格安SIMの設定はすべて自分で!

ドコモやauといった大手キャリアのショップでスマートフォンを購入した場合、その日から使える状態でスマホを渡してくれる場合がほとんどです。

一方でネットで購入することが多い格安SIMはそうはいきません。

会社によっては使える状態で送ってくれる会社もありますが、端末とSIMカードが別々で届く場合もあります。

また、SIMフリースマホと格安SIMを別で購入した場合や利用中のスマホを使うために格安SIMだけ購入する場合もあると思います。

そうなると自分で設定を行い、インターネットにつながる状態にしなくてはなりません。

今回はXperiaZ3compactとUmobileのSIMカードを例に格安SIMの設定方法を解説します。

SIMカードの入れ替えは必ず電源を切って行ってください。

購入前の下準備としてSIMカードのサイズと動作端末をチェック

SIMカードには実はサイズが3種類あります。

  • 通常サイズのSIMカード
  • 少し小さ目なmicroSIMカード
  • 一番小さいnanoSIMカード

の3種類です。 自分が使いたいスマホのSIMサイズを必ず確認しておきましょう。

また、会社によって正常に動作する端末が違っているので格安SIM提供会社の動作確認済み端末に自分の使いたい端末が入っているかは必ず確認しておきましょう。

この2点が確認できれば格安SIMを購入しましょう。

格安SIM設定、最初のステップは格安SIMを差し込むこと!

なんだ簡単じゃないかと思ったかもしれませんが、これが意外と苦労します。

というのもSIMカードというのはそんなに取り外しするものではないのでスロットが隠されている場合が多いです。

今回はXperiaZ3compactを例に説明します。

XperiaZ3compactですが、本体左側の下のカバーの下にSIMスロットがあります。

SIMスロットの場所ですがこれは端末によって違っているので注意が必要です。

このSIMスロットですが、小さな爪がついていてそれを引っ張ることで出てきます。

ここにUmobileのSIMを載せてスロットを戻します。

これでSIMの差し込みステップは完了です。

XperiaZ3compactのSIMスロット

接続設定をしてインターネットにつなぐ

SIMカードの差し込みが終了したらXperiaZ3compactの電源を入れます。

電源を入れるだけで自動で接続してくれるケースもありますが、たいていはAPN設定を行わなくてはなりません。

設定>その他の設定>モバイルネットワーク設定>アクセスポイント名へと進みます。

右上の+をタップしアクセスポイントの新規設定を行います。

ここですべての項目を設定する必要はありません。

  • 名前
  • APN
  • ユーザー名
  • パスワード
  • 認証タイプ

を入力する必要があります。

Umobileの場合は

  • 名前⇒Umobile(なんでもいい)
  • APN⇒umobile.jp
  • ユーザー名⇒umobile@umobile.jp
  • パスワード⇒umobile
  • 認証タイプ⇒PAPまたはCHAP

になります。

この設定は各社によって違ってきますが、SIMカードと一緒に必ず届くので確認して設定しましょう。

この設定が終われば保存して終了です。

これで設定が完了したので、1分ほど経てばアイコンがLTEに変わりインターネットに接続できます。

Androidの設定画面

SIMスロットを探すのが大変ですが、それさえクリアできれば接続設定は簡単です。

心配しなくても誰でもできる設定なので快適な格安SIM生活を始めましょう!

人気の使い放題がプレミアムプランになって新登場!
基本料金(1,480円)+端末代(666円)
2,146円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★
人気度
★★★