イオンモバイルのまとめ

会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au

イオンモバイルはドコモ回線を利用した格安SIMで、全国200以上のイオン店舗でサポートが受けられることが最大の特徴です。

イオンモバイルの料金プランはデータSIMで480円から、音声通話SIMで1,130円からと、月額料金が安いのが特徴です。しかもプラン数が非常に多いので、幅広い人が利用しやすいです。

口コミや評判でも

「1,000円台でデータ通信も電話もできる」 「細かくプランが用意されていて、自分に合ったものを選べた」 「店舗でわからないことを聞けるので、実家の両親も安心して使える」

といったように料金プランと実店舗によるサポートが受けられる点が評価されています。

一方で通信速度はやや遅く、お昼以外の時間帯でも高画質な動画の視聴やアプリのダウンロードなどはストレスがたまるかもしれません。

イオンモバイルとは?

イオンモバイルは流通大手のイオンが手掛ける格安SIMで、回線はドコモを利用しています。

全国200以上のイオン店舗でサポートを受けられるのが最大の特徴です。都市部はもちろん、郊外や地方にまで展開しているのでサポートを受けやすく、スマホ初心者やシニア層にも人気です。

また、料金プランが500MBから50GBまで幅広く用意されており、しかも料金は業界最安値クラスです。そのため、できるだけスマホ代を安くしたいという人にもおすすめです。

イオンモバイルの公式ページはこちら

イオンモバイルの通信速度

イオンモバイルを使う上で気になるのが通信速度です。

イオンモバイルはサービス開始当初は比較的通信速度が速いと言われていましたが、格安SIMはサービス開始から時間が経つと通信速度が落ちる傾向にあります。

果たして、現在のイオンモバイルの通信速度はどれくらいのものなのでしょうか。

イオンモバイルの通信速度に関して詳しく知るために、

  • イオンモバイルの公式が発表している理論値
  • 実際に3か月間計測したイオンモバイルの通信速度データ
  • 気になるイオンモバイルの通信制限について

上記の3つをみていきましょう。

イオンモバイルの通信速度の理論値

イオンモバイルが公表している理論値は、

-下り:最大375Mbps -上り:最大50Mbps

となっています。しかし、これはあくまでも理論値であり、実際にここまでの速度が出ることはまずありません。

通信速度で大事なのは理論値ではなく実際の通信速度です。

イオンモバイルの実際の通信速度《3か月間計測してみた》

イオンモバイルを実際に3ヶ月利用し、速度を計測した結果は以下の通りです。なお、単位はすべてMbpsです。

10:00計測12:30計測17:00計測
1月4.670.4310.8
12月2.780.127.58
11月7.720.714.18
  • 3Mbps以上:動画が快適に閲覧できるレベル
  • 1Mbps以下:インターネットが快適に利用できるレベル
  • 0.5Mbps以下:メールやLINEが快適にできるレベル

この表を見てみると、イオンモバイルの通信速度はやや遅めであることがわかります。お昼の時間帯は一般的な格安SIMと同じく、通信速度が大きく低下しています。500kbps(0.5Mbps)前後は出ているので全く使えないというわけではありませんが、動画視聴は厳しいでしょう。

それ以外の時間帯でも基本的には4~7Mbps前後で、10Mbpsを超えることは少ないようです。この速度ならSNSやブラウジングくらいなら問題ないですし、動画視聴も低画質~標準画質なら可能です。

ただし、高画質な動画の視聴やアプリのダウンロードなどを頻繁にする場合はストレスを感じるかもしれません。

イオンモバイルの通信制限はどうなの?

イオンモバイルでは月間のデータ通信量を超える通信を行うと翌月まで速度制限がかかります。

また、低速通信時に直近3日間で366MB以上の通信を行うと一時的に速度制限がかかります。低速時にさらに速度制限がかかると速度が遅くて使い物にならなくなるので、低速通信の使い過ぎに気を付けましょう。

ただし、データSIMの「タイプ2」のみ、直近3日間の速度制限がありません。データSIMを利用する人で速度制限が気になる人は、必ずタイプ2を選びましょう。

速度制限にかかっても容量追加が可能

イオンモバイルではデータ通信量を使い切って速度制限にかかってもデータ容量追加**ができます。

データ容量追加の料金は1GB/480円です。音声通話SIMおよびデータSIM(タイプ1)は追加回数に上限がなく、データSIM(タイプ2)は最大6GBまで追加が可能です。

データ容量追加の方法

  1. イオンモバイルのマイページにログイン
  2. メニューから「サービス」を選択
  3. 「高速データ通信容量追加」を選択

マイページやアプリからデータ通信量を確認しよう

イオンモバイルはマイページ、もしくは専用アプリ「イオンモバイル速度切り替え」からデータ通信量の残量を確認できます。

こまめに確認して、データ通信量を使いすぎないように気を付けましょう。

イオンモバイルの料金プラン・月額・初期費用

イオンモバイルの料金プランは月額料金が安く、しかもデータ通信量が500MBから50GBまで幅広く用意されています。細かくデータ通信量を選択できるので、ライトユーザーヘビーユーザーまで、あらゆるユーザーが利用しやすくなっています。

また、最大5枚のSIMカードでデータ通信量をシェアできる「シェア音声プラン」も用意されており、格安SIMを家族で利用したい人にもおすすめです。

イオンモバイルの料金プラン一覧

500MBから50GBまで用意されている通常プラン

データ容量音声プランデータプラン
500MB1,130円なし
1GB1,280円480円
2GB1,380円780円
4GB1,580円980円
6GB1,980円1,480円
8GB2,680円1,980円
12GB3,280円2,680円
20GB4,680円3,980円
30GB6,080円5,380円
40GB7,980円7,480円
50GB10,800円10,300円

家族でお得なシェア音声プラン

データ容量月額料金※
4GB1,780円
6GB2,280円
8GB2,980円
12GB3,580円
20GB4,980円
30GB6,380円
40GB8,280円
50GB11,100円

※4枚目、5枚目枚目を追加するときは別途200円/月かかる

⇒イオンモバイルの料金プランを公式HPで確認

イオンモバイルのオプション一覧

  • イオンスマホ安心パック
  • イオンスマホ安心保証
  • イオンスマホ電話サポート
  • イオンスマホセキュリティ
  • イオンモバイル持ちこみ保証
  • 子どもパック
  • イオンでんわ
  • イオンでんわ10分かけ放題
  • 050かけ放題
  • アプリ超ホーダイ
  • スマート留守電
  • ビデオマーケット
  • データ容量追加

イオンモバイル契約時の初期費用

イオンモバイルでは契約する際に初期費用3,000円がかかります。

シェア音声プランの場合、契約するSIMカード1枚ごとに3,000円がかかるので注意が必要です。例えば3枚のSIMカードを利用する場合は9,000円かかります。

イオンモバイルの評判・口コミ

総合満足度料金プラン通信速度
★★★★★★★★★★★★★

イオンモバイルは料金の安さプランの豊富さで高い評価を受けています。月額480円から利用でき、500MBから50GBまで幅広いプランが用意されているので、自分に合った無駄のないプランを選びやすいです。

一方、通信速度の評価はあまりよくありません。お昼以外の時間帯も速度はあまり速くないようなので、動画視聴やゲームなどを頻繁に利用する人は要注意です。

イオンモバイルの《良い》評判と口コミ

  • 月額料金が安い
  • 全国200以上のイオン店舗でサポートを受けられる
  • プランの種類が多いので、自分に合ったプランを選べる
  • 全国200以上のイオン店舗でサポートを受けられる
  • シェア音声プランで家族まとめてお得になる
  • アプリから簡単に通信速度を切り替えらえる

イオンの店舗でサポートを受けられるので初心者や地方に住んでいる人も安心

イオンモバイル最大のメリットでもあるのがイオンの店舗でサポートを受けられる点です。

店舗があれば店員さんから対面によるサポートを受けられるので、格安SIMやスマホに詳しくない人も安心ですね。

最近では店舗を用意する格安SIMは他にも増えています。しかし、その多くは都市部に集中しており、地方に住んでいる人だと店舗に行きづらいというデメリットがありました。

それに対し、イオンモバイルは全国200以上のイオン店舗で取り扱われています。イオンは店舗数が多く、都市部だけでなく地方や郊外にも多数出店しているため、多くの人がサポートを受けやすいです。

「地方に住んでいるスマホ初心者にもおすすめできる」ということで、実家の両親や家族に使ってもらっているという口コミが多かったです。

プランの数が非常に豊富で料金も安い

イオンモバイルはプラン数が非常に多いのも魅力です。ライトユーザー向けの500MBから、ヘビーユーザー向けの40GBや50GBといった幅広い容量が用意されています。中には4GBや12GBといった他社ではあまり用意されていない珍しい容量もあります。

さらに、どのプランも月額料金が安いです。1GBのデータSIMは480円という破格の安さで利用できますし、4GB、12GB、30GB、40GB、50GBのプランは業界最安値です。

口コミでも、

  • 大手キャリアの4分の1になった
  • 月々2,000円以下で使えている
  • 家族でまとめても5,000円ほど

といったように、価格の安さに関する良い意見が多数ありました。

イオンモバイルの《悪い》評判と口コミ

  • 通信速度は遅い
  • 電話がつながりにくく、店舗がない地域ではサポートが受けにくい
  • 店舗で即日SIMカードを受け取る際に時間がかかることがある

お昼以外でも通信速度が遅いことがある

イオンモバイルの悪い口コミ・評判では通信速度の遅さが挙げられていました。

お昼の通信速度が遅いのは他の格安SIMでも一般的ですが、イオンモバイルの場合は朝や夕方、夜間といったお昼以外の時間帯でも速度が遅いことがあるようです。

中には問題なく利用できる、という口コミもあるものの、遅いという評判のほうが多かったです。全く使い物にならない、ということはありませんが、通信速度を重視する場合は気を付けましょう。

イオンモバイルのSIMカードについて

イオンモバイルを利用する際に注意したいのがSIMカードのサイズです。

端末によって対応しているSIMカードサイズが決まっているので、そのサイズに合ったSIMカードを契約しないといけません。

もし、自分の端末に合ったサイズがイオンモバイルに用意されていない場合は、当然イオンモバイルのSIMカードを利用できません。そのような事態にならないためにも、イオンモバイルでどのようなSIMカードサイズが利用できるのかを把握しておきましょう。

イオンモバイルで利用できるSIMカードのサイズは?

イオンモバイルで利用できるSIMカードのサイズは標準micronanoの3つです。

最近ではnanoサイズが主流となっており、標準サイズやmicroサイズが採用されている端末は少なくなっています。とは言え、標準サイズやmicroサイズが採用されている端末が全くないわけでもないので、必ず自分の端末のサイズを事前に確認するようにしましょう。

イオンモバイルでのサイズ変更方法と費用

もし違うサイズのSIMカードを契約してしまった場合は、SIMカードサイズ変更手続きをすることでサイズを変えられます。

ただし、SIMカード交換手数料3,000円がかかります。

また、データプラン(SMS付き含む)の場合は解約され、新規契約となります。基本料金は2重に発生しませんが、SMSで利用する電話番号は変わってしまうので気を付けましょう。

イオンモバイルをiPhoneで使用したい

イオンモバイルはiPhoneで利用することができます。

イオンモバイル自体ではiPhoneの取り扱いはありませんが、大手キャリアのiPhoneもしくはSIMフリー版iPhoneを使うことが可能です。

イオンモバイルで使用可能なiPhoneの機種

  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 5
  • iPhone 4s
  • iPhone 4
  • iPhone 3GS

au・docomo・softbankのiPhoneを使える?

イオンモバイルでは** au・docomo・softbankのiPhoneが使えます。**

ドコモのiPhoneならSIMロック解除の必要はなく、イオンモバイルのSIMカードを挿すだけで利用できます。

auおよびSoftbankのiPhoneは 6s / 6s Plus / SE / 7 / 7 Plusに限り、SIMロック解除をすることでイオンモバイルのSIMカードが利用できます。

イオンモバイルでのiPhoneの取り扱いについて

2018年2月現在、イオンモバイルではiPhoneの取り扱いはありません。

そのため、イオンモバイルでiPhoneを使うには大手キャリアのiPhoneを利用するか、SIMフリー版iPhoneを購入する必要があります。

SIMフリー版iPhoneはApple Storeもしくはアップルオンラインストアから購入できます。

※:2018年2月現在

イオンモバイルの最新おすすめ機種

イオンモバイルではiPhoneの取り扱いはありませんが、豊富なAndroid端末を購入できます。

ここでは、イオンモバイルで購入できる端末のうち、最新かつおすすめのものをまとめました。

イオンモバイルおすすめ機種販売価格おすすめポイント
HUAWEI nova lite 225,800円20,000円台ながらダブルレンズカメラを搭載
AQUOS sense lite 32,800円防水とおサイフケータイ対応
HUAWEI Mate 10 Pro89,800円AIプロセッサ搭載のハイスペックモデル
honor 953,800円お手頃価格のハイスペックスマホ
ZenFone 4 Max 24,800円大容量バッテリーとデュアルカメラ搭載のエントリーモデル

※:2018年2月現在

⇒イオンモバイルの販売機種を公式HPで確認

イオンモバイルの申込方法

イオンモバイルは公式サイトもしくは全国のイオン店舗で申し込みができます。

基本的には待ち時間がなくいつでも申し込める公式サイトのほうがおすすめです。しかし、全国200店舗以上のイオンで取り扱っていることもイオンモバイルのメリットであり、店舗スタッフと相談したい人や買い物帰りについでに契約したいという人は店舗で申し込んでも良いでしょう。

イオン店舗には「契約即日お渡し店舗」と「後日配送お渡し店舗」の2種類があります。このうち、契約して即利用できるのは「契約即日お渡し店舗」だけです。後日配送お渡し店舗ではパッケージを店舗で購入し、商品は後日配送されるので利用できるのは遅くなります。

契約してすぐに使い始めたい場合は契約即日お渡し店舗利用するようにしましょう。

イオンモバイル申込時の必要書類

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • MNP予約番号

本人確認書類は音声通話SIMを申し込むときのみ必要で、データSIM・SMS付きデータSIMの際は必要ありません。ただし、データSIMでも050かけ放題オプションを申し込む場合は本人確認書類が必要です。

イオンモバイルでは契約者本人名義以外のクレジットカードも利用できます。自分がカードを持っていなくても家族のカードで契約できるので便利ですね。

イオンモバイル申込時の注意点

イオンモバイルを申し込む際は以下の点に注意しましょう。

  • SIMカードのサイズを間違えないようにする
  • MNPをする場合は、MNP予約番号の有効期限を確認する
  • 端末がイオンモバイルに対応しているか事前に確認する
  • データSIMを契約する場合はタイプ1とタイプ2の選択を間違えないようにする
会社名SIM料金利用回線申し込み
480円〜ドコモ
au