イオンモバイル契約受付開始!

これまで「イオンスマホ」として端末とMVNO SIMの代理販売を行っていたイオンが、 2016年2月26日から独自のMVNOサービスを提供開始しました。

早速イオンモバイルの特徴を見ていきましょう。

イオンモバイルの特徴

まず1つ目の特徴としては、業界最安値級のプランがズラリと並んでいる点です。

どのプランを選んでも、どこよりもお得に利用できると言っていいでしょう。

2つ目は、イオンモバイルでは最小0.5 GBから最大50 GBまでの全29プランを用意しており、選択肢がとても豊富な点です。

自分の利用範囲にぴったりのプランを難なく探すことができるでしょう。

3つ目に、全国に店舗展開しているため、どこに住んでいても手厚い店舗サポートが受けられる点です。

現時点でも全国に213店舗となっており、スマホの使い方や料金プランに不安がある人でも安心して利用できるサポート体制が整っていると言えます。

イオンモバイルの料金プラン!

イオンモバイルの料金プランは全29種類となっており、選択肢がとても多いことが特徴です。

通信容量を細かく選択できるため、利用状況に合わせてぴったりのプランを選ぶことができるでしょう。

また、最大50 GBの大容量プランも用意しており、デザリングを多用してPCのネット回線としても利用する方にとっても、安心して利用できるのも魅力でしょう。

通信容量 音声プラン データプラン シェア音声プラン
0.5 GBプラン 1180 円 - -
1 GBプラン 1280 円 480 円 -
2 GBプラン 1380 円 780 円 -
4 GBプラン 1580 円 980 円 1780 円
6 GBプラン 1980 円 1480 円 2280 円
8 GBプラン 2680 円 1980 円 2980 円
12 GBプラン 3280 円 2680 円 3580 円
20 GBプラン 5980 円 4980 円 6280 円
30 GBプラン 7980 円 6980 円 8280 円
40 GBプラン 10800 円 9980 円 11100 円
50 GBプラン 14800 円 13800 円 15100 円

おすすめのプランは?

プランの選択が良く分からない人は、ご利用用途に合わせてこちらを参考に選択してみてください。

【とりあえず通信費を安く抑えたい!】

ガラケーからの乗り換え等で、とりあえず通信費を安く抑えたい!という方には1 GBプランをオススメします。

やはり、ガラケーと比べて様々な用途で利用されるスマホの場合、0.5 GBという容量は少し心細く感じます。

また0.5 GBプランとの価格差は100円しかなく、経済的にもあまり負担にならない程度だと思います。

メールやLINEなどのコミュニケーションに使う程度であれば、1 GBは安心してお使いになれる容量でしょう。

【LINEやメール、ネットサーフィンを楽しみたい!】

LINEやメール、ネットサーフィンなどは一般的なスマホの利用方法でしょう。

平均的な月間通信量は3 GBと言われているため、イオンモバイルの場合は4 GBプランがオススメです。

毎日LINEやフェイスブックなどのSNSを利用して友達とコミュニケーションを取ったり、YouTubeでちょっとだけ動画を楽しんだり、ネットで気になった情報を調べたり、という使い方をお考え場合は4 GBくらいの容量はあった方がいいです。

1ヶ月利用してみて4 GBを超えるようでしたら、6 GBや8 GBプランを検討してみてください。

【動画を見たり、写真を送ったり、スマホをガンガン使いたい!】

LINEやSNSのみならず、YouTubeで毎日長時間動画を見たり、Skypeのテレビ通話を利用したり、写真をたくさん撮って友達に送ったりしたい方は、8 GBプランをオススメします。

特に動画をよく視聴する方は4 GBや6 GBなどのプランでは足りないと思われます。

また、長時間ネットサーフィンする方も、通信容量をとても消費しますので注意が必要です。

さらに、スマホでゲームを楽しみたい方も、ゲームの種類によっては通信容量を多く消費しますので、余裕をもってプランを選択すべきかと思います。

デザリングを使用してPCで作業を行ったりする予定のある方は12 GBのプランも視野に入ってくるかもしれません。

050かけ放題が登場!全国200店舗のサポート体制!
データSIM: 480円
通話SIM: 1,180円
通信速度
最大300Mbps
回線
ドコモ
人気度
★★★

オススメの機種は?

イオンモバイルでは現在、6種類の端末が用意されています。その中からいくつかピックアップしてご紹介します。

【Arrows M01】

Arrows M01は富士通製のスマートフォンで、楽天モバイルなどでも取り扱われている端末です。

防水・防塵仕様となっており、キッチンやお風呂場などの水回りでのご使用も安心の端末です。

2500 mAhの大容量バッテリーを搭載しており、さらに富士通独自の省電力機能で電池長持ちを実現しています。

内蔵メモリはRAM 1GB、ROM 8GBという必要最小限のスペックになっています。

しかしながら、外部メモリーに対応しているので、microSDカードを別途購入することで保存容量を増やすことができます。

写真やムービーをよく撮る方はmicroSDカードを利用すると良いでしょう。

【VAIO phone】

VAIO phoneはSONYから独立したVAIOブランドが販売しているスマートフォンです。

ガラス素材を使用した光沢感のある見た目が、シンプルでありながらスタイリッシュです。

13メガピクセルの高画質カメラを搭載しており、鮮明な写真を撮影することができます。

OSはAndroid 5.0 Lollipopを搭載しており、マテリアルデザインを採用した使いやすいインターフェースを利用できます。

内蔵メモリはRAM 2GB、ROM 16GBとなっており、Arrows M01と比較すると安定した動作を期待できます。

保存容量16GBは、写真をたくさん撮影したりアプリをたくさんインストールには十分な容量とは言えないものの、 こちらも外部メモリーに対応しているため、microSDを別途購入すれば問題ないと思われます。

Windows PCのブランドとして人気のVAIOですので、スマホでもVAIOブランドを利用したい方は多いのではないでしょうか。

【Xperia J1 compact】

Xperia J1 compactはSONYが販売するスマートフォンです。

5インチサイズが主流となっているスマートフォン業界ですが、このXperia J1 compactの画面サイズは4.3インチです。

手の小さい方や女性にも持ちやすく、片手で操作しやすい端末となっております。

20.7メガピクセルという、スマホでは最高クラスの高画質カメラを搭載しており、カメラにはかなりこだわったソニーならではの端末と言えます。

バッテリーに関しては、「STAMINA モード」と呼ばれる機能を搭載しているのが大きな特徴です。

待機中のアプリケーションの動作を制限することでバッテリーを長持ちさせることができ、約2倍の電池持ちを期待できるそうです。

内蔵メモリもRAM 2GB、ROM 16GBとなっており、全体的に非常にバランスの取れたいい端末と言えます。

050かけ放題が登場!全国200店舗のサポート体制!
SIMカードのみの販売で
1,180円/月
通信速度
最大300Mbps
サポート体制
★★★★
人気度
★★★