エキサイトモバイルのメリット・デメリットが知りたい!

エキサイトモバイルはポータルサイト運営やプロバイダとして知られるエキサイト株式会社が手掛ける格安SIMです。回線はドコモを利用しています。

エキサイトモバイルは使った分だけ料金を支払う「最適料金プラン」があるのが特徴です。毎月のデータ通信量にばらつきがある人ならお得です。 もちろん、定額プランも用意されています。

また、いずれのプランでも最大5枚のSIMカードで容量をシェアできます。家族で格安SIMを使いたい人、複数端末でデータ通信を利用したい人にオススメです。

エキサイトモバイルのメリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

エキサイトモバイルのメリットエキサイトモバイルのデメリット
料金プランが豊富音声通話オプションがない
最大5枚のSIMをお得に使える低速時に速度制限がある
通信速度の切り替えができる専用アプリがない
バースト転送に対応支払いはクレジットカードのみ
端末セットを多数取り扱っている実店舗がない
会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ

エキサイトモバイルを契約したくなるメリット5つ!

まずはエキサイトモバイルのメリットについて詳しく見ていきましょう。

低容量から大容量まで、豊富な料金プランが用意されている

エキサイトモバイルは料金プランの種類が豊富なのが最大のメリットです。エキサイトモバイルの料金プランは大きく分けて「最適料金プラン」「定額プラン」の2つです。

最適料金プランは使ったデータ通信量に応じて月額料金が決まります。いわゆる、従量制プランですね。100MB以下から、最大10GB(3枚コースは最大15GB)まで細かく料金が設定されているので、毎月の料金にばらつきがある人でも無駄なく使えます。

定額プランは毎月の利用できるデータ通信量が決まっているプランです。ライトユーザー向けの1GBや2GBといった低容量から、40GBや50GBといったヘビーユーザー向けの大容量プランまで、幅広く用意されています。

中でも「9GB/月」の容量プランは他の格安SIMではほとんど用意されていないので貴重です。

毎月利用するデータ通信量がある程度一定の人は定額プランを選びましょう。

最大5枚のSIMカードで容量をシェアできる

エキサイトモバイルは複数のSIMカードで容量をシェアできるのも大きな魅力です。

最適料金プラン、定額プランともに1枚コースとは別に3枚コースが用意されており、最大3枚のSIMカードで容量をシェアできます。

また、3枚コースでは追加SIMオプションでさらに2枚のSIMカードを追加できるので、最大で5枚のSIMカードで容量をシェアできます。 家族全員で格安SIMに乗り換えたい人や、複数の端末でSIMカードを利用したい人はお得ですね。

高速通信と低速通信を切り替えられる

エキサイトモバイルは任意のタイミングで高速通信と低速通信を切り替えられます。低速通信にすると最大通信速度が200kbpsに制限されますが、データ通信量を一切消費しなくなります。

動画を見るときだけ高速通信を使い、SNSやLINEしか使わない時は低速通信にする、といったように切り替え機能をうまく活用することで賢くデータ通信量を節約できます。

また、最適料金プランの場合は低速通信に切り替えておけば料金が一切上がらないので、月500円の低速専用SIMのように使うことも可能です。

低速時はバースト転送に対応

エキサイトモバイルは低速時でも最初の読み込みだけ高速通信を使う「バースト転送」に対応しています。バースト転送があれば低速時でもSNSやウェブブラウジング、音楽ストリーミングくらいであれば快適に利用できます。

エキサイトモバイルは高速通信と低速通信の切り替えに対応しているだけでなくバースト転送にも対応しているので、低速にしてデータ通信量を節約するという使い方に向いていると言えますね。

端末セットの種類が豊富

エキサイトモバイルは端末セットの種類が豊富です。

最新端末や人気モデル、さらにタブレットやモバイルルーターなど、全部で16種類の端末を取り扱っています。端末代も比較的リーズナブルなので、格安SIMへの乗り換えと同時に端末も新しくしたいという人にもおすすめです。

エキサイトモバイルを契約する時に注意すべきデメリット5つ!

たくさんのメリットがあるエキサイトモバイルですが、同時にデメリットもいくつか存在します。契約してから後悔しないように、デメリットにも目を通しておきましょう。

音声通話オプションがない

エキサイトモバイルには「かけ放題」や「無料通話」といった音声通話向けのオプションが一切ありません。

通話をすると20円/30秒の通話料がかかるため、たくさん電話をする人がエキサイトモバイルに乗り換えると、逆に損をしてしまうことがあります。

最近では「楽天でんわ」や「OCNでんわフリー」のように、キャリアに関係なく使える通話料半額アプリやかけ放題サービスが登場しています。エキサイトモバイルでどうしても電話をたくさん利用する、という場合はこれらのサービスでカバーしましょう。

低速時には直近3日間の速度制限あり

エキサイトモバイルは高速通信時には直近3日間の速度制限はありません。しかし、低速時には直近3日間で366MB以上の通信を行うと一時的に速度制限がかかります。

エキサイトモバイルはバースト転送に対応しており、低速時でもある程度快適に使えるのでデータ通信をたくさん利用しがちです。もし低速中に速度制限にかかるとさらに遅くなってしまうので、低速時でも短期間に大量のデータ通信を行わないように気を付けましょう。

専用アプリがない

エキサイトモバイルには専用アプリが用意されていません。データ通信量の確認や、高速通信と低速通信の切り替えなどは、すべてマイページで行う必要があります。

頻繁に通信量の確認や速度切り替えをする人だと、毎回ブラウザを開いてマイページにログインしないといけないので面倒くさいです。

支払方法はクレジットカードのみ

エキサイトモバイルの支払方法は原則としてクレジットカードのみです。インターネット上ではデビットカードで契約できた、という声もありますがエキサイトモバイルが公式に認めている方法ではないので、デビットカードでは契約できないことがあります。

エキサイトモバイルを利用したい場合はクレジットカードを用意しておきましょう。

実店舗がない

エキサイトモバイルは実店舗がありません。

契約やプラン変更といった手続きはすべてウェブ上でしないといけませんし、サポートも電話かメールのみで、対面による手厚いサポートは受けられません。

とくに対面によるサポートが受けられないのは格安SIM初心者にとっては困りますね。サポートを重視する場合は実店舗が用意されている格安SIMを選びましょう。

会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ

エキサイトモバイルは複数枚のSIMカードで容量をシェアしたい人におすすめ!

エキサイトモバイルは最大5枚のSIMカードで容量をシェアできます。

そのため、

  • 家族全員で格安SIMを利用したい
  • 余っているスマホやタブレットでもデータ通信を利用したい

といったように、複数枚のSIMカードを利用したい人におすすめです。定額プランなら最大50GBまで利用できるので、容量が足りなくなる心配もありません。

また、最適料金プランのような従量制のプランをシェアできる格安SIMは他にないので、家族全体で毎月のデータ通信量にばらつきがある場合にもおすすめです。

エキサイトモバイルの料金プラン

エキサイトモバイルの料金プランは以下の通りです。

定額プラン

データ通信量1枚コース3枚コース
0GB650円1,100円
1GB670円1,260円
2GB770円1,450円
3GB900円1,680円
4GB1,170円1,980円
9GB2,250円2,460円
20GB3,980円4,480円
30GB5,980円6,580円
40GB7,980円8,580円
50GB10,180円10,680円

※データ通信専用SIMの価格。SMSは+140円、音声通話は+700円

最適料金プラン

データ通信量1枚コース3枚コース
低速通信のみ500円なし
~100MBなし1,050円
~500MB630円1,100円
~1GB660円1,180円
~2GB770円1,340円
~3GB880円1,550円
~4GB1,150円1,780円
~5GB1,450円1,890円
~6GB1,600円1,950円
~7GB1,900円2,100円
~8GB2,120円2,190円
~9GB2,200円2,380円
~10GB2,380円2,540円
~11GBなし2,830円
~12GBなし3,100円
~13GBなし3,450円
~14GBなし3,790円
~15GBなし3,980円

※データ通信専用SIMの価格。SMSは+140円、音声通話は+700円

エキサイトモバイルについて

会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ