格安スマホを快適に使用するためには、自分の持っている携帯端末と同じキャリアで運営する会社を選ぶ必要があります。ところがau系のMVNOの業者は極端に少なく選択肢が限られています。

auスマホが使える会社は2016年10月からIIJmioも加わり3社に!

ドコモとauのダブル回線で使えるエリアとスマホが豊富!
基本料金(1,310円)+端末代(1,400円)
2,710円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★★
人気度
★★★★
通信安定度ナンバーワン!スマホとセットのぴったりプランが人気!
基本料金(1,680円)+端末代(1,240円)
2,920円/月
通信速度
最大150Mbps
サポート体制
★★
人気度
★★★
利用満足度No.1SIMカードが音声通話付きSIMを販売開始!
SIMカードのみの販売で
1,600円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★
人気度
★★★

格安SIMを提供するMVNOは現在約200社もあり、非常に多くの会社が様々なプランやサービスで格安SIMを提供しています。しかしMVNOの業者は独自の回線を持っているのではなくDoCoMoやauなど大手キャリアの回線を借りて運営を行っています。そのためスマホをDoCoMoで使用しているのであれば、DoCoMo系の格安SIMの会社を選ぶことでSIMロック解除などの必要なくそのままでスマホを使用することができます。

2016年10月現在、mineo・UQモバイル・IIJmioの3社のMVNOがau回線の格安SIMを提供ています。au回線の格安SIMを提供するMVNOはどこの会社も速度やサービスのユーザー満足度が非常に高く、質の高い会社がそろっていることが特徴です。

総合力ならプランやサービスが豊富なmineo

mineoは関西電力系列の電気通信事業者のケイ・オプティコムが運営しているMVNOです。

格安SIMのプラン

mineoのプランには、月のデータ容量ごとに1GBと3GB、5GBといった一般的なプランと500MBの低速プラン、10GBの大容量プランがあり、音声通話付きとデータ通信のみで分かれています。さらに毎月25日までであればデータ通信容量の変更が可能なため、自分の使用状況に合わせて最適なプランを選択することができます。

パケットシェアやギフトができる

「パケットシェア」では使わずに余ったデータ容量を繰り越しして家族で分け合うことができます。例えば息子さんが月に10GB使用するとすれば、5GBのプランを契約して残り5GBを両親から余ったデータ容量としてもらうことで月額料金を安くすることができます。

「パケットギフト」では、家族以外に親戚や友達とパケットを送りあうことができます。

「フリータンク」ではmineoユーザー同士でパケットをシェアすることができ、役立つ情報を提供した人にパケットを送ることができるサービスもあります。

複数の契約でお得

契約主から最大5回線まで複数回線を契約することができ、各回線の月額基本料金から「50円」割引になります。申し込みをしなくても複数の回線を契約することで自動的に適用されます。家族みんなで乗り換える場合は毎月のスマホ料金がお得になります。

解約手数料がない

mineoには解約手数料が必要ありません。通常MVNOであっても音声通話機能付きSIMの場合は6か月~12か月程度の最低利用期間がある場合がほとんどです。しかしmineoの場合は音声通話SIMカードを解約する場合も解約手数料はありません(MNP転出の場合は手数料が必要です)。

ドコモとauのダブル回線で使えるエリアとスマホが豊富!
基本料金(1,310円)+端末代(1,400円)
2,710円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★★
人気度
★★★★

UQモバイルは何といっても速度が速い

UQモバイルはKDDIグループの運営する会社で、その最大の特徴は通信速度です。

通信速度が最高水準

UQモバイルの最大の特徴である高速データ通信速度は他の格安SIMの会社と比べても速く、桁違いのスピードです。また通常格安スマホは昼の時間帯に非常に遅くなりますがUQモバイルはどの時間でも通信速度が安定しています。

料金プラン

UQモバイルのデータプランは2種類のみで、毎月3GBまでのデータ容量で最大150Mbpsの通信速度が利用できるプランと、通信速度が低速ですが500kbpsのデータ通信が無制限で利用できるプランです。

SMSの利用料金が無料

UQモバイルとmineoはSMS(ショートメッセージサービス)の標準的なサービスを無料で使うことができます。MMSが使用できキャリアが提供するものと同じレベルでメールが利用できます。

端末セット販売にはiPhoneも

UQモバイルでスマホを新しく買い替える場合iPhone5sがセット購入可能です。MVNOではiPhoneシリーズの取り扱いが難しいですがUQモバイルはauが親会社であるメリットを生かしてiPhoneを扱っています。その他にもFUZITSU arrowsやKYOCERAのKC-01などもセット購入可能です。

オプションサービス

オプションで申し込むことで、月額290円のセキュリティサービスや月額380円で紛失や盗難などによる端末サービスを利用することができます。また月額200円で、○○○@uqmobil.jpのメールアドレスが利用できます。

通信安定度ナンバーワン!スマホとセットのぴったりプランが人気!
基本料金(1,680円)+端末代(1,240円)
2,920円/月
通信速度
最大150Mbps
サポート体制
★★
人気度
★★★

品質・技術力ナンバーワンのIIJmio

MVNOだけでなく、MVNEとしての活躍

IIJmioの特徴はユーザーにモバイル通信を提供する、MVNOとしてmioふぉんを提供しています。しかし、IIJmioはそれだけではなく他のMVNOに通信回線や通信システムを貸し出すMVNEとしてのビジネスも行ったいます。たとえばDMMモバイルの回線はIIJmioから提供された通信回線で運営されています。

MVNEとしてやっていけるだけの品質や通信回線に関する技術力の高さがIIJmioの強みです。2016年10月からau回線の取り扱いを始めたのもナンバーワンMVNO・MVNEになるという意気込みの表れでしょう。

IIJmioはかけ放題プランもあり!au回線でかけ放題はIIJmioだけ

IIJmioはかけ放題オプションを提供しています。5分以内の通話かけ放題の場合は、月額830円、3分以内の通話かけ放題の場合は月額600円で利用できます。また、同一名義での契約の場合は30分以内の通話が無料になるので、家族で乗り換えるにもおすすめの格安SIMです。

かけ放題オプションを適用するには専用アプリ「みおふぉんダイヤル」を利用して通話する必要がありますが、音質劣化等はないので安心して利用できます。

au回線の格安SIMでは唯一シェアSIM対応

au回線を利用したMVNOの中では唯一シェアSIMに対応しています。シェアSIMとは1契約で複数のSIMカードを持つことができるプランです。スマホとモバイルルーターの2台もちや、夫婦・親子で一緒に乗り換える際に利用すると、別々で契約するよりも低価格で購入できます。

IIJmioのシェアSIMはすべてのプランで利用できる特徴があり、データSIMの場合は基本料金に+400円すれば2枚目のSIMが利用できます。3GBのプランであってもシェアできるため、ほとんどスマホを使っていない家族が二人以上いる場合にはミニマムスタートプラン+シェアSIMで月額料金を二人で3,000円以下にすることも可能です。

利用満足度No.1SIMカードが音声通話付きSIMを販売開始!
SIMカードのみの販売で
1,600円/月
通信速度
最大225Mbps
サポート体制
★★★
人気度
★★★