DMMモバイルのまとめ

会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜
ドコモ

DMMモバイルはドコモ回線を利用した格安SIMです。

月額料金がデータSIMなら440円から、音声通話SIMは1,140円からと非常に安いのが特徴です。

プラン数が10種類と多く、いずれのプランも料金が安いので、とにかく安くスマホを使いたい人に向いています。

実際の口コミや評判でも

「大手キャリアの半額以下になった」 「月500円でデータ通信ができる」 「同じ通信量の格安SIMから乗り換えたらより安くなった」

といったように安さを評価する声が多いです。

料金やプランに対して良い評価がある一方で、通信速度はあまり速くなく、とくにお昼になると著しく速度が低下します。お昼でなくても朝以外はやや速度が遅いです。

DMMモバイルとは?

DMMモバイルは動画配信やオンラインゲームなどで知られるDMM.comが手掛ける格安SIMで、回線はドコモを利用しています。

月額料金が安いのが最大の魅力で、プランによってはワンコインでもお釣りがきます。プランも低速だけのものから20GBの大容量プランまで用意されており、幅広い人の利用が可能です。

また、追加容量なしで最大3枚のSIMカードで容量シェアができるシェアコースもあるので、複数の端末でなるべく安くデータ通信を利用したい人にも向いています。

DMMモバイルの公式ページはこちら

DMMモバイルの通信速度

DMMモバイルを使う上で気になるのが通信速度です。

月額料金の安さが魅力のDMMモバイルですが、いくら安くても使い物にならなければ意味がありませんよね。

DMMモバイルの通信速度に関して詳しく知るために、

  • DMMモバイルの公式が発表している理論値
  • 実際に3か月間計測したDMMモバイルの通信速度データ
  • 気になるDMMモバイルの通信制限について

上記の3つをみていきましょう。

DMMモバイルの通信速度の理論値

DMMモバイルの通信速度の理論値は

  • 下り:最大500Mbps
  • 上り:最大50Mbps

となっています。

しかし、これはあくまでも理論値なので、実際にここまでの速度が出ることはありません。大事なのは、実際に利用した際の通信速度、すなわち実測値です。

DMMモバイルの実際の通信速度《3か月間計測してみた》

DMMモバイルを実際に3ヶ月利用し、速度を計測した結果は以下の通りです。なお、単位はすべてMbpsです。

10:00計測12:30計測17:00計測
1月8.390.6610.13
12月9.210.391.9
11月22.310.472.4
  • 3Mbps以上:動画が快適に閲覧できるレベル
  • 1Mbps以下:インターネットが快適に利用できるレベル
  • 0.5Mbps以下:メールやLINEが快適にできるレベル

この表を見てみると、朝の時間帯は比較的速い速度が出ていますが、お昼と夕方は速度が低下する傾向にあるのが分かります。とくにお昼の時間帯は1Mbpsを下回っており、昼休憩中に動画を見たりゲームをプレイしたりといった使い方には向きません。

夕方の時間帯はお昼よりはマシですが、朝と比べると遅めです。標準画質であれば動画視聴も可能ですが、高画質な動画の再生は難しいです。

DMMモバイルの通信制限はどうなの?

DMMモバイルでは月間のデータ通信量を超える通信を行うと翌日まで速度制限がかかります。

さらに、低速通信中に直近3日間で366MB以上の通信を行うと一時的に速度制限がかかります。高速通信中は直近3日間の速度制限はありません。

速度制限にかかったら追加チャージを利用しよう

DMMモバイルでは速度制限にかかっても高速データ通信量を追加チャージすることができます。

追加チャージできる容量と価格は以下の通りです。

100MB500MB1GB1GB
繰り越しなし
200円600円1,100円480円

DMMモバイルの追加チャージの利用期限は3ヶ月ですが、繰り越しがない場合は1GB/480円という破格の安さでチャージができます。

追加チャージはマイページもしくは専用アプリ「DMM mobile」から可能です。

マイページからチャージする方法

  1. マイページにログイン
  2. 「選択してください」からチャージする容量を選択
  3. 「今すぐチャージ」を選択

アプリからチャージする方法

  1. アプリをストアからインストールする
  2. アプリを起動し、「選択してください」からチャージする容量を選択
  3. 「今すぐチャージする」をタップ

マイページまたはアプリからデータ通信量を確認しよう

DMMモバイルではマイページもしくはDMM mobileアプリから簡単にデータ通信量を確認できます。今月どれくらい使って、あとどれくらい残っているのかを常に把握し、速度制限にかからないようにしましょう。

また、マイページおよびアプリからは高速通信と低速通信の切り替えもできます。低速通信にすると通信速度が200kbpsになりますが、データ通信量を一切消費しなくなります。

低速通信をうまく活用して、データ通信量を節約しましょう。

DMMモバイルの料金プラン・月額・初期費用

DMMモバイルの料金プランはシングルコースシェアコースに分かれます。

シングルコースは1枚のSIMカードを利用するプランです。データSIMなら月額440円という破格の安さで利用できます。1GBから20GBまで幅広く用意されていますし、いずれも月額料金が安いです。

シェアコースは最大3枚のSIMカードでデータ通信量をシェアできるコースです。データSIMの場合、追加料金なしで追加できるので、サブ端末などでもデータ通信を利用したい人に向いています。

ただし1GB~7GBの容量でシェアコースを使う場合は月額料金とは別に300円の追加SIM利用料がかかります。少ない容量でシェアをするとむしろ他社よりも高くなってしまうので気を付けましょう。

DMMモバイルの料金プラン一覧

業界最安値クラスのシングルコース

プラン名通信量データ通信通話対応
ライト※無制限440円1,140円
1GBプラン1GB480円1,260円
2GBプラン2GB770円1,380円
3GBプラン3GB850円1,500円
5GBプラン5GB1,210円1,910円
7GBプラン7GB1,860円2,560円
8GBプラン8GB1,980円2,680円
10GBプラン10GB2,190円2,890円
15GBプラン15GB3,280円3,980円
20GBプラン20GB3,980円4,680円

※最大通信速度は200kbps

最大3枚のSIMカードでシェアできるシェアコース

通信量データ通信SIM3枚通話SIM1枚
+
データSIM2枚
1GB480円1,260円
2GB770円1,380円
3GB850円1,500円
5GB1,210円1,910円
7GB1,860円2,560円
8GB1,980円2,680円
10GB2,190円2,890円
15GB3,280円3,980円
20GB3,980円4,680円
通信量通話SIMSIM2枚
+
データSIM1枚
通話SIM3枚
1GB1,960円2,660円
2GB2,080円2,780円
3GB2,200円2,900円
5GB2,610円3,310円
7GB3,260円3,960円
8GB3,380円4,080円
10GB3,590円4,290円
15GB4,680円5,380円
20GB5,380円6,080円

※1GB~7GBは月額料金とは別に追加SIM利用料が月額300円/枚かかる

⇒DMMモバイルの料金プランを公式HPで確認

DMMモバイルのオプション一覧

  • SNSフリー
  • 安心パック
  • 端末交換オプション
  • セキュリティオプション
  • 10分かけ放題
  • つながる端末保証
  • DMM Wi-Fi by エコネクト
  • スマート留守電
  • タブホ

DMMモバイル契約時の初期費用

DMMモバイルを契約する際は新規契約手数料3,000円SIMカード準備料394円がかかります。

この初期費用は初回の利用料金(日割りのプラン料金、端末料金、ユニバーサル料)と一緒にSIMカード手配時に決済されます。

DMMモバイルの評判・口コミ

総合満足度料金プラン通信速度
★★★★★★★★★★★★★

DMMモバイルは料金の安さとプランの豊富さが高い評価を受けています。とくに料金は格安SIMの中でもトップクラスの安さで、低速通信だけのライトプランなら月額440円から、高速通信が使える1GBプランでも月額480円という破格の安さで利用可能です。

一方、通信速度については昼や夕方になると速度が低下するためやや評価が低いです。決して使い物にならないというわけではありませんが、通信速度を重視する人は気を付けましょう。

DMMモバイルの《良い》評判と口コミ

  • 大手キャリアよりも大幅に安くなった
  • シェアコースで複数のSIMをお得に利用できる
  • SNSフリーオプションで低容量プランでもSNSが使い放題
  • 料金プランが1GBから20GBまで細かく用意されている
  • 利用料に応じてDMMポイントがたまる

業界最安値クラスの月額料金

DMMモバイルの良い口コミや評判で多かったのは「月額料金の安さ」です。すべてのプランの月額料金が比較的安く、とくにデータSIMの1GB/480円は業界最安値です。

また、最大3枚のSIMカードでデータ通信量をシェアできるシェアコースは8GB以上のプランでデータSIMなら追加料金なしで利用できます。タブレットやサブ端末でもデータ通信を利用したいという人ならかなりお得ですね。

口コミでも、

「ドコモから乗り換えて5,000円以上安くなった」 「音声通話ありでも1,000円台で利用している」 「シェアコースで追加料金なしで3枚のSIMカードを使っている」

など、料金の安さを評価する声が多かったです。

SNSフリーオプションでSNSが使い放題に!

DMMモバイルには「SNSフリー」というオプションが用意されています。このオプションは月額250円で対象のSNSサービスがデータ通信量を消費せず使い放題になります。

SNSフリーの対象となるサービスは以下の通りです。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Facebook Messenger
  • Instagram

例えば、音声通話SIMの3GBとSNSフリーを契約すると月額1,750円で音声通話とデータ通信3GBが利用でき、さらに5つのSNSが使い放題になります。

データ通信はSNSがメインである、連絡はLINEしか使わないといった人ならSNSフリーを使えば通常よりも少ないデータ通信量で契約できるので、スマホ代を大幅に安くできます。

DMMモバイルの《悪い》評判と口コミ

  • 通信速度が遅い
  • 低速時の速度制限が厳しい
  • サポートの対応が良くない

低速時は直近3日間の速度制限に注意

DMMモバイルは高速通信時については直近3日間の速度制限がありませんが、低速時には直近3日間で366MB以上の通信を行うと一時的に速度制限がかかります。

高速通信量を使い切っているときはもちろん、ライトプランや速度切り替えで低速モードにしている間も対象です。

DMMモバイルはバースト転送に対応しているので、低速モードをメインに使いたいと思っている人もいるかもしれません。しかし、低速モードを使いすぎるとさらに速度制限がかかって遅くなってしまうので気を付けましょう。

DMMモバイルのSIMカードについて

DMMモバイルを利用する際に気を付けたいのがSIMカードサイズです。

端末によって対応しているSIMカードサイズが異なるので、そのサイズに合ったSIMカードを選ぶ必要があります。あらかじめ、どのSIMカードサイズにすればよいのかを確認しておきましょう。

DMMモバイルで利用できるSIMカードのサイズは?

DMMモバイルで利用できるSIMカードサイズは標準micronanoの3種類です。

最近ではnanoサイズが主流となっており、標準サイズとmicroサイズを利用する端末は減っています。とはいえ、実際にどのサイズかは端末にもよるので、必ず端末のSIMカードサイズを確認しましょう。

DMMモバイルでのサイズ変更方法と費用

DMMモバイルはマイページからSIMカードサイズの変更が可能です。その際にはSIMカード再発行手数料3,000円SIMカード準備料394円がかかります。

音声通話SIMのSIMカードサイズを変更する際は本人確認のために再度本人確認書類を提出する必要があるので、準備しておきましょう。

DMMモバイルをiPhoneで使用したい

DMMモバイルはiPhoneで利用することもできます。

DMMモバイルでiPhoneをセット購入することはできませんが、大手キャリアのiPhoneやSIMフリー版のiPhoneであれば問題なく使うことができます。

DMMモバイルで使用可能なiPhoneの機種

  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 5
  • iPhone 4s
  • iPhone 4
  • iPhone 3GS

au・docomo・softbankのiPhoneを使える?

DMMモバイルでは** au・docomo・softbankのiPhoneが使えます。**

ドコモのiPhoneの場合はSIMロック解除の必要がなく、DMMモバイルのSIMカードを挿すだけで使えます。

auおよびSoftbankのiPhoneは6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusに限り、SIMロック解除をすることでDMMモバイルのSIMカードが使えます。

DMMモバイルでのiPhoneの取り扱いについて

2018年2月現在、DMMモバイルではiPhoneを取り扱っていません。

そのため、DMMモバイルでiPhoneを使うには大手キャリアのiPhoneを使うか、SIMフリー版iPhoneを購入する必要があります。

SIMフリー版iPhoneはApple Storeもしくはアップルオンラインストアで購入可能です。

DMMモバイルの最新おすすめ機種

DMMモバイルではiPhoneの取り扱いはありませんが、Android端末については数多く端末を取り扱っています。

ここでは、DMMモバイルで購入できる端末のうち、最新かつおすすめのものをまとめました。

DMMモバイルおすすめ機種販売価格おすすめポイント
HUAWEI nova lite 225,980円ダブルレンズカメラとワイドディスプレイ搭載のエントリーモデル
AQUOS R compact64,800円コンパクトな本体と大画面ディスプレイを両立したフラグシップモデル
HUAWEI Mate 10 Pro89,800円AIプロセッサとダブルレンズカメラ搭載のハイスペック機
ZenFone 4 カスタマイズ44,800円基本機能はそのままにスペックを下げてお手頃価格に
ZenFone 4 Selfie27,800円自撮りに特化したエントリーモデル

※2018年2月現在

⇒DMMモバイルの販売機種を公式HPで確認

DMMモバイルの申込方法

DMMモバイルの申し込みは公式サイトから行います。DMMモバイルはコスト削減のために実店舗を設けていません。家電量販店などでパッケージを購入することは可能ですが、申し込み自体はWebから行います。

格安SIMやスマホに慣れていない人も自分で申し込まないといけないので注意が必要です。

DMMモバイル申込時の必要書類

  • MNP予約番号(MNPを利用する場合のみ)
  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類

本人確認書類は音声通話SIMもしくは端末セットを購入する場合のみ必要です。データSIMだけを契約する場合は必要ありません。

DMMモバイル申込時の注意点

DMMモバイルを申し込む際は以下の点に注意しましょう。

  • SIMカードのサイズを間違えないようにする
  • MNPをする場合は、MNP予約番号の有効期限を確認する
  • 端末がDMMモバイルに対応しているか事前に確認する
会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜
ドコモ