「2年縛り」ってよく聞くけど何なの?

今まではキャリアでスマホを契約すると、”2年縛り”といって2年間契約を継続しないと違約金が発生するなど、色々面倒なことが多かったのです。 キャリア側の立場からすれば、長く契約し続けてくれた方が利益が出るのでこのような仕組みとなっていましたが、消費者側からすると不便さや不公平さなどに対する不満の声は昔から存在していました。

「他社のサービスに乗り換えたい」と思っても、自分の好きなタイミングで解約することができず、定められた短い期間でのみ解約をすることが許されていました。 さらに、解約の申し出がない場合は自動更新されてしまうので、次に解約ができるのはさらに2年後というわけなのです。

つまり、解約するチャンスは24ヵ月間のうちわずか1ヵ月間のみだったのです。 自分がいつ契約をし始めたのかを覚えている人は少ないでしょうし、そういう人たちにとってはこれは非常に不親切な仕組みだったといえるでしょう。

格安スマホの会社であれば、データSIMの違約金はほぼ0円?!

しかしこういった問題点も、格安スマホ・格安SIMの登場で大きく見直されるようになりました。

特に楽天モバイルやUQmobile、Nifmoなど、データ通信のみのプランがある会社に関して言えば、基本的にデータSIMをいつ解約をしても違約金は発生しません。 つまり、いつでも自分の好きなタイミングで、しかも無料でできるので、簡単に他社のプランを試すこともできるようになったのです。

データSIMに関していえば、DMMだけが月末までという縛りがありますが、今までの2年縛りに比べれば特に気にならないでしょう。

通話SIMの違約金は8,000~10,000円が相場!MNP転出料は3000円~

音声SIM最低利用期間契約解除手数料MNP転出手数料
楽天モバイル12か月9,800円3,000円
Umobile6か月
(LTE使い放題2は12か月)
6,000円
(LTE使い放題2は9,500円)
3,000円
mineoなしなし契約1年以内12,420円
それ以降2,000円
DMMmobile12か月9,000円3,000円
UQmobile12か月9,500円3,000円
Biglobe12か月8,000円3,000円

通話SIMの場合は、一定期間契約し続ければ、その後はいつでも好きなタイミングで解約することができます。 例えばNifmoであれば6ヵ月間、楽天モバイル・UQmobile・DMM mobileであれば12ヶ月間といったように縛りが決まっています。 長いように感じるかもしれませんが、大手キャリアの2年縛りと比べれば比較的解約がしやすいように配慮されているのが嬉しいですね。

mineoだけは音声SIMでも最低利用期間がありません!

ただし、最初の1年間はMNPでの転出手数料が高いです。これはキャッシュバック目的でのMNP転出を防ぐ手段なので仕方ないですね。 解約手数料やMNP転出手数料に関してはmineoのサービスがダントツです!

違約金が発生するケースで一番安いのはビッグローブの8,000円、一番高いのは楽天モバイルの9,800円です。 大手キャリア(au,docomo,softbank)の違約金は約1万円なので、大手キャリアより格安スマホ会社のほうが違約金も少し安いです。

ワイモバイルだけは格安スマホ会社の中でも特殊で、大手キャリアと同じ”2年縛り”なので注意しましょう。

ドコモとauのダブル回線で使えるエリアとスマホが豊富!
基本料金(1,310円)+端末代(1,400円)
2,710円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★★
人気度
★★★★
スマホとネットとかけ放題がセットになったコミコミプランが1,880円/月〜!
基本料金(1,250円)+端末代(21円)
1,271円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★★
人気度
★★★★★
人気の使い放題がプレミアムプランになって新登場!
基本料金(1,480円)+端末代(666円)
2,146円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★
人気度
★★★
全プラン業界最安値!ライトプラン登場でさらに安く!
基本料金(1,140円)+端末代(681円)
1,821円/月
通信速度
最大300Mbps
サポート体制
★★
人気度
★★
300回/月まで通話無料!(10分以内) アウトレット端末が安い!
基本料金(2,980円)+端末代(0円)
2,980円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★★
人気度
★★

格安スマホ会社を選ぶ時は、縛りの期間にも注目しよう

どこの格安スマホ会社を選ぶにあたって、解約のしやすさというところもポイントとなってくるでしょう。 特に、「様々な格安スマホ会社のプランを試してみたい!」という人は、できるだけ縛りの期間が短い会社を選ぶと良いでしょう。 イオンスマホに限っては、通話SIMでも契約期間に縛りがなく違約金が発生しないので気軽に試すことができます。

大手キャリアはこの動きを受けて、今までは解約できる期間が2年間のうちわずか1ヶ月間しかなかったのですが、2ヶ月間へと延長しただけです。 相変わらず”2年縛り”は継続しているため、解約の面に関しては格安スマホ会社のほうが圧倒的に大手キャリアを上回っています。

格安スマホの良さは、大手キャリアと比べて基本料金が安いだけではありません。 “解約のタイミング”についても、いろいろな格安スマホ会社同士で比較できるようになりました。 いろいろな格安スマホ会社を試したいと思っている人は、契約期間の縛りや違約金といった部分にも注目してみましょう。