MVNO回線事業はドコモの一人勝ち

MVNO業者のほとんどはドコモの回線を利用しています。

なぜかというと、ものすごく単純で回線の利用料が安いからです。

10Gbps毎にレンタル料を支払うのが一般的なのですが、auやソフトバンクはドコモと比べると割高になっているというのが現状です。

おそらく、大手キャリアは積極的にMVNOを取り入れたくはないと思うのですが、ドコモは半分国の持ち物的な側面もあるので料金を下げざるを得ない状況となっています。

これはドコモからMVNOに乗り換えたい人にはいいことなのですが、auやソフトバンクからの乗り換えを考えている人には大きな障害です。

なぜなら、ドコモのスマホをを利用していればSIMロック解除無しでSIMを入れ替えるだけでMVNOを利用できるためです。

auやソフトバンクのスマホから乗り換える場合にはSIMロック解除が必須ですが、手数料が必要なうえに対応している端末もあまりないというのが現状です。

とはいえ、auのスマホを使っている人も諦めるのはまだ早いです。

現状ソフトバンクの回線を利用しているMVNOはありませんが、 auには2社だけ回線提供可能な会社があります。

KDDI資本のUQmobile

通信安定度ナンバーワン!スマホ+ネット+無料通話のぴったりプランが人気!
スマホ+ネット+無料通話がセットになって
1,980円/月
通信速度
最大150Mbps
サポート体制
★★★
人気度
★★★★

一つ目はKDDIの資本が入っている、UQmobileです。

資本が入っているということはUQmobileが儲かればauが儲かるということなので、必然的にauの回線を利用して格安SIM, 格安スマホを提供しています。

UQmobileの特徴は安定した高速通信です。

たいていの会社はお昼時に回線速度が不安定になったりしがちですが、UQmobileではほとんどありません。

使い放題プランも500kbpsは利用可能なため、インターネット閲覧で不便になることもないと思います。

ただし価格は少し高く、プランの柔軟性もありません。3GBでオッケーな人か、使い放題プランがいいという人にはお勧めです。

ケイ・オプティコムが運営するmineo

ドコモとauのダブル回線で使えるエリアとスマホが豊富!
基本料金(1,310円)+端末代(1,400円)
2,710円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★★
人気度
★★★★

もう一つはケイ・オプティコムが運営するmineoです。

こちらは関西電力資本なのでKDDIと直接関係があるわけではありません。

他のMVNOと差をつけるためにau回線を利用しているという印象です。

証拠に、mineoはドコモからも回線を借りており、ユーザーに多くの選択肢を提供するというのを重要視しているようです。

動作確認済み端末も業界トップクラスで、常にユーザー目線の会社だと思います。

使い放題プランはありませんが、500MB~10GBまで段階的にプランを用意しており、利用しやすいMVNOです。

auから格安SIMへの乗り換えはラッキー!?

ドコモの回線を借りているMVNOは山ほどあります。

品質やサポート体制についてもはっきりいってピンキリです。

せっかく安くなったのに別の不満が上がってきては意味がないですよね。

その点、今紹介した2社は口コミも非常に良い会社です。

mineoの評判・口コミ

自分に合った格安SIMで賢く安く使いましょう!

通信安定度ナンバーワン!スマホ+ネット+無料通話のぴったりプランが人気!
スマホ+ネット+無料通話がセットになって
1,980円/月
通信速度
最大150Mbps
サポート体制
★★★
人気度
★★★★
ドコモとauのダブル回線で使えるエリアとスマホが豊富!
基本料金(1,310円)+端末代(1,400円)
2,710円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★★
人気度
★★★★