格安スマホでも補償サービスは受けられるの?

スマホの落下による画面割れ、水濡れによる故障、急な動作不良など、何かトラブルがあったときに補償があるのと無いのとで大きな違いがありますよね。

大手キャリアではそのような「端末補償サービス」が充実してますが、一方で「格安スマホにはそんな補償はないんじゃないの?」と思っている方も多いかと思います。

しかし実は、ほとんどの格安スマホ会社はしっかり「端末補償サービス」を提供しています!

各社の端末補償サービスを比較!

【楽天モバイル】

楽天モバイルでは「端末補償」というオプションを用意しています。水没・全損・破損・故障と幅広く対応しており、安心してご利用になれます。

月額利用料金は「500 円」で、補償サービスご利用時に必要な負担金額は4000 ~ 7000 円となっています。

ご利用機種によって負担金に違いがありますのでご注意ください。

スマホとネットとかけ放題がセットになったコミコミプランが1,880円/月〜!
基本料金(1,250円)+端末代(21円)
1,271円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★★
人気度
★★★★★

【イオンモバイル】

イオンモバイルでは「イオンスマホ安心パック」というオプションを用意しています。

自然落下による破損や水濡れにもしっかり対応しております。

月額利用料金は「350 円 ~」となっており、端末交換時に必要な負担額は2500 ~ 4000円程度になっており、比較的お安くご利用できる印象です。

加えて「イオンスマホ電話サポート」や「イオンスマホセキュリティ」も用意しており、「安心パック」との3点セットで月額600 円でご利用になれます。

050かけ放題が登場!全国200店舗のサポート体制!
SIMカードのみの販売で
1,180円/月
通信速度
最大300Mbps
サポート体制
★★★★
人気度
★★★

【mineo】

mineoでは「端末安心サポート」を提供しています。

他者と同様に、自然故障・水濡れ・破損などにしっかり対応しています。

修理中には代替機のレンタルも行っているそうです。

月額利用料金は「399 円」で、端末交換時に必要な料金は、初回5400 円、2回目8640 円となっております。

補償可能範囲は1年間に2回までとなっているのでご注意ください。

ドコモとauのダブル回線で使えるエリアとスマホが豊富!
基本料金(1,310円)+端末代(1,400円)
2,710円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★★
人気度
★★★★

【IIJmio】

IIJmioでは「端末補償オプション」を提供しています。

こちらも同様に、自然故障・部分故障・水濡れ・全損に対応しており、安心してご利用できます。

端末が故障した場合、電話で連絡すると2日以内に交換端末が届くようになっています。

月額利用料金は「380 円」で、初回のご利用が5000 円、2回目が8000 円となっています。

1年に2回まで利用可能となっています。

利用満足度No.1SIMカードが音声通話付きSIMを販売開始!
SIMカードのみの販売で
1,600円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★
人気度
★★★

格安スマホでも同等のサービスが受けられる!

以上のように、大手キャリアと同様に格安スマホでも補償サービスが提供されています。

端末補償の面では、格安スマホが大手キャリアに劣ることはありません!

また、どの格安スマホ会社を選んでも、サポート範囲や交換代金に大きな差はないので安心して利用できると思います。

イオンスマホは端末補償に加えて、電話サポートセキュリティサポートも備えていますので、格安スマホ初心者の方にも優しいサービスになっていると思います。