IIJmioってどんな会社?

IIJmioは、「みおふぉん」の愛称で親しまれている格安SIMサービスです。インターネットの黎明期から、接続サービスやネットワークシステムの運用や構築を続けている、株式会社インターネットイニシアティブの運営するMVNOです。ドコモ回線とau回線の2種類を使用しています。ここでは、IIJmioの料金プランについて紹介していきます。

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

タイプDとタイプA

「タイプD」はドコモ回線を使用した料金プラン、「タイプA」はau回線を使用した料金プランです。です。3GBのミニマムスタートプランと6GBのライトスタートプラン、10GBのファミリーシェアプランの3種類が用意されています。

3GBミニマムスタートプラン6GBライトスタートプラン10GBファミリーシェアプラン通信速度(最大)
データ通信専用SIM(docomoのみ・税抜)900円~1,520円~2,560円~下り682Mbps/上り50Mbps
SMS機能付きSIM(税抜)1,040円~(docomo)・900円~(au)1,660円~(docomo)・1,520円~(au)2,700円~(docomo)・2,560円~(au)下り682Mbps/上り50Mbps(docomo)・下り370Mbps/上り50Mbps(au)
音声通話機能付きSIM・みおふぉん(税抜)1,600円~(docomo・au共通)2,220円~(docomo・au共通)3,260円~(docomo・au共通)下り682Mbps/上り50Mbps(docomo)・下り370Mbps/上り50Mbps(au)

タイプDとタイプAの違い

タイプDでは、SMS機能付帯料金として月額140円(税抜)と、音声通話付帯料金が月額700円(税抜)かかります。例えばミニマムスタートプランのSMS機能付きSIMの場合、900円+140円=1,040円(税抜)、音声通話機能付きSIMの場合には、900円+700円=1,600円(税抜)という計算になります。

タイプAでは、データ通信SIMは販売されていません。ドコモ回線のタイプDと比べて下りの最大速度が遅くなる点と、SMS機能付帯料金がかからない点に違いがあります。

大容量オプション

通常の料金プランに20GBまたは30GBをプラスできるオプションです。20GBが月額3,100円(税抜)、30GBが月額5,000円(税抜)となっています。20GBと30GBの両方を申し込むことで、10GBのファミリーシェアプランと合わせた場合、60GBのデータ容量となります。

大容量オプションの契約データの変更の際には、一旦解約してから改めて希望するデータ容量のプランに申し込む必要があります。それから20GBと20GB、30GBと30GBの組み合わせでは申し込むことができません。データ容量が余った場合には、翌月に繰り越して使用することができます。

SIMカード

ミニマムスタートプランおよびライトスタートプランを選択した場合、最大2枚までのSIMカードを持つことができます。ファミリーシェアプランを選んだ場合には、最大で10枚までのSIMカードの所有が可能となっています。追加のSIMカードの利用料金は、1枚につき月額で400円(税抜)です。

追加クーポン

データ容量を使い切ってしまった際に、追加クーポンを購入することで、データチャージができます。追加クーポン100MBにつき200円(税抜)です。最大で毎月30枚まで購入可能です。有効期限は購入月から3ヶ月後の末日までとなっています。

他にもIIJmioクーポンカードを、コンビニエンスストアなどで購入して行うデータチャージの方法があります。IIJmioクーポンカードは、セブンイレブンやファミリーマート、ローソンやミニストップ、ヨドバシカメラやドン・キホーテ、ビックカメラやコジマ、ソフマップやノジマにて販売されています。500MBが1,500円(非課税)、2GBが3,000円(非課税)です。

音声通話機能

IIJmioの国内通話の通常料金は、30秒につき20円(税抜)、テレビ電話の場合、30秒につき36円(税抜)となっています。転送電話や国際ローミング、通話料金以外の国際電話は無料で利用できます。国際ローミングの利用停止目安額は月間で50,000円、国際電話の利用停止目安額は月間で20,000円となっています。

みおふぉんダイヤル

無料の通話アプリ「みおふぉんダイヤル」をインストール後、アプリを利用して通話することで、国内通話30秒につき10円(税抜)にて通話することができるようになります。IP回線ではなく通常の電話回線を使用しているため、音質面でのストレスを感じることなく通話することが可能です。

みおふぉんダイヤルでは、電話番号はそのままで、固定電話やフィーチャーフォン(ガラケー)相手でも通話することができます。ただし、110や119などの3桁番号や、0120から始まるフリーダイヤル、0570から始まるナビダイヤルには使用できません。

それからアメリカや韓国や中国などの「海外32カ国」への国際電話であれば、30秒につき10円(非課税)にて通話することができます。国際ローミングには対応していません。

ファミリー通話割引

ファミリーシェアプランで契約した、同じmioIDを持つみおふぉん同士の場合、30秒につき16円(税抜)にて国内通話をすることができます。ファミリー通話割引とみおふぉんダイヤルとの併用の場合、国内通話料金が30秒につき8円(税抜)となります。

通話定額オプション

通話定額オプションには、「誰とでも3分&家族と10分」と「誰とでも10分&家族と30分」の2種類があります。「誰とでも3分&家族と10分」は、月額料金600円(税抜)でみおふぉんダイヤル同士での国内通話が3分までなら無料、同じmioIDを持つ家族同士なら10分まで無料のかけ放題となるプランです。

「誰とでも10分&家族と30分」は、月額料金830円(税抜)にて、みおふぉんダイヤル同士の国内通話が10分まで無料、家族同士の同一mioIDであれば30分まで無料のかけ放題が適用されます。

SMS送受信料

SMSの受信料は無料ですが、国内への送信は1回あたり3円から30円(税抜)、海外への送信は1回あたり5円から500円(非課税)です。海外にて送信する場合には、1回につき100円(非課税)となります。

全角で最大670文字、半角英数字で最大1530文字までのメッセージを送受信することが可能です。1日に送信可能なメッセージの回数は、全角70文字または半角英数字160文字以内であれば、200回未満となっています。

最低利用期間

最低利用期間は利用を開始した日から、その月の末日までとなっています。ただし、音声通話機能付きSIMを利用開始から12ヶ月以内に解約した際には、(12ヶ月-利用月数)×1,000円(税抜)の音声通話機能解除調停金を支払うことになります。

例えば、利用開始から3ヶ月で解約した場合、(12ヶ月-3ヶ月)×1,000円=9,000円(税抜)の音声通話機能解除調停金が発生します。

IIJmioの料金プランのまとめ

IIJmioの料金プランには、ドコモ回線を使用した「タイプD」とau回線を使用した「タイプA」があります。それぞれ3GBのミニマムスタートプラン、6GBのライトスタートプラン、10GBのファミリーシェアプランから選ぶことができます。

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au