DTI SIMのまとめ

会社名SIM料金利用回線申し込み
600円〜
ドコモ

DTI SIMはドコモ回線を利用した格安SIMです。

データSIMなら600円から、音声SIMなら1,200円からと、月額料金が安いのが特徴です。3GBのデータ/データSMSプランと10GBプランは業界最安値ですし、そのほかのプランも最安値に近い価格設定になっています。

また、プランの種類が豊富で、月間のデータ通信量が無制限の「ネットつかい放題」や特定のサービスが使い放題の「DTI見放題SIM」など、データ通信がお得にできるプランが多いです。

しかも半年間無料で利用できるお試しプランがあるため、初めて利用する人でも安心して使えます。

実際の口コミや評判でも、

「データ通信量が無制限のプランをお得に使える」 「大手キャリアから乗り換えて半額以下になった」 「お試しプランで実際の使い勝手を体験してから利用した」

といった意見が見られました。

通信速度については朝や夕方はまずまずの速度がでますが、お昼と夜間は遅いという意見が多いです。また、すべてのプランで速度制限があります。ネットつかい放題も短期間に大容量の通信を行うと速度制限がかかるので注意が必要です。

DTI SIMとは?

DTI SIMは大手プロバイダとしても知られる株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(以下DTI)が手掛ける格安SIMです。DTIは光回線サービスやモバイルインターネットなども手掛けており、すでに利用したことがある人も多いのではないでしょうか。

DTI SIMは月額料金が安いのが魅了です。業界最安値のプランも数多くあるので、とにかくスマホ代を安くしたい人におすすめです。DTIの光回線とのセット割も用意されているので、DTIユーザーならDTI SIMを選ぶことでネットもスマホも安くなります。

プランも1GBプランや3GBプランといったライトユーザー向けの低容量プランから、ヘビーユーザー向けの20GBプランやネットつかい放題プランまで、幅広く用意されています。

⇨DTI SIMの公式ページ

DTI SIMの通信速度

DTI SIMを使う上で気になるのが通信速度です。

DTI SIMは月額料金が安いのが特徴でもありますが、いくら料金が安くても通信速度が遅すぎて使い物にならなかったら意味がありませんからね。

DTI SIMの通信速度に関して詳しく知るために、

  • DTI SIMの公式が発表している理論値
  • 気になるDTI SIMの通信制限について

上記の2つをみていきましょう。

DTI SIMの通信速度の理論値

DTI SIMが公表している理論値は下り最大370Mbps、上り最大50Mbpsです。

これはあくまでもLTEエリアでの理論値であり、実際にここまでの速度が出ることはまずありません。大事なのは実際に利用して計測した実測値です。

DTI SIMの通信制限はどうなの?

DTI SIMではプランによって通信制限の内容が異なります。

  • 通常プラン(ネットつかい放題プラン以外)の場合 ネットつかい放題以外の通常プランでは、プランごとのデータ通信量を超える通信を行うと翌月まで速度制限がかかります。

また、すべてのプランにおいて、直近3日間で一定以上のデータ通信を行うと一時的に速度制限がかかります。速度制限にかかる条件は以下の通りです。

プラン速度制限がかかる条件
1GBプラン直近3日間で700MB以上
3GB、5GB、10GB、15GBプラン
半年お試しプラン、でんわ定額プラン
直近3日間で2GB以上
20GBプラン直近3日間dで2.5GB以上
  • ネットつかい放題プラン ネット使い放題プランは月間のデータ通信量は無制限です。ただし、短期間に大容量のデータ通信を行うと速度制限がかかります。

具体的にどれくらいの通信を行うと速度制限にかかるのかが公表されていないので注意が必要です。

  • DTI見放題SIM、20’s SIM DTI 見放題SIMと20’s SIMはともに月間のデータ通信量が7GBと決まっており、それ以上の通信を行うと速度制限がかかります。ただし、見放題の対象になっているサービスについては制限後でも高速通信が使えます。

DTI見放題SIMと20’s SIMについても短期間に大容量のデータ通信を行うと速度制限がかかりますが、ハッキリとした条件は不明です。

使い放題だからといっても短期間に大容量のデータ通信を行わないように気を付けましょう。

データ通信量を使い切ったら容量チャージを活用しよう

DTI SIMではネット使い放題プラン以外のすべてのプランで、容量チャージが利用できます。容量チャージの価格は以下の通りです。

容量料金
500MB380円
1GB600円

容量チャージはマイページである「My DTI」から申し込めます。

チャージしたデータ通信量のうち、使い切れなかったものは翌月に繰り越すことができます。しかし、20’s SIMおよび見放題SIMではデータ容量の繰り越しができないので注意が必要です。

My DTIからデータ通信量をこまめに確認しよう

DTI SIMはMy DTIからデータ通信量を確認できます。データ通信量が決まっているプランを利用する場合はこまめにデータ通信量を確認し、速度制限にかからないようにしましょう。

DTI SIMの料金プラン・月額・初期費用

DTI SIMの料金プランは大きく分けて

  • 通常プラン
  • 20’s SIM
  • 見放題SIM
  • お試しプラン

の4つがあります。

通常プランはもっともスタンダードなプランで、月額料金が安いのが大きな特徴です。3GBのデータSIMとデータSMS SIM、そして10GBのプランは業界最安値で、そのほかのプランも業界最安値に近いです。

DTI SIMの売りでもある、月間のデータ通信量が無制限の「ネットつかい放題プラン」は音声通話機能ありでも3,000円を下回るなど、他社の同様のプランと比べてもリーズナブルです。

20’s SIMと見放題SIMは特定のサービスがデータ通信量を消費せず使い放題になるプランです。使い放題の対象となるのは以下の通りです。

  • YouTube
  • Twitter
  • radiko
  • マイナビサイト

20’s SIM、見放題SIMともに月間のデータ通信量は7GBですが、これらのサービスはデータ通信量を消費しません。また、データ通信量を使い切ったあとでも、対象のサービスでは高速通信が使えます。

また、20’s SIMはこれらのサービスが使い放題なのに加えて、

  • DTI Wi-Fi by エコネクト
  • 画面サポートオプション
  • おとくコール10(音声プランのみ)

も標準で含まれており、かなりお得です。

ただし、20’s SIMと見放題SIMでは余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことができないので気を付けましょう。

そして、DTI SIM独自のプランでもあるのが「お試しプラン」です。初めてDTI SIMを利用する人限定で、半年間お得にDTI SIMが使えます。とくにデータSIMおよびデータSMS SIMであれば月額基本料が半年間無料になります。データSIMなので最低利用期間もありません。

DTI SIMはもちろん、格安SIMを試しに使ってみたいという人にもおすすめです。

DTI SIMの料金プラン一覧

月額料金が安い《通常プラン》

プラン名通信量データプランデータSMSプラン音声プラン
1GBプラン1GB600円750円1,200円
3GBプラン3GB840円990円1,490円
5GBプラン5GB1,220円1,370円1,920円
10GBプラン10GB2,100円2,250円2,800円
15GBプラン15GB3,600円3,750円4,300円
20GBプラン20GB4,850円5,100円5,550円
ネットつかい放題プラン無制限2,200円2,350円2,900円

⇒DTI SIMの通常プランを公式HPで確認

使い放題とオプションサービスがセットになった《20’s SIM》

プラン名データ容量月額料金
20's SIM音声プラン7GB3,980円
20's SIMデータプラン7GB2,880円
20's SIM+ルーターセット7GB3,696円

⇒DTI SIMの20’s SIMプランを公式HPで確認

特定のサービスが利用し放題の《DTI見放題SIM》

プラン名データ容量月額料金
DTI見放題SIM7GB2,430円
DTI見放題SIM+ルーターセット7GB3,696円

⇒DTI SIMのDTI見放題プランを公式HPで確認

半年間無料で試せる《お試しプラン》

プラン名データ容量6ヶ月目まで7ヶ月目以降
でんわ定額プラン3GB3GB1,520円2,310円
データ半年お試し3GB3GB0円840円
データSMSお試しプラン3GB3GB0円990円

⇒DTI SIMのお試しプランを公式HPで確認

DTI SIMのオプション一覧

  • 容量チャージ
  • おとくコール10
  • おとくコール
  • music.jp
  • DTI SIMコンテンツパック

DTI SIM契約時の初期費用

DTI SIMを契約する際は事務手数料3,000円SIM発行手数料394円がかかります。月額料金が半年間無料になる半年お試しプランでも初期費用だけは通常通りかかるので気を付けましょう。

DTI SIMの評判・口コミ

総合満足度料金プラン通信速度
★★★★★★★★★★★★★★★

DTI SIMは料金の安さプラン数の多さが評価されています。とくに月額料金はいずれも業界最安値クラスで、どのプランを契約してもお得です。プランもライトユーザー向けの低容量プランからヘビーユーザー向けの使い放題プランや大容量プランまで幅広く用意されています。

通信速度は朝や夕方についてはまずまず評価が良いですが、お昼と夜間は通信速度が遅いという声が多いです。また、売りでもあるネットつかい放題プランは短期間に大容量の通信を行うと速度制限がかかりますが、具体的な基準値が公表されておらず、使いにくいという評価もあります。

DTI SIMの《良い》評判と口コミ

  • プランの数が豊富
  • どのプランも月額料金が安い
  • ネットつかい放題プランは無制限プランとしては破格の安さ
  • 朝や夕方は比較的通信速度が速い
  • お試しプランなら半年間無料で利用できる

とにかく料金が安い!

DTI SIMの良い口コミで特に多かったのが月額料金の安さです。

いずれのプランも料金が安いですが、3GBのデータSIMとデータSMS SIM、そして10GBプランは業界最安値で特に安いです。また、ネットつかい放題もデータSIMなら2,200円、音声プランでも3,000円を下回る2,900円で利用できます。

実際の口コミでも、

「大手キャリアで7,000円だったが、DTI SIMに乗り換えて2,000円ほどになった」 「2,000円台前半でデータ通信が使い放題なのはお得」

といったように、月額料金の安さを評価する声が多かったです。

半年無料で使えるので初めての人も安心して使える

DTI SIMの「お試しプラン」はデータSIMまたはデータSMS SIMであれば半年間無料で利用できます。

初めてDTI SIMを使う人、とくにこれまで大手キャリアを使っていた人は「通信速度は問題ないか」「使い勝手は悪くないか」など、不安に思うことも多いでしょう。

お試しプランなら月額料金が半年間無料ですし、最低利用期間がなくいつ解約しても違約金が発生しません。そのため、仮に契約して納得がいかなくても安心です。もちろん、契約して良さそうだと思ったらそのまま使うことも可能です。

実際の口コミを見ても、まずはお試しプランから利用した、という人が多かったです。

DTI SIMの《悪い》評判と口コミ

  • 夜間は通信速度が遅くなる
  • ネットつかい放題プランは速度制限が厳しい

ネットつかい放題は速度制限の基準が不明なので要注意

DTI SIMの魅力の1つでもある「ネットつかい放題プラン」ですが、このプランでも短期間で大容量のデータ通信を行うと一時的に速度制限がかかります。やっかいなのは、具体的にどれくらいの通信を行うと制限されるかが公表されていないことです。

口コミでも、

「1日に1GB使ったら制限された」 「3GB使用したら即制限がかかった」

といったように、制限にかかるまでに使ったデータ通信量にばらつきがあります。つかい放題プランとは言え、短期間の間にデータ通信を使いすぎないように注意しましょう。

DTI SIMのSIMカードについて

DTI SIMを利用する際に気を付けたいのがSIMカードサイズです。

端末によってSIMカードサイズが異なるため、あらかじめ利用する端末のサイズを調べておき、それに合ったサイズのSIMカードを契約しないといけません。

DTI SIMで利用できるSIMカードのサイズは?

DTI SIMでは標準micronanoの3種類のSIMカードを利用できます。最近ではnanoサイズに対応した端末が増えていますが、実際にどのサイズに対応しているかは端末によって異なります。

あらかじめ利用する端末が対応しているSIMカードサイズを調べておき、それに合ったサイズのSIMカードを申し込みましょう。

DTI SIMでのサイズ変更方法と費用

DTI SIMでは契約後もSIMカードサイズの変更が可能です。サイズ変更はMy DTIから申し込めます。

サイズ変更の際にはSIM交換手数料3,000円docomo SIM発行手数料394円がかかります。

DTI SIMをiPhoneで使用したい

DTI SIMはiPhoneで利用することもできます。

DTI SIMではiPhoneの取り扱いをしていませんが、大手キャリアのiPhoneやSIMフリー版のiPhoneを用意すれば問題なく使えます。

DTI SIMで使用可能なiPhoneの機種

  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c

iPhone Xを徹底レビュー

iPhone 8を徹底レビュー

au・ドコモ・ソフトバンクのiPhoneを使える?

DTI SIMでは** au・ドコモ・ソフトバンクのiPhoneが使えます。**

ドコモのiPhoneであればSIMロック解除をすることなく、SIMカードを差し込むだけで利用できます。au、ソフトバンクのiPhoneもSIMロック解除をすれば使えます。

ただし、DTI SIMではauとソフトバンクのiPhoneについては動作確認をしていません。そのため、利用する際はあくまでも自己責任となります。

DTI SIMでのiPhoneの取り扱いについて

2018年2月現在、DTI SIMではiPhoneは取り扱っていません。というよりもそもそも端末セットを取り扱っていません。

iPhoneを使いたい場合は大手キャリアのものを使うか、SIMフリー版のiPhoneを購入しましょう。SIMフリー版のiPhoneはApple Storeかアップルオンラインストアから購入できます。

Android端末を使いたい場合は公式サイトの動作確認済み端末一覧を参考にしたうえで、家電量販店やネット通販などでSIMフリー端末を購入しましょう。

DTI SIMの申込方法

DTI SIMは公式サイトから申し込めます。現在、DTI SIMを取り扱っている店舗はないため、店舗から申し込むことはできません。

スマホや格安SIMの初心者で対面によるサポートを受けながら決めたいという人や、SIMカードをすぐに受け取って利用開始したいという人は注意が必要です。

DTI SIM申込時の必要書類

  • 本人確認書類(音声通話SIMのみ)
  • 本人名義のクレジットカード
  • MNP予約番号(MNPを利用する場合)
  • メールアドレス

DTI SIMでは音声通話SIMを申し込む場合のみ本人確認書類が必要です。データSIM、データSMS SIMを申し込む際は必要ありません。

また、支払い方法がクレジットカードのみなので、クレジットカードが必須です。利用できるのは本人名義のもののみで、家族など他人名義のものは利用できません。

DTI SIM申込時の注意点

DTI SIMを申し込む際は以下の点に注意しましょう。

  • SIMカードのサイズを間違えないようにする
  • MNPをする場合は、MNP予約番号の有効期限を確認する
  • 端末がDTI SIMに対応しているか事前に確認する
  • 使い放題プランにも速度制限があることを理解した上で使う
会社名SIM料金利用回線申し込み
600円〜
ドコモ