IIJmioは、株式会社インターネットイニシアティブが提供する格安SIMサービスです。音声通話プラン「みおふぉん」の愛称で呼ばれることもあるMVNOです。ドコモ回線を使用した「タイプD」とau回線を使った「タイプA」から選ぶことができます。

料金プランには、データ容量3GBの「ミニマムスタートプラン」や6GBの「ライトスタートプラン」、10GBの「ファミリーシェアプラン」があります。ファミリーシェアプランでは、最大で10枚のSIMカードの所有が可能となっています。

IIJmioでMNP手続きする方法

IIJmioのMNP転入の手続きは、公式サイトまたは、ビックカメラの店舗に設置されている「BIC SIM」やイオンの店舗などで行えます。一方で、IIJmioからのMNP転出手続きは、会員専用ページにて受け付けています。

転入時の注意点

IIJmioにMNP転入することで、それまで利用していた携帯電話会社との解約が伴います。解約のタイミングにもよりますが、違約金(解約手数料)などが発生することもあります。解約手数料は、ソフトバンクやドコモやauの場合、9,500円(税抜)です。

解約手数料以外にも、MNP転出手数料の支払いや、端末の購入代金の残額の精算があります。

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

IIJmioにMNPで転入する場合

ここからは、IIJmioへ他社からMNP転入をする際の手続きをより詳しく解説します。

⇨IIJmioのMNP転入方法

事前に必要な手続き・書類

IIJmioへのMNP転入の手続きは、MNP予約番号の取得から始まります。 以下の表に、キャリア携帯会社のMNP予約番号の取得方法をまとめています。格安SIMサービスのMVNOに関しては、それぞれのホームページを確認してください。MNP予約番号の手続きには、パスポートなどの本人確認書類や使用中のスマートフォンが必要となります。

受付電話番号WEB受付窓口受付時間
NTTドコモ151(携帯電話からの場合)0120-800-000(固定電話からの場合)i-menuから料金&お申込み・設定(iモード)My docomoへログイン(パソコン)9時から20時まで(電話)24時間(WEB)
au0077-75470EZweb→TOP→auお客様サポート→申し込む/変更する9時から20時まで(電話)9時から21時30分(WEB)
ソフトバンク5533(携帯電話からの場合)0800-100-5533(固定電話からの場合)Yahoo!ケータイ→TOP→設定・申込(My SoftBank)→各種変更手続き9時から20時まで(電話)9時から21時30分(WEB)

IIJmioのMNP転入に必要なものには、次のようなものがあります。

  • MNP予約番号(有効期限が7日以上残っているもの)
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポート、住民基本台帳カードや個人番号カード)
  • 本人名義のクレジットカード
  • 利用可能なメールアドレス(Gmailなどのフリーアドレスも可)
  • 親権者の同意書(契約者が未成年者の場合)

MNP転入予約の流れ

IIJmioのMNP転入手続きは、元の携帯電話会社よりMNP予約番号の申請から開始されます。 MNP予約番号を受け取りましたら、必要書類を揃えてからIIJmioの公式サイトにて、MNP転入手続きをします。ビックカメラやイオンなどの店舗でも、MNP転入手続きは可能となっています。

転入手続きの方法

IIJmioのMNP転入手続きは、IIJmioのホームページまたは、イオンやヨドバシカメラ、コジマやビックカメラの店舗にて行うことができます。

⇨IIJmioの取り扱い店舗検索はこちら

転入時の注意点

IIJmioのMNP転入手続きは、有効期限が7日以上残っているMNP予約番号が必須です。 MNP予約番号の有効期限は15日ですが、申請日から数えて15日です。取得した日ではありません。

IIJmioのMNP転入では、初期費用として、パッケージ価格3,000円(税抜)とSIMカード発行手数料がかかります。SIMカード発行手数料は、ドコモ回線の「タイプD」が394円(税抜) au回線の「タイプA」が406円(税抜)です。

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

IIJmioからMNPで転出する場合

ここからは、IIJmioから他社にMNP転出をする場合の手続きや注意点を解説します。

⇨IIJmioのMNP転出方法

事前に必要な手続き

IIJmioからのMNP転出手続きは、会員専用ページからMNP予約番号の発行を申請することから開始されます。MNP予約番号は申請から4日ほどで発行されます。MNP予約番号の有効期限15日以内に次に利用する携帯電話会社と、MNP転入手続きおよび新規契約を結びます。

MNP予約番号の照会が済んだ時点で、IIJmioの契約は自動的に終了となります。他社との新規契約の際には、MNP予約番号の他、本人確認書類やクレジットカードなどを準備しておきましょう。

MNP転出手続きの流れ

IIJmioの会員専用ページにログインし、「設定と費用」→「MNP予約番号」の順に進み必要事項を入力します。申請から4日ほど経過した後にMNP予約番号が、登録したメールアドレス宛に届きます。

MNP予約番号を取得しましたら、別の携帯電話会社とのMNP転入手続きをします。MNP予約番号がきちんと照会されましたら、新規契約を結ぶことで手続きが完了します。

転出手続きの方法

IIJmioの転出手続きは、会員専用ページのみで受け付けています。 電話や店舗では受け付けていません。

転出時の注意点

MNP予約番号の有効期限は15日間です。有効期限は予約した日からの換算となります。IIJmioでは申込んだ日から4日後にMNP予約番号が届くため、必ず有効期限内に新たな携帯電話会社との新規契約を完了させてください。有効期限を過ぎたMNP予約番号は無効となるためです。

それから、IIJmioの解約時には、契約期間に応じた音声通話機能解除調停金が発生することがあります。音声通話機能解除調停金は、(12ヶ月-利用した月数)×1,000円で算出されます。 例えば利用開始から7ヶ月で解約した場合には、 (12ヶ月-7ヶ月)×1,000円=5,000円(税抜)となります。 そのため、13ヶ月目以降の解約では発生しません。

その他にも、MNP転出手数料として3,000円(税抜)がかかります。別の携帯電話会社との新規契約手数料3,000円(税抜)をプラスすると、合計で最大18,000円(税抜)がかかる可能性があります。

IIJmioのMNPをする方へアドバイス!

ここからは、IIJmioへのMNP転入をできるだけお得に、スムーズに行うためのアドバイスを紹介します。

空白期間を極力無くす方法

空白期間は、格安SIMサービスへの乗り換え時に起こりやすい現象です。MVNOのホームページからSIMカードを購入し、自宅などに届くまでの2日から3日と開通までの1日ほどが空白期間となります。

空白期間を極力無くすためには、IIJmioの即日開通が可能な店舗にて、MNP転入手続きをする方法があります。即日開通が可能な店舗には、ビックカメラやヨドバシカメラ、イオンやコジマやソフマップがあります。 IIJmioのホームページの「取り扱い店舗検索」で最寄りの店舗を確認することができます。

違約金を発生させない方法

IIJmioへのMNP転入の際には、これまで利用していた携帯電話会社から違約金を請求されるケースがあります。違約金(解約手数料)は、ドコモやauやソフトバンクでは9,500円(税抜)に設定されています。

違約金を発生させないためには、契約満了月とその翌月以内を狙って、IIJmioへのMNP転入手続きをする方法があります。日割りの月額料金を考慮しますと月末の乗り換えがおすすめですが、MNP予約番号の発行に時間がかかることを踏まえると、ある程度余裕があった方がより確実と言えるでしょう。

会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au