DTI SIMの解約についてのまとめ

会社名SIM料金利用回線申し込み
600円〜ドコモ

手続き可能な方法

公式サイトの「MyDTI」にて解約手続きを行います。

解約時の注意点

25日を過ぎると翌月の解約となる

DIT SIMでは解約をできるのが毎月25日までと決まっており、26日以降の解約のお申し出 については翌月末日解約になるのでご注意ください。

日割り計算はできない

DTI SIMを月の途中で解約をしても、日割り計算ができないため解約をした月は月額料金を支払う必要があります。

MNP転出料

DTI SIMを解約して同じ番号を次のMVNOで利用する場合はMNP転出料となる3,000円を支払って、MNP予約番号を取得する必要があります。 MNP予約番号は取得してから数日かかることがあり、また有効期限も決まっているので早めに対応することをおすすめします。

端末代金

セット購入で端末も買った場合、分割にするなど支払いが残っている場合は一括で支払う必要があります。しかしクレジットで分割払いにしている場合は、引き続き分割での支払いが可能となります。

ルーター端末を無くした場合

ルーター端末を無くした場合はその時点でDTI見放題SIMとルーターセットの解約をする必要があり、最低利用期間以内であれば解約金が発生致します。

オプションサービス

音声プランのオプションサービスに関しては、月の末日の前日までご利用可能となります。

解約時の違約金について

DTI SIMの音声通話プランは12カ月の最低利用期間が設けられています。この期間以内に解約をすると9,800円の解約金が発生するので注意が必要となります。データ専用SIMには適応されません。

気を付けたいのは契約をした日から12カ月ではなく、契約をした次の月から12カ月となります。

DTI SIMの解約方法は?

DTI SIMの公式サイトの「MyDTI」で解約手続きを行ったあと、SIMカードを返却すると解約が完了となります。下記で手順や必要なものを説明していきます。

事前に必要な手続き・書類

DTI SIMの公式サイトの「MyDTI」にログインをする必要があるので、IDとパスワードを前もって用意するようにしてください。毎月25日を超えてしまうと、翌月での解約扱いとなるので解約が決まったら25日までに手続きを済ませるようにしてください。

パスワードは契約後封書で送られてきたものを入力してください。

解約手続き後はキャンセルができないため注意!

解約手続きが終わった後キャンセルができないので、解約をするまえに契約内容などを確認するようにしてください。特に音声通話SIMを利用している方は違約金がかかるかどうか、契約期間を確認するようにしてください。

違約金の金額・発生条件

DTI SIMで違約金が発生するのは音声通話プランのみです。データ通信プランでは発生しません。音声プランの最低利用期間は契約をしてから12カ月となっており、12カ月未満で解約をすると、9,800円の違約金を支払う必要があるので注意が必要です。

最低利用期間12ヶ月目以内12カ月以上
1年(12ヶ月)9,800円-

解約手続きの流れ

データSIMの場合

  • DTI SIMの公式サイトのMyDTIにログインをします。
  • 解約を選択
  • 解約理由などのアンケートなどを選択
  • 解約完了

通話SIMの場合

  • DTI SIMの公式サイトのMyDTIにログインをします。
  • 解約を選択
  • 解約理由などのアンケートなどを選択
  • 解約完了

通話SIMの場合、最低利用期間が12カ月と決まっていており、この期間内に解約をすると違約金となる9,800円が発生するので、解約前に利用期間を確認するようにしてください。

DTI SIMのMNP転出方法はこちらの記事

DTI SIMの解約方法はこちら

DTI SIMの解約時の注意点は?

解約締日に注意

DTI SIMの解約締日は毎月25日となっています。26日になってしまうと、翌月の解約となるため翌月の月額料金を支払う必要があるので解約を決めたら25日までに手続きをするようにしてください。

なお25日が平日でも土日、祝日でもかんけいなく締日となりますのでご注意してください。

解約手続きは25日までなのですが、契約自体はその月の末日までありますので、末日までご利用いただけます。SIMカード返却の準備をするのは月末までご利用いただいてからにしてください。

SIMカードを返却する必要がある

DTI SIMでは解約後にSIMカードを返却する必要があります。返却期限は解約が成立した翌翌月の25日となっており長めの期間となっております。返却キットが送付されてくるので、同封して以下の住所に送るようにしてください。

定めされている期間を超えてしまうと、3,000円支払う必要がありますので、解約後はできるだけ早く送付するようにしてください。

SIMカード返却先
〒847-0083
佐賀県唐津市和多田大土井4740-1 フリービット株式会社内
株式会社ドリーム・トレイン・インターネット カスタマーサービス行
会社名SIM料金利用回線申し込み
600円〜ドコモ

DTI SIMを解約したあとのおすすめ通信会社は?

スタッフに相談したい

特に初めてMVNOを利用する方は、端末の使い方、プランなどわからないことが多いでしょう。そんな時スタッフにいつでも聞くことができると安心です。

MVNOでは、mineo、イオンモバイル、Y!mobileなど全国に店舗があるMVNOもあるため、おすすめできます。

容量繰り越しをしたい

月によって、データを多く使う月少ない月と波がある方もいらっしゃるでしょう。そんな時容量の繰り越しができると安心です。楽天モバイル、OCNモバイルONE、mineoが容量繰り越しに対応しておりおすすめです。

口座振替を利用したい

クレジットカード払いをしたくない方もいらっしゃるでしょう。MVNOは基本的にクレジット払いとなるのですが、楽天モバイル、OCNモバイルONE、Y!mobileは口座振替が可能でおすすめです。

最低利用期間や解約金がないMVNOを選びたい

使ってみて電波が悪かったなど短い契約期間で解約が必要になることもあるでしょう。そういった時のために、イオンモバイルやmineoは音声通話SIMであっても最低利用期間や解約金の設定がないため、気軽に試してみることができます。

電話を多く使う方におすすめのMVNO

MVNOの通話基本料金は安くありません。通話を多くするのであれば、楽天モバイルや、mineo、エキサイトモバイルなど通話し放題があるMVNOもしくはLINEモバイルでSNS使い放題プランにして、LINE電話を利用するという方法もあります。

ポイントが貯まるMVNOにしたい

キャリアを使っている時はドコモポイントなど必ずポイントが貯まるサービスがあります。DTI SIMにはポイントサービスはないのですが、楽天モバイル、DMMモバイル、OCNモバイルONE、LINEモバイル、TONEモバイルなどポイントがたまるサービスがあるMVNOがあります。

中でも楽天モバイルは楽天スーパーポイントが貯まります。これは楽天市場で買い物をしたり、楽天カードを利用すると貯まるもので、よく楽天を利用するユーザーにとっては貯めやすいのではないでしょうか。なかなか一つのサービスのポイントだと貯めにくいのですが、同じポイントを色々なサービスで貯められるとあっという間に貯まっている時があります。

MVNO比較ランキング

MVNOおすすめポイント
1位LINEモバイル全国に店舗がある!
LINE電話を使える!
2位楽天モバイル全国に店舗がある!
楽天でんわやかけ放題など通話をする方におすすめ!
3位OCNモバイルONEOCNモバイルONEと同じドコモ回線を利用
OCN光と合わせるとより安くなる
4位DMMモバイル人気プランが安い!
通信が安定している!
5位BIGLOBEモバイルドコモ回線とau回線に対応!
動画の視聴が多いならカウントフリーでおすすめ

おすすめの格安SIM比較ランキングページはこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
500円〜ドコモ
ソフトバンク
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
600円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au

DTI SIMの料金プランや評判はこちら

会社名SIM料金利用回線申し込み
600円〜ドコモ