AQUOS sense lite SH-M05のスペック

SHARP AQUOS sense lite SH-M05
SHARP AQUOS sense lite SH-M05
販売価格
33,000円
分割払い時約1,375円×24回
カラー

AQUOS sense lite SH-M05のスペックは以下の通りです。

カラーホワイト、ブラック、ゴールド、ターコイズ(mineo限定)
ピンク(IIJmio限定)、レッド(楽天モバイル限定)、ブルー(gooSimseller限定)
サイズ幅約72mm×高さ約144mm×厚さ約8.5mm
重さ約147g
ディスプレイ約5.0インチ
1,080 × 1,920ドット フルHD IGZO
OSAndroid 7.1
CPU Qualcomm Snapdragon 430(MSM8937)
1.4GHz(クアッドコア)+1.1GHz(クアッドコア)
メモリ3GB
ストレージ32GB / MicroSD(最大256GB)
カメラメインカメラ:1,310万画素 / インカメラ:500万画素
バッテリー容量2700mAh
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n(2.4GHzのみ)
Bluetooth4.2
SIMスロットnano SIM x 1
センサーGPS/諮問センサ/加速度センサ/地磁気センサ/ジャイロセンサ/近接センサ/照度センサ
価格29,000~33,000円前後

低価格ながら普段使いには十分すぎる性能

これまで国産のSIMフリースマホは海外製スマホにはない付加価値がある分、スペックは低い物ばかりでした。

しかし、AQUOS sense liteは30,000円前後とお手頃な価格ですが、普段使いなら十分な高いスペックを誇ります。

CPUにはオクタコアのSnapdragon 430を採用しています。動作はサクサクでSNSや動画視聴、軽いソーシャルゲームなど普段使いであれば快適です。負荷の大きな3Dゲームなどは難しいですが、一般的なユーザーにとっては十分な性能です。

メモリ3GB、ストレージ32GBも最近のミドルスペックスマホとしては標準的な容量で、ヘビーユーザーでなければ問題ありません。

これだけのスペックに防水・防塵やおサイフケータイ、耐衝撃性といった付加価値がついて30,000円前後ですから、コスパは非常に高いと言えます。

AQUOS sense lite SH-M05の特徴

防水・防塵とおサイフケータイ対応

AQUOS sense liteは防水・防塵とおサイフケータイに対応しています。これらは海外製スマホにはほとんど搭載されておらず、国内メーカー製ならではの機能です。

AQUOS sense liteのディスプレイにはシャープが独自開発している「IGZO液晶ディスプレイ」が搭載されています。IGZOは発色の良さや省エネという特徴の他に、ノイズが少なく濡れていても誤動作しにくいというメリットがあります。

タッチパネルも水に濡れた手で操作しやすいようにチューニングされており、お風呂やキッチンでも安心して使えます。

指紋認証対応

AQUOS sense liteの前面ディスプレイ下部には指紋認証センサが搭載されており、指紋認証によるロック画面の解除が可能です。背面にセンサがあるタイプと比べると、机に置いたままでもロック画面の解除ができるのがメリットです。

SIMフリースマホでは当たり前になりつつある指紋認証ですが、これまでの防水&おサイフケータイ対応の国産スマホは指紋認証がないものがほとんどでした。

防水とおサイフケータイ対応で指紋認証も快適に使えるAQUOS sense liteはとても貴重です。

高い耐久力

AQUOS sense liteは耐久力が高く故障しにくいです。

ディスプレイには強化ガラスを採用しており、キズがつきにくくいつまでもきれいな画面を保てます。

また、前面パネルにはフラットガラスを採用し、米国国防省が制定したMILに準拠した規格において落下試験を実施し、見事クリアしています。衝撃に強く落下しても壊れにくいので安心です。

au VoLTE対応

AQUOS sense liteはau VoLTEに対応しています。そのため、au系の格安SIMで利用することができます。ドコモとソフトバンクの回線にも対応しているので、国内のすべてのキャリアで利用可能です。

ただし、auの3G回線であるCDMA2000には対応していないので、au VoLTEを使わない非VoLTE SIMでは利用できません。

AQUOS sense lite SH-M05の注意点

ワンセグは非対応

防水とおサイフケータイに対応しているAQUOS sense liteですが、それらと同じくらい日本で需要の高いワンセグには非対応です。

ワンセグを利用したい場合は他の国内メーカー製SIMフリースマホを購入しましょう。

3Dゲームなど負荷の大きいアプリには不向き

AQUOS sense liteは普段使いであれば全く問題ないスペックです。しかし、3Dゲームなど負荷の大きいアプリをがんがん使いたいという人には向いていません。

3Dゲームなどを快適にプレイしたい人は、よりスペックの高いスマホを購入しましょう。

DSDS非対応

AQUOS sense liteは2枚のSIMカードを同時待受けする「DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)」には対応していません。

そもそも国内メーカー製スマホでDSDSに対応しているものはほとんどないので、DSDS機能を使いたい場合は海外製スマホを使いましょう。

AQUOS sense liteが購入できるMVNOは?

AQUOS sense liteが購入できるMVNOは以下の通りです。

会社名SIM料金利用回線申し込み
440円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
700円〜ドコモ
au
会社名SIM料金利用回線申し込み
640円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
900円〜ドコモ
会社名SIM料金利用回線申し込み
525円〜ドコモ

AQUOS sense lite SH-M05は高コスパの防水&おサイフケータイ対応スマホ!

AQUOS sense liteはコスパに優れたミドルスペックスマホです。オクタコアCPUに3GBメモリ、32GBストレージ、指紋認証搭載、そして防水&おサイフケータイ対応しています。

これだけスペックや機能が充実していながら価格は30,000円前後とリーズナブルです。防水とおサイフケータイが欲しいけどスペックや使い勝手も妥協したくない人におすすめです。

SHARP AQUOS sense lite SH-M05
SHARP AQUOS sense lite SH-M05
販売価格
33,000円
分割払い時約1,375円×24回
カラー