そもそもSIMカードってなに?

SIMカードって何か知っていますか。

おそらく、聞いたことがある。なんとなくわかる。といった方がほとんどだと思います。

きっちりこういうものだと説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。

SIMカードとはモバイル機器が通信するために必要なICカード

のことです。

例えばスマートフォンで電話をするにしても誰が誰にたいして電話をかけているかわからないといけないですよね? その判断のためにSIMカードの個別番号を使っているというわけです。

逆に言うと、SIMカードを入れ替えてしまえば、端末が同じでも別の番号、別の契約になってしまうというわけです。

ドコモの場合はFOMAカードなどと呼ばれていたものもSIMカードの一つです。

じゃあ格安SIMってなに?

では最近話題の格安SIMとは何なのでしょうか。

格安SIMは大手キャリア(ドコモなど)に比べて安価で契約可能なスマホ用SIMカードを総称して使われるケースが多いようです。

現在、大手でスマホを契約すると月額料金は少なくとも6,000円以上はかかります。

一方格安SIMを契約すれば月額料金500円以下でスマホを使うことも可能になります。

そういったSIMカードのことを格安SIMと呼んでいます。

格安SIMはなぜ安い?

大手キャリアは6,000円、格安SIMは500円。驚くほどの違いです。

なぜこんなに価格が違うのでしょうか?ドコモが儲けすぎているからでしょうか?

違います。

  • 回線のシェア
  • 料金体系の違い

この2つが主な理由です。

回線のシェアとは

格安SIMというのは、大手キャリアの回線を借りて運営されています。

本来ドコモが一人分として提供している回線を2人だったり3人だったりでシェアして利用することで、料金を抑えています。

もちろんデメリットもあり、利用者が多い時間帯ではどうしても通信速度が遅くなってしまいます。

光回線のマンションタイプと1戸建てタイプの違いと近い関係ですね。

ですので、毎日数時間スマホを眺めている方には格安SIMはお勧めできません。

料金体系の違い

大手のキャリアは「電話無制限・インターネット無制限・高速通信容量は制限あり」

といったプランしか用意していません。

なので新規契約ではこれらがセットになったものを契約しなくてはならないため、 どうしても6,000円以上になってしまします。

しかし、格安SIMは違った形で契約できるため料金を抑えることができるのです。

たとえば、「電話不可・インターネット無制限・常時低速」といった条件であれば、 DMMmobileで月額440円で契約可能です。

2台持ちで少しだけインターネットをするだけのスマホであれば非常におすすめのプランです。

格安SIMの種類

大手キャリアに比べて安いというのはわかっていただけと思います。

しかし、一口に格安SIMといっても種類がいくつかあります。

データ通信のみの格安SIM

通話ができない格安SIMです。一般的にはデータSIMと呼ばれることが多いです。

価格は非常に安く、常時低速のもので500円以下です。

高速通信を3GB利用するプランであっても900円程度で提供されています。

平均的なスマホ利用者の1か月の利用データ量が2.9GB程度なので 平均以下だろうという方は3GBのプランで十分です。

ただし、電話番号はないのでLINEなどのアプリを利用するか、別の携帯電話の2台持ちで利用する必要があります。

通話もできる格安SIM

一般的に通話SIMと呼ばれているものになります。

インターネットと通話の両方が利用可能です。

基本料金は通話SIMに700円程度上乗せした価格が一般的で、

月間3GBのものだと1,600円程度で提供されています。

ここで注意したいのですがデータSIMと違い通話SIMは通話時間に応じて料金が加算されます。

20円/30秒という料金体系が多いのですが、これは安い金額ではありません。

月に2時間以上自分から電話をかける人は大手キャリアでかけ放題にしたほうが安心です。

まとめると格安SIMとは

  • 大手キャリアより安く契約できるSIMカード
  • データSIMと通話SIMの2種類がある
  • 通話は従量課金制

です。賢く使えば月のスマホ代が非常に安くなるのでぜひチェックしてください。

格安SIM会社一覧もぜひ参考にしてください。