ファブレットとは

あなたはファブレットという言葉を聞いたことがありますか? ファブレットは、「Phone(フォン)」と「Tablet(タブレット)」の中間に位置する端末をことを指します。 ファブレットの定義は曖昧で、5.5~7インチのディスプレイを備えており、音声による通話ができる端末のことを一般的にファブレットと呼びます。

ファブレットが海外で人気なのはなぜ?

日本ではまだまだ馴染みがありませんが、韓国や中国ではすでにファブレットは人気があります。 その理由は主に以下の二つです。

SIMフリーにほぼ対応している!

ファブレットの端末はほとんどSIMフリーに対応しています。 そのため、わざわざキャリアと契約する必要がないため、格安SIMを用いれば通信費を抑えながらファブレットを使用することができます。 スマホとファブレットを比較すると、画面が大きく安く使えるファブレットのほうが魅力的に映るのは至って自然なことですよね? 海外では「SIMフリーが当たり前だ」という風潮のため、海外のほうがファブレットを受け入れられやすい環境にあると言えます。

スマートフォンよりも使い勝手が良い!

ファブレットは、普通のスマートフォンと比べてディスプレイが大きいため、アプリやコンテンツが見やすいというメリットがあります。またそれだけでなく、タブレットと違って通話ができるということもファブレットの特徴です。性能よりも使いやすさを求める海外では、老若男女から「ファブレットはスマホよりも使い勝手が良い」と支持を得ています。 また、日本では技適や周波数の関係で、海外に比べるとファブレットの流通台数が少ないというのも、日本でファブレットが普及しない原因と言えるでしょう。

ぴたスマ厳選のおすすめファブレットをご紹介!

現在発売されているファブレットの中で、サムスンのGALAXY Noteシリーズは特に人気があります。GALAXYシリーズは、ドコモやauからも発売されているため知名度も比較的高いです。

また、ぴたスマがおすすめするファブレットはソニーのXperia Z Ultraです。 デイスプレイサイズは6.4インチでファブレットの中でも大きく、防水機能もついているため利用者としては安心です。見た目もスタイリッシュなため、スマートフォンと比べて変な重量感もありません。

iPhone6 Plusは実はファブレットだった!

ちなみに、特に意識をする必要はありませんが、iPhone6 Plusのディスプレイのサイズは5.5インチ、すなわちファブレットとしての定義は満たしているのです。

海外でファブレットサイズの端末が流行りだしていることもあり、AppleはファブレットサイズのiPhoneを発売したとも考えられます。

今後もファブレットと言われる機種は増えていくと思われます。 もし興味があれば、最新情報は常にチェックするように心がけましょう。