そもそもテザリングってどんな機能?

モバイル回線に接続しているモバイル端末をルータとして利用し、別の機器をインターネットに接続できるという機能がテザリングです。

具体的には、利用中のスマホの回線でタブレットやノートパソコンをインターネットにつないだりという用途で使われることが多いです。

テザリング対応のスマホとSIMカードがあればカフェで仕事をする際もノートPCと普段使っているスマホだけをもっていけばいいので安心です。

また、このテザリング機能大手キャリアの場合はほとんどの端末で対応しています。(場合によっては有料)

では格安SIMではどうでしょうか。

格安SIMでテザリングを考えるときの注意点

格安SIMでテザリングを検討する際にはそもそもテザリング機能自体が利用可能かという点と可能だとして使い物になるのかこの2点を考えることが非常に重要です。

格安SIMでテザリングは使えるのか?

格安SIMでテザリングは使えるケースもありますが、必ず確認する必要があります。

なぜかというと格安SIMを提供しているMVNO会社によってはテザリングの可否まで確認していない会社があるためです。

本来であればすべてのスマートフォンで使えるべきだとは思うのですが、現状では相性問題などで使えないケースがあります。

ですので、購入する際には格安SIMの提供MVNO各社が後悔している動作確認端末一覧を必ずチェックするようにしましょう。

格安SIMでテザリングは十分に使い物になるのか?

格安SIMは大手キャリアと比べて通信速度の面では劣ります。

価格を下げるために回線を複数人で分け合っているためなのですが、テザリングではこれが致命傷になる場合があります。

というのも、スマートフォンに比べてPCやタブレットは比較的大量のデータをやり取りしがちです。

また、テザリングはスマートフォンを一度踏み台にするためスマートフォンで通信をする時よりも速度が遅くなりがちです。

その結果、テザリング自体はできるのだけれどもWebサイトが全く表示されないといった事態に陥ることがあります。

テザリングをするのにおすすめの格安SIM提供MVNO会社

対応端末の多さならmineo

ドコモとauのダブル回線で使えるエリアとスマホが豊富!
基本料金(1,310円)+端末代(1,400円)
2,710円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★★
人気度
★★★★

対応端末の多さならmineoがおすすめです。 非常に多くの端末で動作確認を行っており、確認した端末すべてでテザリング可否を記載しています。

セット購入可能な端末すべてがテザリングに対応しており、テザリングを考えるのであればまず第一候補でしょう。

通信速度ならUQmobile

全格安SIMの提供MVNOのなかで最も高速だと言われているのがUQmobileです。

通信安定度ナンバーワン!スマホ+ネット+無料通話のぴったりプランが人気!
スマホ+ネット+無料通話がセットになって
1,980円/月
通信速度
最大150Mbps
サポート体制
★★★
人気度
★★★★

ただ、動作確認端末が少なくiPhoneシリーズではテザリングが行えないです。 自分の端末が動作確認済みであれば使いたいMVNOです。

ドコモのスマホの人は楽天モバイル

ドコモのスマホを使っている人はDMMモバイルがおすすめです。

全プラン業界最安値!ライトプラン登場でさらに安く!
基本料金(1,140円)+端末代(681円)
1,821円/月
通信速度
最大300Mbps
サポート体制
★★
人気度
★★

動作確認端末が多く、テザリングの対応有無についてもしっかり記載されています。 上記のMVNOはau系に強みを持っている会社(mineoはドコモも対応している)です。

ドコモの携帯電話をお使いの方は業界最安値のDMMモバイルがおすすめです。