IIJmioの解約についてのまとめ

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

手続き可能な方法

IIJmioの解約をするには、公式サイトからの申し込みとなります。

解約時の注意点

月末がお得

IIJmioは日割り計算が適応されないため、解約した月の分は月額料金を支払う必要があります。できるだけ月末に解約したほうがお得であるといえます。

MNP転出料

IIJmioを解約したあと、同じ電話番号で他のMVNOを利用する場合はMNP転出料の3,000円を支払い、MNP予約番号をとる必要があります。 MNP予約番号は、申請してから数日かかりさらに有効期限が15日と決まっているので、早めの手続きをしましょう。

MNP転出は必ず解約の前にしてください。一旦解約をするとMNP転出ができなくなるからです。

1つのプランで複数のSIMカードを利用し、1枚を解約する場合

IIJmioの解約はそれぞれのプランごとの解約となります。1つのプランで複数枚のSIMを利用している場合は、解約ではなくSIMカードの削除といった項目になります。 一度削除されると再度使うことはできません。

一度SIMカードの削除をすると、そのSIMカードに残っているクーポンは全て使えなくなります。音声通話SIMカードを削除する場合は、解約をする場合と同じで、最低利用期間となっている12カ月を満たない場合はご利用期間に応じて違約金が発生します。

利用月違約金
1カ月目12,000円
2カ月目11,000円
3カ月目10,000円
4カ月目9,000円
5カ月目8,000円
6カ月目7,000円
7カ月目6,000円
8カ月目5,000円
9カ月目4,000円
10カ月目3,000円
11カ月目2,000円
12カ月目1,000円
13カ月目0円

端末代金の支払い

IIJmioを購入した時端末もセットで購入して、支払いが残っている場合は残り代金を一括で支払う必要があります。しかしクレジットカードでの分割の場合はそのまま分割払いが可能です。しかしIIJmioを利用していない状況での支払いとなるので、忘れないように注意です。

解約に該当しないケース

音声機能SIMを使っていて、最低利用期間内にSMS機能付きSIMもしくはデータ通信専用SIMへ交換する場合は解約にはなりません。 カードの手数料が2,000円のみとなります。

解約時の違約金について

音声機能付きSIMカード、最低利用期間である12カ月未満で解約をした場合にのみ違約金が発生します。データ通信専用カードやSMS機能付きSIMカードを利用の場合違約金は発生しません。

利用期間により、違約金が変動します。

利用月違約金
1カ月目12,000円
2カ月目11,000円
3カ月目10,000円
4カ月目9,000円
5カ月目8,000円
6カ月目7,000円
7カ月目6,000円
8カ月目5,000円
9カ月目4,000円
10カ月目3,000円
11カ月目2,000円
12カ月目1,000円
13カ月目0円
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

IIJmioの解約方法は?

IIJmioの公式サイトからの解約申し込みとなります。音声機能付きのSIMカードを使っている場合は、12カ月未満であれば違約金が発生するので注意してください。 サイトで申し込みが完了すると、あとはSIMカードを返却するのみです。

事前に必要な手続き・書類

IIJmioを解約するには公式サイトからログインが必要となるので、IDやパスワードを事前に用意しておいてください。日割り計算がなく、解約月の分は月額料金を支払う必要があるので解約をする日を考える必要があります。

違約金の金額・発生条件

IIJmioにはデータSIMと音声機能付きSIMカードがあるのですが、音声機能付きSIMカードを利用している時だけ最低利用期間があり12カ月となっています。12カ月未満で解約をすると1カ月目は12,000円、2カ月目は11,000円と利用期間に応じて違約金が発生します。

1カ月目というのは利用開始月のことをいうので注意が必要です。

最低利用期間12ヶ月目以内13ヶ月目〜24ヶ月目以内25ヶ月目〜36ヶ月目以内
1年(12ヶ月)9,800円--
2年(24ヶ月)19,800円9,800円-
3年(36ヶ月)29,800円19,800円9,800円

解約手続きの流れ

データSIMの場合

IIJmioの公式サイトにアクセスします 解約のページを選びます 注意事項や解約日を確認する 再度内容を確認して解約申し込みをする

通話SIMの場合

IIJmioの公式サイトにアクセスします 解約のページを選びます 注意事項や解約日を確認する 再度内容を確認して解約申し込みをする

通話SIMの場合は最低利用期間が12カ月と決まっており、この期間以内に解約をしたら違約金が必要となるので、解約前に確認してください。

IIjmioのMNP転出方法はこちらの記事

IIjmioの解約方法について

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

IIJmioの解約時の注意点は?

日割り計算はない

月の途中で解約をしたとしても日割り計算はされないので、解約月は月額料金を支払う必要があります。できるだけ月末に近い日付で解約をすることをオススメします。

SIMカードを返却する必要がある

IIJmioは解約をするとSIMカードを返却する必要があります。封筒などに入れて早めに返却をするようにしてください。解約をするとメールが届くのですが、メールに下記の返却先も記載されています。送料はお客様負担という記載もされています。

SIMカードの返却先
〒143-0006
東京都大田区平和島3-6-1 東京団地倉庫A-2棟 住友倉庫内
IIJモバイル解約受付センター

IIJmioを解約したあとのおすすめ通信会社は?

口座振替がでしたい

IIJmioは毎月の利用料金を支払う時に口座を利用することができなく、クレジットカードのみの支払い方法となっています。クレジットカードを使いたくない方のために、楽天モバイルやOCNモバイルONE、UQモバイルなど口座振替ができるMVNOをおすすめします。

ポイントがつくMVNOを探したい

キャリアを長く使っている人であれば、ドコモポイントなど毎月の支払額に対してポイントが貯まることに慣れているでしょう。ポイントが貯まらないMVNOであれば物足りない感じがするかもしれません。そこで毎月の支払に対して、ポイントが貯まるMVNOをご紹介します。

楽天モバイル、U-mobile、TONEモバイル、OCNモバイルONE、NifMoなどがポイントがもらえるMVNOです。この中でもおすすめは楽天モバイルで、楽天スーパーポイントがつきます。楽天スーパーポイントは楽天市場や楽天カードを利用するとたまるポイントで、楽天をよく利用する人であれば貯めやすいポイントとなります。

色々なことで同じポイントが貯まるとためやすいので、楽天市場などをよく利用される方には特におすすめです。

LINEなどのSNSをメインで利用する

TwitterやLINEなどSNSがメインで利用する方はLINEモバイルのSNS使い放題プランがおすすめです。主なSNSを使う時はカウントフリーとなるので、データ容量の心配はありません。またLINE電話を使うことにより、電話も使い放題となります。

店舗でスタッフに色々聞きたい

店舗があれば、端末の使い方やプラン、オプションなどを不明な点はスタッフの方からアドバイスを受けることができるのは安心な点といえます。プランやオプションをよくわからずに、思った以上に月額料金が高くなってしまっているということもあるでしょう。

また、故障かもしれないと思った時に、端末をみてもらうこともできます。

「楽天モバイル」や「イオンモバイル」、「Y!mobile」は全国に店舗があるため、最寄りの店舗を見つけることができるでしょう。

MVNO比較ランキング

MVNOおすすめポイント
1位楽天モバイル口座振替ができる
楽天でんわがあり電話を多く利用する方におすすめ
2位Y!mobile口座振替ができる
全国に店舗がある
3位b-mobile使い放題プランがある
25GB定額プランがある
4位イオンモバイル端末の種類が多い!
店舗が全国にある!
5位BIGLOBEモバイルデータ通信専用SIMのみ口座振替ができる
Wi-Fiスポットが多い

おすすめの格安SIM比較ランキングページはこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
1,480円〜ワイモバイル
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

IIJmioの料金プランや評判はこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au