信可能

SMS対応のデータ通信専用SIMは、データ通信に加えてSMSの送受信もできるしくみです。

音声通話は不要なものの、LINEやその他会員登録サービスにおいてSMSで暗証番号等を受信する必要があるなら、SMS対応のSIMカードを選んでおけばSMSも利用できるので安心ですね。

SMS付きデータSIMプランが1番お得な格安SIMは?MVNO厳選3社比較
関連記事SMS付きデータSIMプランが1番お得な格安SIMは?MVNO厳選3社比較

音声通話対応SIMは音声通話・SMS・データ通信の全てができる

音声通話対応SIMは、データ通信やSMSの送受信に加えて音声通話、つまり電話もできるSIMカードです。

ドコモなどの大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合は、基本的に電話もできる音声通話対応SIMに乗り換えることになるでしょう。

絶対に音声通話はしないのであればほかのSIMを選んでも良いですが、家族や友人との通話や様々な会員登録、手続きでは電話番号が必要になることも多いものです。

スマホでメインの回線としてそのSIMカードを使うなら、音声通話対応SIMで契約しておきましょう。

音声通話SIMプランが1番お得な格安SIMは?MVNO厳選3社比較
関連記事音声通話SIMプランが1番お得な格安SIMは?MVNO厳選3社比較

SIMカードは3つのサイズがある『標準SIM・MicroSIM・NanoSIM』

SIMカードは機能の違いによるバリエーションの他に、サイズが3つあります。

  • 標準SIM
  • MicroSIM
  • NanoSIM

以上3種類です。

端末ごとに、使用するSIMカードのサイズはバラバラです。

iPhone 5以降のiPhoneなどはNanoSIMを使用していますし、全体的にはNanoSIMが主流です。

しかし2016~2017年など最近発売された機種の中にも、MicroSIMや標準SIMを採用している端末は色々あります。

SIMカードを契約して使いたい端末がある場合はまず、その端末で使えるSIMカードのサイズも確認しておきましょう。

au回線のSIMカードにはVoLTE対応のマルチSIMがある

au回線を使っている格安SIMのSIMカードには

  • 標準SIM
  • マルチSIM

以上の2種類があります。

マルチSIMは、auの高音質な通話サービス「VoLTE」に対応しているSIMカードです。

マルチSIMは台紙の切り込みを利用して、標準・Micro・Nano全てのサイズにできます。

VoLTEに対応したauのAndroid端末でau回線の格安SIMを使う場合は、VoLTEを使用した音声通話をしないとしても、必ずマルチSIMを契約しなければいけません。

そしてマルチSIMをau端末で使う場合、iPhone 8シリーズを除いてSIMロックを解除しておく必要もあります。

au端末を格安SIMで使う場合、

  • VoLTEに対応していなかったらそのままで標準SIMを使う
  • VoLTE対応端末は、SIMロックを解除してからマルチSIMを入れる

以上2点に気をつけましょう。

VoLTEが使えるMVNOはあるの?VoLTEが使える格安SIM3社比較
関連記事VoLTEが使えるMVNOはあるの?VoLTEが使える格安SIM3社比較

格安SIMカードとSIMフリースマホで月額料金を激安に

『SIMカード』『格安SIM』『SIMフリー』に関して解説してきました。

SIMカードとは契約者情報が入っているICチップ
格安SIMとはMVNOが提供する月額料金が格安になるSIMカードおすすめMVNOBIGLOBEモバイル
UQモバイル
LINEモバイル
DMMモバイル
楽天モバイル
SIMフリーとは自由に好きなSIMカードが使えること
SIMフリースマホとは好きなSIMカードが使えるスマホのことおすすめのSIMフリースマホHUAWEI P10 lite
Zenfone4
arrowsM04

格安SIMカードとSIMフリースマホを利用して、大手キャリアよりも安い月額料金で運用しましょう!

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
980円〜au
会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ