格安SIMにおけるデータプランの容量

格安SIMでは各社が様々な容量のプランを提供しているので、利用者にとっては選択肢がとても多く、 最適なプランを探せるようになっています。

その半面、自分がどのプランを選べば良いか悩んでしまう方も多いでしょう。

今回はデータプランの容量の選び方について説明したいと思います。

容量ってなに?

各社が用意しているデータプランには、少ないものだと0.5 GBから大きいものは数10 GBまであり、 利用者の要望に合わせて細かく選べるようになっております。

ここでいう「容量」とは「1ヶ月の間に利用できる通信量」のことです。

動画やテレビ電話を多く使いたい場合は通信量も多く消費してしまいます。

もちろん、容量の少ない0.5 ~ 1.0 GBのプランを選べばお安く利用できるのですが、 少なすぎるプランを選んでしまうとご利用に支障が出る可能性がありますので注意しましょう。

容量を超えたらどうなるの?

容量を超えた通信量を消費した場合でも、利用停止になることはありません。

しかし、通信の速さに制限がかかってしまうため、多くの通信を必要とするテレビ電話や動画の視聴が困難になります。

また、ウェブブラウジングなどの動作も遅くなるので注意が必要です。

翌月になると通信制限が解除され、通常通り利用することができます。

通信量の目安

現在ガラケーをご利用の方

現在ガラケーをご利用の方は目安が必要になると思いますので、通信量の目安を下に示します。

1GBでご利用可能な通信量の目安

  • メールの送受信(約500 kB/1通) → 約2090通

  • Webページの閲覧(約300 kB/1通) → 約3490ページ

  • 動画の視聴(約4 MB/1分) → 約4.5時間

  • LINE通話(約360 kB/1分) → 約45時間

このように、メールやLINEによるテキストメッセージなどは比較的多くご利用できますが、 動画の視聴や通話、テレビ電話などのご利用予定の方だと月々1 GBでは足りなくなるでしょう。

余裕を持って3 GB以上のプランを検討すると良いかと思います。

現在スマホをご利用の方

現在スマホをお使いの方は現在自分がどのくらいの容量を使っているのかを簡単に調べることができます。

アプリ一覧画面から「設定」アプリを起動してください。

設定画面の中から「データ使用量」を選択します。

今月のデータ使用量を確認することができます。

画面下の方でどのアプリでどのくらい通信したかも分かるので参考にしてください。 この通信量を参考にしながらデータプランの容量を決めると良いでしょう。

最適なプランは?

結論として、ガラケーのお使いの方は上記の通信量を目安にプランを決めればよろしいかと思います。

音声通話メインでメールを多少使うくらいなら1GBのプランでも十分ではありますが、 スマホに変えたことを期に「ウェブブラウジングや動画も楽しみたい!」という方は余裕を持って3GBや5GBのプランを選択すると良いでしょう!

現在スマホをご利用の方は、現在の通信量と比較して検討してみてください。

格安SIMでは初月の通信量は無料としているところも多いので、最初は余裕をもって大きめの容量で契約すると良いでしょう。 もし使い切れなくても翌月に繰り越すこともできます。

実際の自分の通信量が少なく、容量がたくさん余った場合には、プランの変更はいつでもできますので変更すると良いでしょう!